今後ますます重要になる!スモールビジネスでのIT系ツール活用のポイント

「ブログ記事を書く際はキーワード選定をします。この際にキーワードプランナーを使いましょう!ちなみに、この段階でキーワードプランナーとは?という方はウェブからの集客をあきらめた方がいいですね。」

これはつい最近に読んだウェブマーケティングの書籍からの抜粋文です。

「何もここまで言わなくても、、、。」と思いましたが、けっこうこの手の初心者を切り捨てる系の文章は本に限らずネット上の情報発信(特に最近はTwitter上の投稿)で見かけることが多い。

たぶんこの著者の方は、「キーワードプランナーぐらいはネット上に無料で情報があるんだから、自分で調べてくださいね〜。」といったことが文章にはされていないものの、そういった印象を受けました。

私がたまたま見た書籍は、ブログ記事更新のキーワード選定っていう、全体からしたらかなり小さい部分です。

なぜキーワードプランナーの話を冒頭でしたかというと、このように知らない人は切り捨てられてしまう流れって、最近のネット業界を見ていると、どんどん加速していくように感じました。(もちろん、私自身も注意しなければならない問題です。)

特にIT系のツールを活用したITリテラシーですね。IT系ツールのリテラシーがないと、どんどん乗り遅れてしまいます。

集客や販売に関連するようなツール以外にも、FacebookグループにZOOM、チャットワークやSlackといったフロントエンド商品やバックエンド商品に密接に関連するツールがあるからです。

これらの、使い方というかオンライン特有の雰囲気がわかっていないと、自分がお客さんとしてサービスを利用にするにしても、実際に自分が商品として活用していくにしてもきっと苦労します。

今回は、IT系ツールのリテラシーについて改めて考えてみたいと思います。

ツールのリテラシーがないと、どんどん乗り遅れる

いまさら感はありますが、インターネットを基盤にした商品・サービスが増えてきていますよね。

オンラインサロンではFacebookグループ(場合によってはSlack)を基盤に交流し、サービス内容によってはZOOMを使った交流も行われています。

また、フロントエンド商品ではZOOMを使ったウェブセミナー。バックエンド商品では、同じくZOOMを使ったコンサルティング、チャットワークやSlackを使った個別的な質問など、ツールを介した商品・サービスが増えてきています。

特にスモールビジネスの方々は、これを痛感しているのではないでしょうか?

SEO・ウェブ広告の運用・ページ作成といった集客や販売に関連するようなツールリテラシーだけでなく、そもそもの商品・サービスで使うツールのリテラシーも求められるようになってきました。

私たちのお客さんでカウンセラーをされている方がいます。ZOOMを導入し、上手く使いこなしていることによって、日本全国にいるお客さんのカウンセリングを行っているそうです。

インターネットの恩恵を受けまくりですよね。この話を聞いた時に、働き方が大きく変わってきていることを改めて痛感しました。

こういったツールを積極的に活用する努力が必要になってきています。なぜなら、ツールを活用した商品・サービスの特性を理解していないと、双方向的にやりづらくなるからです。

場合によっては、検討違いなクレームをいって、影で面倒くさい人だな〜といった印象を持たれることも。

マイクロソフトがInternetExplorerの使用をやめるよう要請

そういえば、最近気になったニュースがありました。今回の内容に通ずるかなと思うので、しばしお付き合いください。

マイクロソフト、企業にInternet Explorerの使用をやめるよう要請。「IEは技術的負債もたらす」

記事の内容はInternet Explorer(以下、IE)の使用を辞めて、使うならWindows10からの最新ブラウザであるEdgeにしてくれ。といったものです。

古いバージョンのIEは、ちょっと前からウェブデザイナーの悩みの種でして、GoogleChromeなどで問題なく表示されていても、古いバージョンのIEでは表示崩れがあり、そっちも気にしなければならないといった問題がありました。

エンジニア・ウェブデザイナーは、IEユーザーにも正常な表示でサイトを見せたいといった良心的な考え方の元、その対応もしっかりしていたのです。

しかし、いつを境い目だったかウェブ界隈では、このIEユーザーを切り捨てるように考えだすエンジニア・ウェブデザイナーが増えてきました。

しっかり対応しているエンジニアもこの対応に疲弊しているので、このニュースを見た時にきっと心の中でガッツポーズしたことでしょう。

古いバージョンのブラウザに固執しているユーザーよりも、最新のブラウザ(GoogleChromeなど)を優先しようといった感じですね。

他にもスマホ表示を優先していく動きもあり、どんどんIEへの対応が疎かになってきました。

最初はIEユーザーに気を使ってか、「全ブラウザで同じように表示させるように、しっかり対応します!」といった感じでした。

しかし、ここ数年では「対応しているけど最新のブラウザを使ってないユーザーどうなの?スマホ対応もあるし。」に変化し、直近では「もうホントお願いだから古いIEを使うの辞めてください、、、。」といった流れになってきたということです。

まずは現場でどのように使われているのかを体験してみよう

話を元に戻すと、前半でお伝えした通り数年前からZOOMでのセミナー、チャットワーク・Slackといったチャットを使ったサポート、そして動画を商品とした商品サービスも主流になっています。

特にスモールビジネスほどそうなってきていますよね。みんなが当たり前に使える日もそう遠くないと思うので、今のうちに覚えていきましょう。

どの道主流になりつつありますし、自分が商品を購入したりサポートを受ける場合や自社に取り入れる場合も含め、苦労します。

なので、今回ご紹介したツールだけでも覚えて頂いて、あとは実際に体験してみるとより自分の商売に当てはめやすいです。

例えば、日頃から自分がこの人いいな〜と思っている情報発信をしている方、メルマガでウォッチしている方の商品サービスを実際に購入してみるとかですね。

そうすると、ZOOMを使ったセミナーをやっていれば実体験でき、またはZOOMを使ったコンサルティングを体験できます。(実際に使っていればですが。)

また、チャット系ツールを使った質問サポートを実際にうけてみれば、雰囲気が掴めます。

動画の商品なんかもそうですね。どういった動画共有サイト(YouTube・Vimeoなど)を使っているのか?動画視聴サイトはどんな手段で作成しているのか?といったことがわかります。

ZOOMもチャット系ツールもググれば情報は沢山ありますし、動画も最近またYouTubeが賑わい始めているので、有料級の情報が多数あります。

使い方は、ネットから情報を得ていただいて、細かいところを参考にするつもりで、商品サービスを買えば、具体的な使い方がイメージできて一石二鳥ですね。

もっと言えば、今回の内容を参考にしつつ、ネット上で情報を拾っていれば、かなり具体的な質問も出来るではないでしょうか?

例えば、ZOOMだったら録画した動画データはセミナーもしくはワークショップ後はどのように活用しているのですか?といった質問などですね。

質問サポートの有益な使い方は、こういった具体的な質問が出来るかにかかっていると、ここ数年お客さんとサポート上で接してきて感じました。

具体的な質問はハードルが高くても、そのツールを使った雰囲気とか運用方法がわかるだけでも、かなりの収穫ですよ。

今からでも遅くないのでIT系のツールを手始めにITリテラシーを高めてみてはいかがでしょうか。自分で情報を選別するのが億劫な場合は、キュレーターになる情報発信者を見つけるといいですよ。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで