メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【内製化とは】業者外注と伝言ゲームの共通点【自作(DIY)のススメ】

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「ぜんぜん、違うじゃーん!」

あるお題が出されて、それを順々に伝えていき、最後の人の答えと照らし合わせる。

そう。伝言ゲームは、いつだって「最初のお題」と「最後の答え」が食い違います。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

伝言ゲームは、定番

真剣にやっても食い違いますし、途中でふざけてしまう人がいることもあります。

遠足や林間学校の、バスの中でのレクリエーション等で、伝言ゲームは定番ですね。

あなたも学生時代に、伝言ゲームをしたことが、あるのではないでしょうか。

または、お子さんから話を聞いたことが、あるかもしれませんね。

なぜ、今も昔も、伝言ゲームは、定番なのでしょうか?

なぜ、定番なのか?

それは、おもしろいからです。

たとえば、お題が、

「黄色くて、首の長い動物は、キリン」

だったと、しましょう。

普通のクイズだったら、何の面白みもありません。

ですが、伝言ゲームになった途端に、様変わりするのです。

クールなキャラの子が…

想像してみてください。

最後の人が、自信満々に、

「春巻き!」

とか、答えている様子を。

しかもそれを答えたのが、クラスでも「クール」とか言われているキャラの子だったら…

ゲームなら、笑っていられるけど…

それは、それは、おもしろさも倍増なわけです。

伝言ゲームが、レクリエーションの定番であり続けるのも納得でしょう。

ゲームとしては、ほほえましく笑っていられる、この伝言ゲーム。

ですが、商売の話となると、ちょっと笑えなくなることもあります。

こんな思い、したことない?

  • ホームページ制作
  • ランディングページ制作
  • プロモーション動画制作
  • …etc

ウェブ集客に取り組む際には、色々な部分で外注をすることがあるでしょう。

その際に、こんな思いをしたことがないでしょうか?

ぜんぜん、違う…

  1. 「全然、私のイメージを業者がわかってくれない…」
  2. 「私が注意してきた、”自社の見え方”が、一気に崩れてしまう…」
  3. …etc

最初に、外注業者さんに、話を聞きます。

「これなら、任せられそうかな」と思って、仕事をお願いします。

にも関わらず、上がってきた完成品は、全然当初のイメージと違う…。

日常茶飯事

何回か、外注したことがあるなら、分かると思います。

こんなことは、「日常茶飯事」ですよね。

外注長者であれば、はじめから織り込み済みで、依頼をしているでしょう。

あるいは、事前の確認や細かい調整を、あらかじめしているでしょう。

なんで、こんなことが起こる?

なぜ、

  • 「私のイメージ」を分かってくれないのでしょうか?
  • ”自社の見え方”を、崩されてしまうのでしょうか?
  • …etc

それは、単純に、「伝わっていないから」です。

伝える時に、編集が掛かる

  • ホームページ制作
  • ランディングページ制作
  • プロモーション動画制作
  • …etc

ほとんどの場合、制作に関わる人は、複数います。

あなたの話を聞いてくれた人が、制作する人に伝えるとき。

このとき、すでに、その人の「編集」が掛かっています。

つまり、伝言ゲームが、始まっているわけです。

伝言ゲーム、スタート

「キリン」が「春巻き」になることは、さすがに無いでしょう。

けれど、同じ「動物」である「ライオン」くらいなら、十分にありえるわけです。

本当だったら、話を聞いてくれた人に、制作まで担当してもらいたいですね。

でも多くの場合、話を聞くことが上手な人は、制作できない場合が多いのです。

反対に、制作できる人は、話を聞くのが苦手な場合が多い。

どうすれば、良いのか?

でも、「私のイメージ」を叶えて欲しい…

なかなか相容れない願望を、抱いているわけです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

その答えが、「自作(DIY)」なのです。

自分で、作っちゃえばいい

自分の商売を、一番わかっているのは、自分ですね。

仮に、「近すぎて、見えていない」という意見があったとしましょう。

それでも、一番「愛着」を持っているのは、間違いなく自分でしょう。

だったら、自分で作っちゃえば良いのです。

たいてい、自作(DIY)できる

現代は、便利な時代になりました。

スモールビジネスであれば、たいていのものを、「自作(DIY)」することできます。

それに、自作(DIY)すれば業者に依存せずに、自分で自分の商売を管理できます。

自分の商売の手綱を、自分で握ることができるのです。

自分の商売の手綱は、自分で握ろう

検索エンジンで、「○○ 自作」などと検索すれば、いろいろな方法がヒットします。

「外注」よりも、「自作(DIY)」することをおすすめします。

自分の商売の手綱は、自分で握っていきましょう。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

自作(DIY)すれば業者に依存せずに、自分で自分の商売を管理できます。

わざわざ自らの商売を、ブラックボックス化する必要など、ありません。

自分の商売の手綱は、自分で握っていきましょう。

あわせて読みたい
【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう 【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう
あわせて読みたい
【ペライチとは】ランディングページを作れない2つの原因と解決方法 ツールを使えば、ウェブ集客を実践できるようになります。 ランディングページも、例外ではありません。 ランディングページとは、要するに、「集客用ページ」のことで...
あわせて読みたい
【ランディングページの作り方と構成要素15】穴埋めテンプレート付き ただ単純に、コピーライティングのテンプレートを知っている。 それだけでは、成果の出るランディングページを作ることはできません。 たとえば、AIDMAのAは、アテンシ...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる