働く時間を1/2に減らす方法 − 面倒な作業は捨ててOK!作業を外注化できるクラウドソーシングサービスとは?

このは屋
おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

 

「忙しいのに売上が上がらないなぁ・・・」
「本当はこの作業、自分の仕事じゃないのにな・・・」
「スタッフ雇う?バイト雇う?うーん、もっといい方法ないものか」

でも自分は売上をあげる仕事に集中したいという、もどかしい思いもありますよね。

そこで起死回生のアイディアとなるのが、クラウドソーシングです。

自分がやるべきでない仕事を、それが得意な誰かに振る方法について見ていきます。

魂の商人、石田梅岩

 

石門心学をご存知でしょうか?

これは、江戸時代に魂の商人と呼ばれた石田梅岩が説いた教えです。

石門心学とは

・正直
・倹約
・勤勉

の3つこと実践するといったものでした。

商売において、傍若無人に自己利益を追及して拡大するのではなく

道徳心を持ち、人間の持の本当の「性」に従うのが、商売の道であり人間の道だということです。

ちょっと、小難しい話ですよね。。。

では、なぜこの石門心学が江戸時代に流行したのでしょうか?

その理由は階級制度にあります。

当時は、士農工商ということで商人は最下層に位置していました、

つまり、身分が低く、商行為は卑しいものとして世間からは蔑視されていました。

・商品は対して苦労もせずして大金を稼ぎ、富む
・農業、工業のように人々の生活必需品を生み出さない

このいった理由から、商人へのイメージは悪くなっていたわけです。

そこで、梅岩先生の登場です。(パチパチ、パチパチ)

卑しく扱われている商人の道を正すために石門心学を説き、商人の心の教育を行いました。

「正直・倹約・勤勉」を基盤にして私利私欲に走ることなく、道徳を持って商いに励む。

そして、庶民の困っていること、足りないものを解決してあげる。

これが、石田梅岩の教えだったのです。

庶民が困っていることを解決すれば、庶民達は感謝します。

こうして商売は

「金儲け」という悪イメージから「地域貢献」というように変遷していきました。

江戸時代からも、商売の原則は

余っているものと足りないものの交換

とされてきました。

何かを余分に持っている人が、それがなくて困っている人に渡す。

例えば、農家で大根が豊作で余っているとすれば、大根が欲しい商家や個人消費者の分け与えるのです。

その対価としてのお金ということですね。

余っているものと足りないものの交換は、現代の商売でも反映されています。

例えば・・・

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!