fbpx

ウェブ制作の外注でおすすめは?「費用」と「成果」のいいとこ取りの方法

「ウェブ制作は自分でできないから、外注しようかな…」

お客さんからいただく、よくある相談です。

しかし同時に、「お金は、かけたくないな…」という相談もあります。

今回は、スモールビジネスの「ウェブ制作」に対するヒントをお届けします。

私たち自身も、「え、こんな簡単なの?」と思った瞬間、一気に商売が回り始めました。

それと同時に、外注化に対する考え方も大きく変わりました。

「自分で何でもできるよ〜」

起業家である我々は、自分にそこそこ自信があります。

ついつい何でも器用にこなそうとしたり、カッコつけようとしてしまいます。(自戒も含め)

しかし、それだと、無理が生じます。

自分の得意なところで勝負してる?

無理が重なると、自分らしさが薄れてしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。

なぜなら、自分の得意でないところで勝負をしているわけですから。

そこはシンプルに、苦手な部分は誰かに任せれば良いのです。

2つの任せ方

任せると言っても、

  • 人に任せる方法
  • ツール、テクノロジーに任せる方法

の2パターンあります。

外注をするというのは、「人に任せる方法」になります。

まずは、人に任せる方法を見ていきましょう。

合計3つあります。

クラウドソーシング

ランサーズ、クラウドワークスを代表とする、クラウドソーシングサービスが増えてきました。

こういったサービスをうまく活用すれば、低価格で業務を依頼することができます。

スタッフ、社員

これは、王道って言えば王道ですよね。

まずは、インターンシップやアルバイトとして考えると良いですね。

単純作業だけど、意外と時間がかかるという作業は、「スタッフを雇用してお願いする」という選択肢もアリです。

ビジネスパートナー

アライアンスとも言えますが、そんな構えなくても大丈夫です。

  • 自分の得意、不得意
  • 相手の得意、不得意

が明確であれば、補い合いながら、一緒に仕事をすることができます。

例えば、集客が得意な人がいれば、その分野はその人に任せて、自分の得意な部分に全精力を注ぎます。

以上が、人に任せる3つの方法です。

おすすめは、「自分で」やること

人に任せる方法をお伝えしておいてなんですが、一番のおすすめは、「自分で」やることです。

実は、これが最も再現性がある方法なんです。

今や、マーケティングは自社で完結、【内製化】の時代です。

その時代の趨勢に伴い、便利で高機能なツールが沢山出てきています。

内製化を加速させるウェブサービス

  • ランディングページを無料で作れるツール
  • ブログ・ホームページを専門知識無しで作れるツール
  • 決済、申込みを簡単に行えるツール
  • 予約システムを無料で導入できるツール
  • ECショップを無料で立ち上げられるツール
  • 素人でも綺麗な画像が作れるツール

無料でも、たくさんのツールがあります。

あげればきりがありません。

スモールビジネスの強みは「機動力」

こういったツールのおかげで、状況は一変しました。

自社でウェブ制作、内製化することが、とても簡単になったわけです。

  • キーボードで文字入力ができて
  • マウスが動かせる

これができれば、誰でもウェブ集客が実践できるようになってしまったのです。

スモールビジネスの生命線は「機動力」。

誰かに頼んだり、依存していると、この機動力は無になってしまいます。

長期的に安定させたければ、「自作」一択

クラウドソーシング、スタッフ採用も悪くはありません。

ですが、長期的にビジネスを運用していくならば、自分で行ったほうが旨味があります。

費用面も安くなりますし、機動力がつくので、成果も早く上がります。

自作すれば、「テスト」が気軽にできる

なぜ、成果が早く上がるか言えば、「テスト」ができるからです。

自分でやっているからこそ、修正や改善もスムーズになります。

サクッと作って、サクッと修正して…という機動力は内製化ならではの強みです。

百戦錬磨のプロでも、一発では成果は出ません。地道にPDCAを回すしかないんです。

であれば、自分で手軽にできる体制を整えておいたほうが、結局近道なんですね。

(参考:ABテストをやった方が良い理由と注意点

ぜひ、ツールの活用も視野に入れてみてください。

編集後記

これからはよりいっそう、便利なテクノロジーが登場します。

「便利なものをいかに活用できるか」が問われる時代。

自分の苦手は、ツールが解決してくれます。

スキルや経験は、関係ありません。

自分の持ち味を発揮するためにも、テクノロジーを活かしていきましょう。

音声