4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ルフィに学ぶ『モンスターカスタマーへの対応方法』

『支配なんかしねぇよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ』

「海賊王にオレはなる!」ワンピースのルフィといえば、このセリフが有名。

ワンピースを知らない人のために、この漫画をザックリ説明すると、1.小さな村に住んでいた少年が海賊王になるために村を出る。2.その途中で仲間を得る。3.様々な敵を倒していく。という、王道の「冒険友情活劇」。(ザックリし過ぎ?)

その冒険の途中で、ルフィはある人と出会う。かの有名な海賊王ゴールド・ロジャーの船の副船長「レイリー」。海賊王の船の副船長といえば、とてつもない存在。ルフィなんかレイリーの足元にも及ばない。その恐ろしさから付けられたアダ名は「冥王」レイリー。

そんなレイリーに向かって、ルフィはいつもの調子で「海賊王にオレはなる!」と宣言する。大胆不敵だよね。このずうずうしさがルフィの長所でもある。すると、冥王はこう返す。

「君にこの強固な海を支配できるか?」個性豊かな海賊があふれる海。お前にこの海賊どもを支配できるのか?と冥王は聞いたわけだ。その質問に対するルフィの返しがコレ。

「支配なんかしねぇよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ」若者向けの冒険友情活劇にも関わらず、この返しには思わずうなってしまった。でも、コレって商売でもまったく同じじゃないか。

「支配しようとしていないか?」

  • 「最近、値下げの要求が厳しくて・・・」
  • 「やりたくない仕事を振ってくるお客さんが多くて・・・」
  • 「うちと同じサービスを真似するライバルが多くて・・・」

スモールビジネス経営者の方からよく聞く悩み。嫌なお客さん、嫌な同業、嫌な取引先。なんでこうもたくさんいるのか?なんで今じゃなきゃ対応できるのに今なのか?なんでウチならそんなことしないのにするのか?悩みはつきない。

でも、そんなときは自問自答して欲しい。「支配しようとしていないか?」ルフィは、「支配なんかしねぇよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ」と言った。商売でもまったく同じじゃないか。

支配しようとすれば、反発される。ときに戦わなければならず、苦労はつきない。そんなときこそ、ルフィの言葉を思い出してほしい。「支配なんかしねぇよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ」

30万円の商品を「15万円にしてほしい。」と言われたら、何としてでも30万円で売ろう(支配しよう)などと頑張らなくていい。そもそもそんな要求をしてくるお客とは付き合わない(自由になる)に限る。

値下げ要求をされたときの「あの何とも言えない気持ち」は、同じスモールビジネスにしかわからない。ルフィの言葉をヒントに少しでも、あなたの心が軽くなればうれしい。

編集後記

労働集約型から知識集約型への移行に必要な1つのコト』で紹介した先輩経営者の方に顧客獲得に四苦八苦していた頃(今でも苦労しているけど)、「顧客は断り始めたら、増える」とアドバイスされた。

そのときは、「なに言ってんだ?そもそも断るほどお客いないんだけど?」と思ったけど、今ならよくわかる。みんな「どうせなら繁盛しているところに頼みたい」。特に利用頻度の少ないものほど、そう。

だから、ときにはハッタリも大切になる。簡単には電話には出ない、予定があると言って懇親会には出席しない、本当はヒマでも、2週間以内にはアポを入れないなど、「繁盛してる感」を出す。

「みんなから求められてるんだな」と感じてくれるので、顧客を獲得しやすくなることはもちろんのこと、嫌なお客さんの要求を断りやすくなる。なんたって、こっちはメチャクチャ忙しいんだから。(本当は暇だとしても)

半ばウソっぽくなって気後れしてしまうかもしれないけど、値下げ要求をするような嫌なお客とは、ウソをついてでも付き合わないに限る。

「自分らしく働きたい」と思ってはじめた起業、フリーランス、脱サラ。自分の働きやすさは、誰に何と言われようと、最優先で死守しよう。