シンプルで大丈夫!ブログ記事を読みやすくするたった1つの工夫。

エアーバンドでも成立する訳

のざわ しょう(意匠さん) このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「女々しくて、女々しくて、女々しくて!辛いよー♪」

このフレーズが人々の印象に残り一世を風靡したバンドといえば、ゴールデンボンバーですね!

ご存知の方もいるかと思いますがゴールデンボンバーの特徴といえば、楽器を全く演奏しないエアーバンドなんです。

楽器を演奏しない変わりにギターソロでスイカの早食いをしたり、いきなり溶接をし始めたりと、笑いを誘う新しいタイプのバンドですね(^^)

歌自体はもちろんオリジナルで、ボーカルの鬼龍院翔さんが全楽曲の作詞・作曲をしています。

なんでバンドなのに自分たちで演奏しないのか?
と疑問でしたが、ボーカルの鬼龍院翔さんのインタビューを聞くと確かになーと腑に落ちました。

楽器演奏を意識して聞いている人はほとんどいない。
結局は、歌にしか意識が向いてない。
だから、楽器を演奏しないエアーバンドというスタイルでも問題ないと感じた。
といったことを、以前のインタビューで語っていたのです。

確かに音楽に楽器は必要不可欠ですが、意識して聴くことってあまりないですよね。

注目するのは、いつもボーカルの歌と歌詞です。

あくまで私個人の考えですが、楽器演奏はテクニック重視の演奏よりもシンプルな演奏の方が聞きやすいと感じます。

なぜなら、しっかり意識して聞いているのは、ボーカルの歌です。

楽器演奏は違和感のない程度のクオリティであれば、それほどテクニック重視にこだわる必要はないですね。

これは、ブログで情報発信していく上でのWebデザインでも同じだと感じます。

シンプルなデザインがおすすめ

ブログのデザインというと先進的で豪華なデザインでなければいけない、とお考えではないですか?

ブログはシンプルなデザインで十分です。

というより、シンプルなデザインの方がブログ記事の内容に集中しやすいと思います。

これがごちゃごちゃしたデザインだったら、記事を読むのに集中し難いですね。

今やCMSの代表格であるWordPressでは、シンプルでコンテンツが見やすい工夫をしたデザインのテーマが豊富にあります。

テーマ選びの際は、このシンプルさを重視してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、思い切ってサイドバーをなくして1カラムレイアウトにしてしまうのもブログ記事を読みやすくする工夫です。

サイドバーは意外と読者の気が散ってしまいがちだからです。

これからはスマホでブログを見る人がより増えていき、レスポンシブ化が進むことが予想されますので、1カラムレイアウトでも問題ないと思います。

ブログ記事は情報発信の場ですので、シンプルなデザインで読みやすさを重視していきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「シンプルで大丈夫!ブログ記事を読みやすくするたった1つの工夫。」についてお伝えさせて頂きました。

このは屋のブログ記事も読みやすさ重視で1カラムレイアウトになっています。

シンプルで見やすいですよ(^^)

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。