HTMLの知識なしでも大丈夫!WordPressでSEO対策する方法

2016年2月24日

こんにちは。このは屋ののざわ(@nozawa_ya )です。

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「自分のWordPressサイトにSEO対策をしたいと思う」
「しかし、HTMLの知識がなくソースコードを記述するのが困難」
「できればWordPress管理画面から簡易的に設定したい」

今回は、このような悩みを抱えている方に、WordPressのプラグインAll in One SEO packについてご紹介します。
All in One SEO packは、SEO対策に必要な設定ができるプラグインです。

SEO対策の設定とは、

  • SEOのメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定
  • クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

の、3つの設定が可能です。

一つ一つ解説していきます。

SEOのメタ要素とは、ご自身のサイトに関するページ情報を定義する要素になります。Googleで検索を行うと、検索結果からサイト名とそのサイトに関する説明文が表示されますよね!

あれが、ページ情報を定義する要素の1つになります。

通常はHTMLのheadタグ内に記述するのですが、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定できます。

OGPの設定とは、『Open Graph protocol』の略称で、facebookやtwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でご自身のブログから記事を表示させる規格(ルールのようなもの)です!

例えば、facebookにブログ記事がシェアされた場合にニュースフィード(情報を受け取るページ)に表示されるかと思います。

OGPの設定を行うと、ニュースフィードに記事のURL・記事のタイトル・サムネイル画像(アイキャッチ画像)を表示させることができます。

こちらも、通常はHTMLのheadタグ内に記述するのですが、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定するできます。

XMLSitemapとは、検索エンジンの『クローラー』がクロールしやすくするためのファイルです。

ファイルの内容は、サイトページのURLをリスト化したものになります。

クローラー… 検索エンジンのためにWebページの情報をあつめてくれるロボット。
クロール… Webページの情報をあつめてくること。

クローラーは、WebページのURLを元に情報をあつめているのですが、サイトの構造が複雑だとクロールしにくいです。

なので、クローラーにご自身のサイトを巡回しやすいように、URLをリスト化したサイトマップ作成します。

とはいえ、xmlファイルを作るのは初めての方には結構なハードルです。

そこで、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定できるので、ぜひ活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • SEO対策にかかせないSEOのメタ要素の設定が簡単にできる!
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定も簡単にできる!
  • クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定も可能!

インストール方法

  • WordPressダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 『All in One SEO pack』で検索 → 検索結果から『All in One SEO pack』をインストール
  • WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

このプラグインは、

  • SEOのメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定
  • クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

の設定をします。今回は、SEOのメタ要素の設定について解説いたします。

一部日本語化されてない部分もありますし、正直何をやっているのかわからない部分も多いと思います。ですが、動画の通りにすすめてみてください。

プラグインの設定

SEOのメタ要素の設定方法

設定場所

ダッシュボード → 『All in One SEO Pack』 → 『General Settings』

『Home Page Settings』の設定

  • 『ホームタイトル』に自分のブログのタイトルを入力してください
  • 『ホーム詳細』ディスクリプションに、ブログの説明を完結に入力してください
  • 『ホームキーワード』に、ブログに関連するキーワードを入力してください

『Keyword Settings』の設定

  • 『Use Keywords』をEnabled(利用)にチェックを入れる。あとは、チェックをはずしてください

『Title Settings』の設定

  • 『Rewrite Titles』をDisabled(利用停止)にチェックを入れてください。

『Custom Post Type Settings』の設定

  • 『SEO for Custom Post Types』をEnabled(利用)にチェックを入れてください。
  • 『Enable Advanced Options』をEnabled(利用)にチェックを入れてください。
  • 『SEO on only these post types』の投稿・固定ページにチェックを入れてください。

『Display Settings』の設定

  • 『Show Column Labels for Custom Post Types』の投稿・固定ページにチェックを入れてください。

『Webmaster Verification』の設定

  • ウェブマスターツールから必要な埋め込みタグをコピーして、Google Webmaster Toolsにペーストしてください。

『Google Settings』の設定

  • 『Google Plus Default Profile』にGoogle+のプロフィール画面のURLを設定してください。
  • 『Advanced Authorship Options』をEnabled(利用)にチェックを入れてください。
  • 『Display Google Authorship』のFront Page・投稿・固定ページにチェックを入れてください。
  • 『Display Publisher Meta on Front Page』をEnabled(利用)にチェックを入れてください。
  • 『Specify Publisher URL』Googleマイビジネスでログインした画面のURLを指定(数字の部分)を入力してください
  • 『Google Analytics ID』はアナリティクスのトラッキングIDを入力してください。

『Noindex Settings』の設定

  • 『Default to NOINDEX』はコンタクトフォームにチェックを入れてください
  • 『Use noindex for Categories』はチェックをはずす
  • 『Use noindex for Date Archives』にチェックを入れてください
  • 『Use noindex for Author Archives』にチェックを入れてください
  • 『Use noindex for Tag Archives』にチェックを入れてください
  • 『Use noindex for the Search page』にチェックを入れてください
  • 『Use noindex for paginated pages/posts』にチェックを入れてください

最後に『設定を更新』を必ずクリックしてください!!

OGPの設定方法

ダッシュボード  →  『All in One SEO pack』 → 『Feature Manager』  →  『Social Meta』の『Activate』をクリック  →  『Social Meta(ソーシャルメディア用タグの設定画面)』が表示されるので、クリック

『General Settings』の設定

  • そのままにしてください!!

『Home Page Settings』の設定

  • 『Use AIOSEO Title and Description』にチェックしてください。
  • 『Site Name』に、ご自身のブログ名を入力してください。
  • 『Home Image』に、表示したいブログのトップページの画像のURLを指定してください。
    upload Image → 画像をアップロード → メディアライブラリ → 設定したい画像 → リンクURL

『Image Settings』の設定

  • 『Select OG:Image Source』は、そのままにしてください。
  • 『Use Default If No Image Found』に、チェックしてください。
  • 『Default OG:Image』は『Home Image』のURLとおなじものを指定してください。

『Facebook Settings』の設定

  • 『Facebook Admin ID』はファイスブックの個人IDを指定してください。
  • 『Facebook Object Type』はそのままでOKです。
  • 『Automatically Generate Article Tags』はそのままでOKです。
  • 『Show Facebook Publisher on Articles』はフェイスブックページのURLを指定してください。
  • 『Show Facebook Author on Articles』にチェックしてください。
  • あとはそのままでOKです!

『Twitter Settings』の設定

  • 『Default Twitter Card』を『Summary Large Image』に設定してください。
  • 『Twitter Site』は、@から始まるユーザー名を指定してください。
  • 『Show Twitter Author』にチェックしてください。
  • 『Twitter Domain』は自分のツイッターのURLを指定してください。ちなみに、http://以降を指定してください。

最後に『設定を更新』を必ずクリックしてください!!

『XML Sitemap』の設定

XML Sitemap

  • 『Filename Prefix』はそのままでOKです!!
  • 『Notify Google』にチェックをいれてください。
  • 『Notify Bing』にチェックをいれてください。
  • 『Post Types』の投稿と固定ページにチェックをいれてください。
  • 『Taxonomies』のカテゴリーにチェックをいれてください。
  • 『Create Compressed Sitemap』のチェックをはずしてください。

[aside type=”warning”]最後に『設定を更新』を必ずクリックしてください!![/aside]

[aside type=”normal”]エラーが出た場合[/aside]
エラー
こちらのようなエラーが表示された場合は、Delete Conflicting Filesをクリックしましょう。ファイルを削除できます。

[aside type=”normal”]サイトマップが作成できたかを確認する方法[/aside]
確認方法
サイトマップを正常に設定できたのかを確認する方法です。画像の赤い四角で囲まれている『view your sitemap』をクリックしましょう。

正常
このような画面が表示されましたら、正常にサイトマップが作成されました。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、『HTMLの知識なしでも大丈夫!WordPressでSEO対策する方法』についてお伝えしました。

All in One SEO packは、SEO対策に必要な設定ができるプラグインです。

All in One SEO packを利用すれば、簡単に入力だけで設定できるので、ぜひ活用しましょう。

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

PAGE TOP