fbpx

新たな商品・サービスの開発方法のヒントは「理念」にあり

「販売する商品・サービスを増やす」

これは、スモールビジネスが売上を上げる上で、有効な手段です。

1つの商品・サービスよりも、選択肢が複数ある方が、何かと有利です。

複数の商品も持つことことで、

  • 単価アップ
  • ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)のアップ

が簡単にできます。

新しい商品・サービスをどう作る?

でも、新しい商品・サービスを作るのって大変ですよね。

そこで今回は、「スモールビジネスの商品・サービスの作り方」について解説します。

ポイントは、「原点に立ち返ること」です。

例えを交えながら、深堀りしていきますね。

味噌を買いに行く

「味噌汁が飲みたい」

そう思い立った私は、近所のスーパに買い物に行きました。

料理好きですからインスタントではなく、しっかり手作りです。

何気なく味噌を選んでいると、パット目につく商品がありました。

お気に入りの味噌

それは、タニタの開発した、減塩味噌です。

「なんか健康そうだし、買ってみよう」とレジに並びました。

そして、家に帰り、味噌汁作りに取り掛かりました。

試しに一口舐めてみるとこれが驚き、とてもおいしいのです。

たかが味噌なのですがとてもおいしくて、2ペロ、3ペロとしてしまいました(笑)。

タニタ

タニタといえば、従来は体重計を売っていた会社でした。

しかし、思うように業績が伸びず四苦八苦してたそうです。

そこでタニタは自分たちの経営理念を見直します。

「はかる」で健康づくりに貢献

そこで考え出された、当時の理念が、

「はかる」を通して世界の人々の健康づくりに貢献する

というものでした。

「体重計」を売る会社から、「健康」を売る会社に変わったわけですね。

「健康」を売る

そしてタニタは動きます。

「沢山の人を健康にするには、まずは自分たちが健康を意識すべき」

ということで、独自に健康的なメニューを開発し、タニタ社員食堂をオープンします。

自ら、健康的な生活の実践を行ったわけです。

もし体重計だけを売っていたら?

その後は、レシピの書籍化や食品会社ともコラボし、プリンや味噌の商品化も行いました。

ここから、わかることがあります。

もしタニタが、体重計という商品だけを売っていたら、どうなっていたでしょう。

このような結果には、ならなかったはずです。

これは、私たちスモールビジネスでも一緒なんです。

その商品を、売る理由

体重計を売る理由はなんでしょう。

ダイエットかもしれません。

しかし、もっと掘っていくとそこには、「健康」というキーワードにたどり着きます。

お客さんに、どうなって欲しいか

つまりタニタは、多くの人に自社の体重計を使って、健康になって欲しかったんですね。

健康になれるのであれば、体重計以外にも、提供できるものがあります。

それが、

  • 食堂
  • レシピ本
  • プリン
  • 味噌

だったわけです。

目の前の商品よりも、その先の目的

究極的に提供したいものを考えると、商品形態は気にならなくなります。

この発想で、タニタはブレイクスルーを起こしたわけです。

スモールビジネスの場合、セミナーやコンサルティングを売ることがあると思います。

その場合も、同じように考えます。

セミナーやコンサルティングの場合

「セミナーやコンサルティングを受けて、最終的にどうなれるのか」

という、未来像を考えておく必要があります。

未来像を実現できるならば、他にも商品・サービスが考えられます。

セミナーやコンサルティング以外の、別の商品を売ってもいいんです。

新しい商品を受け入れてもらうには?

そのためには、思いや理念を、伝え続けなければなりません。

理念をお客さんが理解していれば、あなたからの提案を売り込みとは思いません。

納得して、商品を購入してくれます。

「自分は何屋さん?」を定義する

タニタは、「体重計屋さん」ではなかったんです。

「健康づくり屋さん」だったんですね。

ぜひあなたも、思い描く未来像を具体化し、理念を伝えてみてください。

理念が浮き彫りになる質問

理念がいまいちまとまらない場合は、

「なぜ、その商品を作ったんですか?」

と自問してみましょう。

苦労や困りごとにヒントあり

具体的には、

  • 自分の苦労した経験
  • お客さんとの困りごと

という部分に焦点を当てると、考えやすいですね。

もしかすると、いま提供している商品・サービス以外にも、もっと適したアイディアが出るかもしれませんね。

理念を伝えることで、強みになる

さらに、こうした理念や思いは、自社の強みになります。

そして、それをお客さんに伝えていくことで差別化できます。

差別化する具合的な方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

おもてなしコンテンツのすすめ | USPより商品の差別化ができる

価値を作ったら、しっかり届けましょう。

編集後記

形態にとらわれずに、発想を拡張していきたいですね。

形態にとらわれないためには、理念発信で商品を考えることです。

ゴールが一緒であれば、どんな商品・サービスを提供できますか?

もう一度、究極の質問をしてみましょう。

「なぜ、その商品を作ったんですか?」

ぜひ、考えてみましょう。

動画

音声

インフォグラフィック

インフォグラフィック

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで