メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【USPとは】「強み」だけでは選ばれないから「おもてなし」をしよう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

USPとは、「Unique Selling Proposition」の略。

一言でいえば、「強み」のことです。

マーケティングを勉強すると、必ず出てきます。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

USPだけでは、選ばれない?

「競合との差別化をして、お客さんに選んでもらうために、USPを設定しましょう。」

といった感じで、説明されます。

あなたもマーケティングを勉強したことがあるなら、聞いたことがあるでしょう。

ただ実は、USP(強み)だけでは、お客さんに選ばれません。

実際に使っていた、USP

我々は以前、セミナー撮影業を営んでいました。

  • 「2週間で、セミナーをDVDにして、アマゾンに販売登録します。返金保証付き。」

例えば、セミナー撮影業であれば、上記のようなものが、USPとなります。

多くの人は、購入には至らない

実際に、我々が使っていたものです。

もちろん、中にはこれだけで、魅力を感じる人もいると思います。

ですが、多くの人は、購入には至らないのです。

実体験で、実証済み

悲しいことに、実体験で、実証済みです。(悲しいことに。)

でも、「あること」をすれば、選ばれるようになります。

購入というアクションも、起こしてくれるようになります。

その「あること」とは、何なのでしょうか?

おもてなし

それは、「おもてなし」です。

・・・

・・・

・・・

おもてなし?

どういうことでしょうか。

悩みや願望の顕在化

USPだけで、申し込みするお客さん。

そういう人は、すでに悩みや願望が顕在化されています。

悩みや願望が、ハッキリしている。

そんな人なんて、そうそういません。

悩みや願望は、ハッキリしていないことが少なくない。

顕在化されている人へのメッセージ

ここでもう一度、USPを見てみてください。

  • 「2週間でセミナーをDVDにして、アマゾンに販売登録します。返金保証付き。」

セミナー撮影の、USP。

「すでに購入を、ある程度決めている」人向けのメッセージになります。

(これで購入する人は、すでに、セミナーを商品化したいと考えていますね。)

USPだけを伝えても、選ばれるはずがない

それ以外の人にとっては、何の興味も無いメッセージなのです。

ですから、USPだけを伝えても、選ばれないのです。

選ばれるハズが、ありません。

コンテンツで、おもてなし

そこで、

  1. なぜこの商品が、必要なのか
  2. 商品・サービス開発の、裏話
  3. 提供者の、人柄や普段の様子

などの、コンテンツで「おもてなし」をしてあげる必要があるのです。

本当の、差別化とは?

商品の知識を持って、ひとがらに共感したお客さんにとって、USPは関係ありません。

  1. 2週間ではなく
  2. 3日で登録できようが
  3. 返金保証が無かろうが

他社を、選びません。

差別化をしない、差別化

なぜなら、「モノ」ではなく、「ヒト」で買っているからです。

差別化をしない、差別化。

これが本当の、差別化となります。

コンテンツで、おもてなし

そのために必要なのが、「おもてなし」。

コンテンツによる、「おもてなし」です。

スモールビジネスこそ、「おもてなし」です。

「おもてなし」をしよう

あなたは、お客さんにどんな「おもてなし」ができるでしょうか。

コンテンツによる、どんな「おもてなし」をしているでしょうか?

一度、時間を取って、見直してみることをおすすめします。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

「おもてなし」をするといっても、大それたことをする必要はありません。

お客さんに、共感してもらえるようなコンテンツ。

それで、「おもてなし」をしてあげれば良いのです。

そうすれば、親しみやすさを感じてもらって、ヒトで選んでもらえるようになります。

まずは、商品開発の裏話から、「おもてなし」をするのは、どうでしょう?

あわせて読みたい
【コンテンツ化とは】技術・知識・体験等の暗黙知を形式知に変えよう 技術を持った、「職人」。 そういう人は、ついつい、その技術を高めることばかりに、注力してしまいがちです。 我々も以前、「映像制作」という「技術」を高めることに...
あわせて読みたい
【SNS・共感・つながり時代のセールス方法】ドラマのNG集から学ぼう 【SNS・共感・つながり時代のセールス方法】ドラマのNG集から学ぼう
あわせて読みたい
【価格だけで選ばれない為の情報発信法】祇園笑者のトークに学ぼう 「お前は、かっこつけてるだけだろ!」 パンクブーブーの佐藤さんが言うと、トータルテンボスの大村さんが慌てて弁解する。 お笑い芸人のトーク番組、『祇園笑者』の、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる