4980円のDVDを0円でプレゼント中!

メルマガを継続配信するのに文章力なんて一切必要ない

『マサチューセッツ工科大学』(MIT)とは?

「子供を入学させるなら、MITだ」

これは、かの有名なトーマス・エジソンの言葉。MITとはアメリカの超エリートが通う「マサチューセッツ工科大学」の略称のこと。ハーバードやケンブリッジと並ぶ世界で最も有名な大学の一つ。

今回、紹介するのはこのMITと同じ名前のタスク処理メソッド。その名も、「Most Important Tasks(最も重要なタスク)」メソッド。略して、「MIT」メソッド。

このメソッドを一言でいうと、「継続力」いらずで、「継続」することができる方法。その名の通り、他の雑多なタスクに惑わされることなく「最も重要なタスク」に集中して取り組むというもの。

とてつもなく単純でしょ。でも、このメソッドを使えば、「継続力」が必要なものをきちんと継続することができるようになる。たとえば、メルマガのようなものを。

そもそもなぜメルマガを継続することができないんだろうか。

なぜメルマガを継続できないのか?

「優先順位が低いから」

メルマガに限らず、継続してやる必要のあるタスクをなぜ実行することができないのかは、小難しい理論や理屈を抜きにすれば、「優先順位が低いから」の一言に尽きる。

メルマガを書かなくても、お客さんと電話したり、請求書を発行したりはしているはず。いろいろなタスクがある中で、それらのタスクを行っているということは優先順位が高いから。

でも、メルマガを書く時間はない。要するに、メルマガが続かない理由は、文章力がないからでも、インプットが足りないからでも、短い時間で文章を書けないからでもない。

単純に、「優先順位が低いから」。優先順位をそのままスライドしてやろうとすると「時間を短くする」という選択肢しかない。これは、キツイ。

だって、長い時間がかかって、他の業務に響いた時に自己嫌悪に陥ってしまうから。ブログ記事執筆やYouTube投稿なども一緒。つまらなくなっちゃう。そして、やめちゃう。悪循環。

じゃあ、どうすればいいか。超簡単。「そもそもの優先順位を上げればいい」。これだけ。優先順位を上げれば、継続できるようになる。時間は関係なくなるからね。

以前も『時間効率よりも継続配信するためのメルマガのヒント』で伝えたけど、メルマガ1通に5時間かけてもいいわけだ。お客さんとのミーティングが小一時間延びても気にしないのと一緒。

メルマガもお客さんと接する場なのだから、時間は関係ない。「メルマガやブログ、YouTubeをやっていないのに他の業務をやっても意味が無い」。こんな風にすれば、メルマガやブログ、YouTubeに時間がかかっても、全然大丈夫になる。

継続するための秘訣は、「ハードルを低くすること」。「15分や30分で書く」なんていきなりバーを高くしないでいい。そうすると、新たに文章力を磨いたり、情報をインプットしたりしなくてはいけなくなる。

それよりも、足ることを知って、今ある武器で勝負していこう。「優先順位を上げる」。これを実行するのに、新しいスキルやノウハウは必要ない。5分でいいので、優先順位の高いタスクと低いタスクを整理しなおしてみることをおすすめする。

編集後記

メルマガ、ブログ、YouTube。継続的に発信できてる人に24時間以上与えられてるわけじゃない。発信できてる人がヒマで、発信できていない人が特別に忙しいわけでもない。

発信できている人が、文章力がすごいわけでもないし、本をとてつもないスピードで読めるわけでもない。違いはただ一つ。優先順位が違うだけ。「継続的に実行する必要があるんだけど、できていない」というものの優先順位を一番にしよう。

この記事への反響