アメブロの商用利用解禁について|それでもオススメできない5つの理由

「とにかくアメブロで記事を毎日更新」

上記は、起業塾に入っていたお客さんから実際に聞いた話で、具体的に教えられた内容だそうです。

内容のほとんどは、マインドセット系でウェブに関して教えてもらったことは、冒頭の内容とFacebookを毎日投稿の2つだけだということ。

しかも、これは複数の方からお聞きしていて、ネット上にもこういった情報が多数ありました。

そういえば、2018年12月25日にアメブロが商用利用及びアフィリエイトを解禁したらしいですね。

これを受けて、またアメブロブームが到来するかもしれないと思い、いまさら感はあるかもしれませんが、今回の内容を解説しました。

正直、アメブロは控えめにいってもオススメできないです。多くのウェブマーケッターがオススメしているWordPressがやはりブログを商売に活用していきたいのであればオススメです。

といったところを踏まえて、今回はアメブロがオススメできない理由について解説していきたいと思います。

アメブロを教えている側がWordPressを使って情報提供している件

自分のブログを作る=ウェブサイトになるので、アメブロのような専門的な知識を必要としないサービスはかなり魅力的ですよね。

理由もよくわかります。アメブロだったら、本当に手軽にブログ型サイトを構築できるからですね。私もアメブロを目の敵にしたい訳ではないです。

例えるなら、雪が降っている方面にいくならスタットレスタイヤの方が事故が少ないのを知らない友人に、普通のタイヤだと危ないよと伝えたい感じと似ています。

冒頭の通り、控えめにいってもアメブロでのブログ運営はオススメできないです。

具体的な理由については、以下の通りです。

  • 理由1:アメブロは自分のメディアではない
  • 理由2:独自ドメインでの運用の方がのちのち資産になる
  • 理由3:アメブロの経済圏での競争に勝たなければならない
  • 理由4:デザイン面の問題(アメブロで作ったサイトだと一瞬でわかる)
  • 理由5:WordPressを運用していくことでウェブ回りの知識がつく

といった感じです。

理由1〜3については多くの方が情報発信をしているので、理由5について解説していきます。

とはいえ、もしかしたらネット上にこれだけ多くの情報があるのでWordPressでサイトを構築し、WordPressからブログを更新した方がいいっているのは、なんとなくでも気づいている方もいると思います。

そして、WordPressを使ってみたものの、難しくて挫折した方もいるかもしれません。

使いやすいツールを使うことを出来れば推奨したいところですが、、、。ことブログについてはそうも言ってられません。

ブログの特性上のストック型の情報提供だからです。反対にSNSやメルマガはフロー型ですね。

このストック型ってところが肝でして、サービス依存では中々怖い側面があります。もしも、サービスが中止になったら、今まで更新してきた記事がすべてなくなってしまうからですね。

また、検索結果にも影響がでます。アメブロユーザーはドメインがすべて同じな為、他に同じような記事を書いていた場合、検索結果に表示されにくいのです。

たまたまかもしれませんが、何か調べものをしていて、アメブロの記事を見かけたことって、ほぼないです。皆さんのこのような経験はないでしょうか?

このドメインが重要でして、これからずっとウェブをやっていくのであれば、自分のドメイン(独自ドメイン)の方がいい訳です。

記事の質とアクセスがあることが必要なのは否めませんが、独自ドメインで運用をしていくとドメインの評価が上がっていきます。

私だけの意見だといまいち信頼性に欠けますね。有名所の名前を出すと堀江貴文さんもYouTubeチャンネル「ホリエモンチャンネル」で、このことを解説されていました。

気になったら覗いてみてください(「ホリエモンのQ&A vol.73〜ブログより独自のドメインがおすすめ!?〜」)。

数年前の動画ですが、ウェブサイトを運営していく上での本質だと思います。

WordPressを運用してウェブ回りの知識がつくこと自体は、今後に生きてくることです。

  • 「サーバーとドメインの役割とは?」
  • 「ページ間を遷移させるにはどうしたらいい?」
  • 「自分のサイトのアクセスはどうやって調べる?」
  • 「自分のブログと外部のサービスはどうやって連携する?」

例えば、こういった質問に答えられないようであれば、あなたは今後ウェブをやる上できっと苦労することになるからです。(ちなみに、上記は一部。)

苦労して身についたものほど、自分よりも後発組にとって価値があるものだし、今後はウェブをベースにした商売がもっと増えていくし、もっと加速していきますからね。

サーバーやドメインを取得せずに運用するアメブロは、この辺をショートカットできるので存在を知らない方もいるかもしれないです。

やはり、ウェブマーケティングというくらいですから、ITリテラシーは必要になります。

ある程度リテラシーがないと制作するといった面だけでなく、運用していくといった面でも苦労すると思います。

苦労するより前に、苦痛になってマインド的に継続が厳しいと思います。これが、ウェブ制作会社の外注依存では成果が出にくい要因でもあります。

アメブロをオススメしている方が、WordPressでのブログ作成の選択肢を排除する理由として、「SEO対策が素人では難しい、WordPressの操作が素人では難しい」と言われていることが多いです。

しかし、SEOの知識は、ウェブを活用していく以上、必須スキルなんですね。なぜなら、日本国内でウェブで商売やる=Googleを利用するためです。

操作についても、WordPressのようなシステムの操作に慣れておけば、WordPressが例え廃れても、身についたウェブまわりのスキルは次のシステムでも活用できると思います。

しかし、アメブロが廃れてもウェブまわりの知識がない為、次のシステムではかなり苦労するでしょう。

ちなみに、アメブロをオススメしているような方々は、アメブロだけではなくWordPressサイトもしっかり運用しています。

アメブロに関しての情報提供している記事がWordPressで更新した記事が思いの外、多かったことに驚きました。

内部事情はわかりませんが、もしかしたらWordPressのみで運用しているのかもしれませんし、そうでなくてもきっとそれぞれの特性を理解しアメブロと上手く組み合わせています。

きっとアメブロだけのブログ運用がリスキーなのをしっかりと理解しているのだと思います。

上記がいくら商用利用ができてもアメブロでのブログ運営が怖い理由です。商用利用がもっともネックとされ、商売利用ができないのを理由にアメブロの利用は辞めた方がいいといった記事が多かったです。

ですが、それ以外でも問題ありなんですね。芸能人、文化人、有名な本の著者であれば、別です。

少なくとも私は西野亮廣さんぐらいしかアメブロの記事を読まないですけどね。

実際に自分の目でネット上を確認してみる

他のユーザーが実際にどうやって、ウェブサイトを運用しているかを調べる手段として、もっとも簡単なのが、Google検索です。

Google検索してみて、どういったサイトが多いのかを確認してみると、わかることが多いです。

まず、ブログで上位表示されるサイトは、WordPressのサイトであることがほとんどです。(時々、はてなブログ)

そして、Google検索をすれば、WordPress関連の記事は導入から解説されたものが、無数にあります。

なんなら、WordPress系のキーワードは競合が多すぎて、WordPress関連の記事を更新してきましたが上位表示はあきらめているくらい。それぐらい、情報が豊富に、しかも質が高い記事があります。

記事では参照しづらいから私は動画で学びたいという場合は、「アフィリエイト中学校」というYouTubeチャンネル、「ドットインストール」(#06 固定ページを作ってみようまで)というサイトがあります。

無料でもこんなに学習する手段は無数にあります。

それでも出来ないというのであれば、詳しい専門家に質問・相談するとかになりますよね(それ相応の対価を払ってにはなりますが。)

一方で、ブログはオワコンと言われているけど、、、

最後にブログはオワコンと言われつつありますが、WordPressでメディアは作っておくべきだと思います。

ブロガーからYouTubeに参入している人でも、ブログというメディアがあったらからこそ、ある程度のチャンネル登録者を囲えている訳です。

しかも、YouTubeに参入しつつもブログの更新は辞めていないという事実もあります。

GoogleのSEOが厳しくなりつつあるという観点と、情報発信手段がブログ頼りという意味でオワコンだということです。

これからは、動画だと言われていますが、1つの情報発信の手段・自分という人間をより深く知ってもらう手段としてブログは運用していくべきですよね。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで