fbpx

すぐできる!自動的に差別化される商品の作り方

スモールビジネスで始めやすい業種の1つが、コーチ・コンサルタント型ビジネスです。

イニシャルコストはゼロで始められるので、人気の形態です。

多くの場合、コーチ・コンサルタント型ビジネスが提供する商品は、「ノウハウ」です。

自分の学んだこと、経験したことを体系化して、困っている人に届ける。

素敵な商売です。

私のノウハウなんて需要ある?

ところが、「私のノウハウなんて知りたい人がいるのかな?」と起業に踏み切れない方もいます。

大丈夫です。

「自分のノウハウなんて・・・」と思っていても、実はそれが欲しい人はゴマンといるんですね。

でも、自分はプロだから当たり前すぎて見えていないだけなんです。

ここで、参考までに、上杉鷹山の話をさせてください。

上杉鷹山の逸話

「一汁一菜しか食べない」

これは、かの有名な上杉鷹山の有名な逸話です。

上杉鷹山といえば、江戸時代の屈指の名君で知られ、政治家として活躍した人物です。

商売に関する本でも、多くの場面に上杉鷹山の名は登場するので、知らない人は少ないことでしょう。

江戸時代の倹約の精神

「一汁一菜しか食べない」

この逸話から見えることは、江戸時代の倹約の精神です。

質素・倹約は、日本歴史上常々伝えられてきた、いわば、美徳なわけです。

資源の再配分

上杉鷹山は、「自分が殿様だから何をしようが勝手じゃないか」という傲慢な態度はしませんでした。

困っている領民のために、資源の再配分を行っていました。(二宮尊徳に似ているところもありますね)

自由というと、どうしても競争が生まれてしまいます。

そして、格差が生まれるという帰結が大半です。

分かち合いの精神

そこで取り残された人々は、お金や職を無くし路頭に迷ってしまいます。

そういった人々にも、きちんと分け与えるというのが、分かち合いの精神ということですね。

江戸時代当時は、こういった精神が自然と根付いていました。

持っているのが、持っていないものに分け与えるのです。

これは商売の仕組みと一緒です。

昔からある、ワークシェアリング

「仕事が無いものには仕事を与える」

今で言う、ワークシェアリングのような考え方が、江戸時代には既にありました。

「持っていない人に分け与える」

こんな風潮、とても豊かですよね。

体験は、財産

お金や職を与えるということは国の政治に任せるとして、私たちスモールビジネスオーナーは何を分け与えることができるでしょうか?

私たちが持っているものを、欲しいと切望する人に分け与えたいですよね。

その最たるものが、自分の体験と知識になるでしょう。

自分がしてきたことや体験してきたことは、あなただけの財産です。

躓いたところに価値ある

途中で躓いた部分や、悩んだ部分というのは、その他の人も躓くところです。

それを克服した人にしか分からないノウハウがあります。

そのノウハウを、欲しい人に提供すれば間違いなく喜びます。

知的財産の再配分

お金や、資源の再配分は難しくても、あなたの持つ知的財産であれば、再配分が可能です。

スモールビジネスオーナーの中には、専門的な知識やスキルを持つ人が沢山いらっしゃいます。

あなたの知識が誰かを助ける

そういった高価値な知識を世の中に再配分することで、

  • いままでできなかったけど、できるようになった
  • いままでになかった発想が得られた
  • 悩んでいたことが一気に解決した

という体験ができる人が増えるわけです。

(参考:セミナーで話すコンテンツの作り方 | 平凡なネタを価値の高いネタにする方法

これは、専門的な知識を習得している、あなたにしかできない再配分の形態です。

ぜひ、良知を広めて下さい。

編集後記

自分の持っている知識を持っていない人に、届ける手段で一番有効な手段。

現時点のベストな方法は、セミナーでしょう。

勉強会、ワークショップ、グループ相談会、説明会…

と呼び名を変えれば、違うものに聞こえますが、要は一緒です。

カタチの無いものに、”〜ノウハウ”と名前をつけて、セミナーとして提供するんです。

ぜひ、知識や経験を再分配して、困っている人を助けてあげて下さい。

動画

音声

インフォグラフィック

インフォグラフィック

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで