【Google推奨ツール】サイト表示速度をチェック・改善する方法

普段ネットで情報収集をしている時、こんな経験ありませんか?

気になるサイトを発見して、クリック!
ページがなかなか表示されない・・・
「何だよ、おせーな!!」とイライラする
ページを閉じて、他のサイトに行く

実は私も頻繁にあります^^;

今やネットで何でも情報は手に入りますよね。しかし、情報がありすぎるというのも、また問題です。
無料での情報がありふれている分、ユーザーから選んでもらうのも大変なんですね。

そんな中、上記のようなサイトがあると、ユーザは一刀両断でサイトを去ってしまいます。
今の時代、「待つ」ことに対する耐性は益々弱くなっているんですね。

「え!うちのサイトもやばいんじゃない?」と思ったそこのあなた。

そうなんです。これは決して他人事ではないんですね。
自社でブログやメディアを運営しているのであれば、自分事として捉えることが必要です。

しかし、

「え、でもどうやって調べよう?」となりますよね。

そこで今回は、

・自社のサイトの表示速度を確認できて
・さらに改善策までわかる

そんなツールのご紹介をしたいと思います。

Webサイトの表示速度の重要性

実際にツールを紹介していく前に、SEOも絡んでくる表示速度の重要性について見ていきます。

冒頭で触れました通り、サイトの表示速度が遅いことで

・ユーザーをイライラさせ
・ページの離脱を増やす

といったことはご理解いただけたかと思います。

これは理論というよりも、実体験として多くの人の中にあることなでの自明ですよね。

実際にGoogleもページの読み込み時間は検索順位を決める要素の1つとして明言しています。
参照:ウェブマスター向け公式ブログ

じゃ、サイトの表示速度って相場はどれくらいなんでしょうか。

それは、2秒が目安値となります。

魔の2秒です。

2秒を超えてくると、急激に離脱者が増えていくと言われています。

といっても、急激に表示速度を向上させるもの無理があるので着実にやっていくのが得策ですね。

そこで良いお知らせがあります。

ページの表示速度について考えたい時に有効な方法については・・

実はGoogleが教えてくれているんですよ。
Google自体も、ページの表示速度が重要ということで明言しているので、その解決策を示してくれているんですね。

そのGoogleが示してくれる解決策が、PageSpeed Insights というツールなんです。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。