結局何がいいの!?Webマーケティングの手法は将来性で選びなさい

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「どのWeb集客法がいいのかわからない・・・」
「新しい手法がどんどん出てきて混乱・・・」
「選択肢が多すぎて、よくわからない・・・」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りする。

「電車の優先席」の話を通して、「Webマーケティングの手法」について解説する。

私たちがWebに関する色々な本やセミナーで学んで、実践して、試行錯誤しながらわかったWeb集客の考え方についてである。

電車の優先席とWebマーケティングの共通点とは一体何なのだろうか?

優先席は将来性がない

「この電車には、優先席があります。」

あなたは、優先席に座るタイプだろうか?

私は絶対に座らないタイプだ。

高校生の頃は、電車通勤だったのだが、3年間一度も優先席に座らなかったことを、友達に自慢していた。

今考えてみれば、大したことじゃないんだけど。笑

先日、電車に乗った時に思ったことがある。

それは、「優先席には将来性がない」ということだ。

どういうことだろうか。

あなたもそうだと思うが、電車に乗るときには、ドアが開いて車内に入ったら、奥まで行くかと思う。

ドアのそばで突っ立ってたら、邪魔だからね。

そして、席が空いていたら座るし、空いてなければ吊革につかまるかと思う。

仮に席が空いてなかったとしよう。

あなたはどの席の前の吊革につかまるだろうか?

普通席の前であれば、目の前の人が降りれば、次に自分が座れる。

でも、優先席の前だったら、どうだろうか?

優先席でも構わず座る人は別だが、良識ある人は、たとえ目の前の人が降りたとしても、座ることができない。

つまり、「優先席には将来性がない」ということだ。

「我慢して立っていれば、座れる」

という将来性である。

はじめから座るつもりがなければ関係ないが、できれば座りたいという場合には、将来性のない優先席よりも普通席の前の吊革につかまった方がいいわけだ。

この将来性があるか、ないかという話。

Webマーケティングの手法でもまったく同じである。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。