WordPressプラグインBroken Link Checkerの使い方 – リンクの管理に!ブログ内のリンク切れを知らせてくれるプラグイン

「自分のブログ記事に、外部リンクを設置しているが管理しきれない」
「外部リンクがリンク切れを確認したい」
「WordPressプラグインBroken Link Checkerのことを知りたい」

今回はこのような悩みを抱えている人に、WordPressのプラグインBroken Link Checkerについてご紹介します。

Broken Link Checkerは、自分のブログ内に設置した外部リンクのリンク切れを知らせてくれるプラグインです。

ブログ内に設置したリンクが切れていると、ページ訪問者をガッカリさせてしまいます。

それに、SEOにも悪影響です。

とはいえ、自分の目で外部リンクのリンク切れを毎日チェックするのも大変ですよね。

『Broken Link Checker』をインストールするだけで、リンク切れをつねに自動でチェックしてくれます。

リンク切れがあった場合は、ダッッシュボードやメールで知らせてくれるので見逃す心配も不要です。

ぜひ、活用しましょう。

 

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. ブログ内のリンク切れをインストールするだけで自動でチェックしてくれる
  2. リンク切れがあった場合は、ダッシュボードやメールで知らせてくれるので見逃す心配がない
  3. 動画の公開停止もチェックしてくれる

インストール方法

  1. WordPressダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 『Broken Link Checker』で検索 → 検索結果から『Broken Link Checker』をインストール
  2. WordPress.org からダウンロード

 

プラグインの使い方

このプラグインは、インストールしたら有効化してすぐに利用できます。

broken-link03

リンク切れを発見すると、ダッシュボードにこのように表示されます。

broken-link01

『ツール』 → 『リンクエラーをチェック』をクリックしてください。

broken-link02

『リンク解除』をクリックすると記事からリンクを削除できます。

broken-link05

『URLを編集』をクリックすると、このような画面からURLを編集可能となっています。
URLの間違いでエラーが出た場合はこちらで修正しましょう。

 

プラグインの設定

設定場所

ダッシュボード → 設定 → 『Broken Link Checker』

設定方法

基本的にはデフォルトでも問題ないですが、WordPressに詳しくなると必要に応じて設定する機会があると思いますので、ご紹介いたします!!

broken-link06

『一般設定』では、通知メールアドレスの設定や何時間ごとにチェックしてほしいかなどを設定できます。
リンク切れだった場合の打ち切り線をCSSで設定することもできます。

broken-link07

『リンクチェック対象』では、どのリンクを対象としてチェックするのかを設定できます。

broken-link08

『リンク種類チェック対象』では、チェック対象となるリンクの種類を設定できます。
動画関連のチェックもできるので大変便利ですね。

broken-link09

『プロトコル&API』ではその名のとおりプロトコル&APIできます。
正直、よほど詳しくない限り設定する機会はないかと思います。

 

編集後記

今回は、『WordPressプラグインBroken Link Checkerの使い方 – リンクの管理に!ブログ内のリンク切れを知らせてくれるプラグイン』についてご紹介しました。

Broken Link Checkerは、自分のブログ内に設置した外部リンクのリンク切れを知らせてくれるプラグインです。

インストールすれば自動で、リンク切れのチェックを行ってくれるのでぜひ活用しましょう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで