無料オファーに最適!チェックリストの作り方テンプレートを特別公開

このは屋
おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「なかなかリストが集まらない」
「無料オファーの作り方がわからない」
「無料オファーの反応が悪い」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

「無料オファーの作り方」について解説していきます。

一定の効果が期待できて、誰にでも作れる無料オファーはないかと考え続けていた結果、ある1つの結論にたどり着きました。

リスト集めに効果を発揮する無料オファーとは一体何なのでしょうか?

無料オファーの目的はリスト集めではない?

「とりあえず無料オファー作らなきゃ」

ワークショップや打ち合わせでお話しているとこんなセリフをよく聞きます。

無料オファーとは随分前から存在する手法ですね。

要するに

1.無料で何かをプレゼントする
2.プレゼントの代わりに連絡先を貰う

という方法ですね。

顧客リストは宝のようなものでしょうから、多くの人が挙って無料オファーをはじめました。

私も普段、Web集客の実践のサポートをさせていただくなかで、無料オファー立案に携わることも多くあります。

皆さんはじめは口をそろえて

「とりあえず無料オファーを作ろう」
「まぁ無料でこれをあげてみよう」

と少し投げやり気味に考えてしまいます。

もちろん、皆さん専門家ですから、無料とはいえ非常に価値の高いオファーであることがほとんどです。

しかし、ここで注意が必要です。

無料オファーを渡した段階では、まだ見込み客は価値を感じていません。

無料オファーの提供側が「とりあえず〜」ということでプレゼントすると貰う側も、「とりあえず貰っておこう〜」という反応をします。

とりあえず貰った見込み客は、確実に120%無料オファーのことを忘れます。

そして、見込み客から真の顧客化は実現しづらくなるんですね。

なぜなら、無料オファーをとりあえず申込んだだけで、価値は感じていないからなんです。

これでは、ホントの無料オファーですね(笑)

Web集客を実践する以上、しっかりと売上に結び付けなければなりません。

ではどうするか?

答えは、無料オファーの価値を申し込んだ人に価値を感じてもらうんです。

「おい、小島!それじゃわかんねーよ。結局お前も空論家か!」

はい、申し訳ございません(笑)。

価値を感じてもらう。

これを実現するには、無料オファーを使ってもらうんです。

無料オファーを申し込んで終了ではなく、確実に活用してもらう必要があります。

これは、どんあ無料オファーの形態であろうと一緒です。

使ってもらう無料オファーが最大のポイントなんですね。

そこで、今回は最も作りやすく、活用しやすい無料オファー紹介します。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!

1 個のコメント