面倒くさがり屋必見!覚えると便利なKeynoteショートカットキー

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

今回は、覚えると便利!Keynoteのショートカットキーについてまとめました。Keynoteを使って、スライド作成や資料作成をする方にオススメです。

私は、ニュースレターやチラシのデザインをKeynoteですることが多いです。作業中に、この作業もっと楽にできるショートカットキーないかな? とショートカットキーを調べながら作業をしています。

ショートカットキーを調べながらの作業は、一見面倒に思われるかと思いますが、その分だけ目に見えて作業スピードが上がります。

今回はそんなKeynoteのショートカットキーで便利だったものをまとめました。ぜひ、活用ください。

オブジェクト系ショートカット

Tab:キャンバス上の次のオブジェクトを選択

ShiftTab:キャンバス上の前のオブジェクトを選択

Shift矢印キー:選択したオブジェクトを10pxずつ移動

OptionCommandG:オブジェクトをグループ化する

OptionShiftCommandG:オブジェクトをグループ化解除

CommandL:オブジェクトをロック

OptionCommandL:オブジェクトをロック解除

ShiftCommandB:オブジェクトを最背面に送る

OptionShiftCommandB:オブジェクトを1レイヤー分奥に送る

ShiftCommandF:オブジェクトを最前面に出す

OptionShiftCommandF

:オブジェクトを1レイヤー分前に出す

Option +ハンドルをドラッグ:オブジェクトの中心を基準にサイズ変更

Shift+ハンドルをドラッグ:オブジェクトの縦横比を固定してサイズ変更

OptionShift+ハンドルをドラッグ

:オブジェクトの中心を基準に縦横比を固定してサイズ変更

CommandReturn:テキスト編集モードを終了してオブジェクトを選択

CommandD or Option+ドラッグ :選択したオブジェクトを複製

CommandOption矢印キー

選択したオブジェクトを複製し、1pxずつオフセットする

CommandOptionShift矢印キー

選択したオブジェクトを複製し、10pxずつオフセ ットする

テキスト編集系

Command:テキストの最初に移動

Command:テキストの最後に移動

Option:現在の段落の最初に移動

Option +↓:現在の段落の最後に移動

OptionCommandC:段落スタイルをコピー

OptionCommandV:段落スタイルをペースト

Option :カーソルがある単語の末尾に移動

Option:カーソルがある単語の先頭に移動

ShiftOption

選択範囲を現在のカーソルがある単語の最後まで拡張

ShiftOption

選択範囲を現在のカーソルがある単語の最初まで拡張

Command:カーソルがある地点から行の最後に移動

Command:カーソルがある地点から行の最初に移動

ShiftCommand

選択範囲を現在のカーソルがある地点から行の最後まで拡張

ShiftCommand

選択範囲を現在のカーソルがある地点から行の最初まで拡張

Shift:選択範囲を上の行まで拡張

Shift:選択範囲を下の行まで拡張

ShiftOption

選択範囲を現在のカーソルがある地点から、段落の最初まで拡張

ShiftOption

選択範囲を現在のカーソルがある地点から、段落の最後まで拡張

まとめ

いかがでしたか?
たくさんありますが、すべてを覚える必要はないです。
まずはよく使う機能のショートカットキーから覚えて、そのつど参照できればいいかと思います!

下記はKeynoteテンプレートをまとめた記事になります。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。