キーワードマップ無料ツール2選 | OMUSUBI・keysearch Beta

あなたは普段どのようにキーワードを選定しているだろうか?

  1. 攻略するキーワードを決める
  2. そのキーワードの関連(サジェスト)キーワードを一括取得する
  3. 月間検索ボリュームで並び替える
  4. エクセルシートにまとめる
  5. 検索ボリュームの多いキーワードから順番に攻略する

こんな感じだろうか?もちろん、このやり方でもいいのだが、継続して実践できているだろうか?「ドキッ!!」としたあなた。大丈夫、わかっている。結局、よくわかんなくなっちゃってると思う。

私も過去にまとめた「キーワード攻略」エクセルシートなんて、どっかにいってしまった。いくら素晴らしいノウハウだとしても、継続して実践できなければ意味がない。理想論なら誰でも、いくらでも言える。

今回は、そんなあなたに画期的なキーワードツールとその使い方をご紹介しよう。これでもう「キーワードなんて関係ないよ」と、うそぶくことから卒業できるだろう。

通常のキーワード選定方法の問題点

結論からいうと、通常のキーワード選定方法の問題点は、

  1. 続かない
  2. ゴールが見えない

ということである。簡単に、一般的なキーワード選定の方法をおさらいしよう。冒頭でも伝えたように、

  1. 攻略するキーワードを決める
  2. そのキーワードの関連(サジェスト)キーワードを一括取得する
  3. 月間検索ボリュームで並び替える
  4. エクセルシートにまとめる
  5. 検索ボリュームの多いキーワードから順番に攻略する

上記のような流れが一般的である。実践部分をもっと具体的にいうと、

  1. goodkeyword』でキーワードを一括取得
  2. Googleキーワードプランナー』で月間検索ボリューム順に並び替える
  3. 『キーワード攻略エクセルシート』にまとめる

こんな感じだ。きちんとキーワード選定に取り組んでいる人なら、『キーワード攻略エクセルシート』には「月間検索ボリューム」だけでなく、「難易度」や「競合コンテンツ」なども一緒にまとめているかと思う。

継続できるのであれば、理想的な流れだが、なかなか難しいと思う。また、関連キーワードで取得するキーワードが多すぎて、ゴールが見えずに結局挫折してしまうという問題もある。試しに、goodkeywordで「ランディングページ」と入力してみると良い。

とてつもない量の関連キーワードが出てくるだろう。重複を除いても、50個以上のキーワードがある。とてもじゃないが、50個それぞれのキーワード毎に良質なコンテンツは作れそうにない。

しかも、よく見てみると「似ているキーワード」や「作り方 html」や「作り方 バナー」のように構造化されたキーワードも含まれている。この「構造化されたキーワード」というのがヒントなのだ。

今回ご紹介する構造マップ型キーワードツール「keysearch Beta」や「OMUSUBI」では、「構造化されたキーワード」を「マインドマップ」で整理して確認することができる。

構造マップ型キーワードツールでできること

  1. キーワードをマインドマップで見ることができる
  2. 構造化されたキーワードを取得できる

この2点が構造マップ型キーワードツールのポイントである。さっそく、その使い方をみていこう。構造マップ型キーワードツールのサンプルとして「OMUSUBI」を取り上げる。

OMUSUBIの使い方

まずは、『OMUSUBI』のページにいく。

omusubi2

すると、右上に検索ボックスがある。この検索窓にキーワードを入力する。試しに「ランディングページ」と入力してみた。

omusubi3

すると「ランディングページ」に関連するキーワードが構造化されて、マインドマップで出力された。この「構造化されている」というところがポイントなのだ。

omusubi4

goodkeywordをはじめとした「関連キーワード」や「サジェストキーワード」取得ツールでは、こうはいかない。先ほど見たように「作り方 html」や「作り方 バナー」などのように構造化も関係なくキーワードが表示される。

でも、OMUSUBIでは、「作り方」の下にそれぞれの複合キーワードが表示されている。このように各キーワードが把握できると、シンプルだし、ゴールが見えるので継続できそうではないだろうか。

OMUSUBIの活用方法

それでは、具体的にOMUSUBIの活用方法をみていこう。今回は「ランディングページ」というキーワードを攻略するとする。前提から確認していくと、キーワードには、

  1. ビッグキーワード
  2. ミドルキーワード
  3. スモールキーワード

という種類がある。もう一度、OMUSUBIの出力画面をみてみよう。

omusubi4

真ん中にある「ランディングページ」というのがビッグキーワードである。その周辺にある「デザイン」「まとめ」「テンプレート」などがミドルキーワードである。

そして、各ミドルキーワードの下にある「作り方」「スマホ」「おしゃれ」などがスモールキーワードとなる。「ランディングページ」というキーワードを攻略していく際には、スモールキーワードから順番に攻略していくということになる。

大切なのは、各スモールキーワードで攻略していくのはミドルキーワードであり、ミドルキーワードの集合体としてビッグキーワードを攻略していくということである。

  1. スモールキーワード
  2. ミドルキーワード
  3. ビッグキーワード

の順番でキーワードを攻略していくということである。このとき、「月間検索数」を見る必要はない。なぜなら、ミドルキーワードやビッグキーワードが検索数が多いことはわかっているからだ。

このようにOMUSUBIで攻略キーワードの構造データを把握することで、ゴールが見える。そして、とてもシンプルなキーワード選定法なので、1つのキーワードだけで消耗することもない。

なんてたって、検索窓にキーワードを入力するだけだから。

編集後記

理想と現実の間を取ることが大切である。いわゆる「中庸」というやつだ。

きちんと継続できるなら、これまでのキーワード選定法を実践すればいい。

でも、私のように面倒くさがりだというのであれば、OMUSUBIを使ったキーワード選定法も取り入れてみることをおすすめする。

何よりも、シンプルなので頭が整理されて、ストレスなく記事を執筆していくことができるだろう。(これが一番)

この記事への反響

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで