メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

メルマガで開封率・成約率を上げる簡単な方法 | HTMLメール導入のすすめ

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「メールマガジンは大切なので、取り組みましょう」

ネット集客の勉強をすれば、必ず習うことです。

ところが、

  • メルマガをやるべきだと習う
  • いざ、メルマガをやってみる
  • いまいち、集客に繋がらない

という方も、多いのではないでしょうか。

無理もありません。

メルマガでいきなり成果を出すことは、不可能に近いでしょう。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

メルマガの前提

メルマガは、濡れ手で粟…のような手法ではありません。

どんな手法でもそうですが、地道な実践が必要になります。

メルマガによる、日々の接触の中で、関係性を構築していくことが大切です。

それを理解した上で、『今回は集客に繋げるメルマガの実践方法』についてお話します。

好きな歴代総理大臣

ひょんなことから先日、このは屋メンバーで、近年の総理大臣の話になりました。

安倍さん、麻生さん、小渕さん、森さん…と思い出しながら、雑談していたんです。

と言っても、メンバー全員、政治についてそこまで明るくありません。

しかし、皆が口を揃えて言っていたことがあるんです。

それは、「小泉首相は、なんか好きだったんだよな〜」ということです。

ヒントは小泉総理

私達は、政治について詳しくありません。

しかし、なんとなく今でも、小泉首相には好意を持っています。

私の周りの知人や家族に聞いても、小泉首相には好感を抱いているようでした。

小泉さんと言えば、「自民党をぶっ壊す」。

トゲのあるフレーズで、多くの国民の心を掴みました。

郵政民営化を錦の御旗として、最後まで貫き「小泉劇場」によって話題を生みました。

多くの人に揶揄されながらも、軸ブレを起こさず戦う姿はまさに、”ヒーロー”だったのでしょう。

「なんとなく好き」が生まれる理由

たとえ、政治を知らない若者だとしても、小泉さんだけは知っている。

しかも、「なんか好き」「どこか魅力的」と思う。

なぜでしょうか。

決定的な理由は、「キャラクター」なのです。

「小泉さんらしさ」がうまく演出されていたため、人々は魅力を感じたわけです。

最後は「らしさ」で決まる

投票をする人全員が、マニフェストや政策についてきちんと理解しているかといえば、そんなことはありませんね。

投票する側も人間ですから、感情で大きく左右されるのです。

その時に、その人の持つ想いや、独自のキャラクターによって、人々は最終的な判断を下すのでしょう。

最後は「らしさ」が大切ということですね。

これはメルマガ発行者としても、心に留めておくべきことです。

情報でごったがえすメールボックス

今では、多くの方がメルマガを発行しているので、沢山の情報が溢れていますね。

メルマガを沢山登録すると、当然ですが、自分のメールボックスはメールでごった返します。

メルマガは有効なツールではありますが、こんな状態では確実に読んでもらうことは難しくなってきます。

メールでごった返すメールボックスの中で、「ガラクタ」と化してしまうのです。

メルマガが読まれない最大の理由

どのメルマガも一見似たようなものばかり。

開封してもらうことすらも、厳しくなっているのです。

これには、メルマガの「没個性化」があります。

先ほどの小泉さんのような、キャラクターが光っていれば、メルマガだって喜んで読んでもらえるでしょう。

しかし、個性やキャラクターが出ていないと、スルーされてしまいます。

もちろん、継続して読んでもらうなんて、夢のまた夢です。

読んでもらえる簡単な工夫

では、どのようにしてメルマガで差別化を図っていくのか。

その答えは「HTMLメール」にあります。

HTMLメールとは、簡単に言うと、デザインされたメルマガです。

デザインとは、見出し、画像、動画、ボタン…のことです。

普通のメルマガは、テキストメール。

同じようなテキストメールで、情報が溢れている。

ならば、デザインも綺麗で読みやすいHTMLメルマガを導入するのは得策です。

HTMLメールの知られざる威力

HTMLメールであれば、ブログ記事のように画像を使ったり、動画を入れることも可能です。

これは何を意味するかというと、あなたの「キャラクター」を存分に表現できるということです。

会社のロゴや名前などを毎回差し込んだり、座右の銘などを綺麗なデザインで設定しておくのも良いでしょう。

あなたの写真や、現場の風景などを挿入して、親しみを持ってもらうことだってできます。

どうですか?「らしさ」を出せそうですよね。

HTMLメールが作れるツール

HTMLメールは、どのように作ればいいのでしょうか。

試しに、「HTMLメール 配信スタンド」と検索してみましょう。

色々、ツールが紹介されていますね。

おすすめの配信スタンド

たくさんあっても選べないと思うので、おすすめをお伝えしますね。

  1. ベンチマークイーメール
  2. メールチンプ

上記2つどちらかを、まずは使ってみましょう。

メールチンプは英語になっていて、「え、無理…」となりそうですが、基本的な英単語が分かれば、使いこなせますよ。(Googleの翻訳機能を使えば問題なしです)

HTMLは計測ができる【とても重要】

HTMLメールには、もう一つメリットがあります。

それは、「計測」ができるということです。

つまり、

  1. 到達率
  2. 開封率
  3. クリック率

といったデータを計測することができる。

実は、こういった数値がわかるということは、マーケティングにおいて、とっても大事です。

(参考:MailChimp(メールチンプ) | HTMLメルマガを配信できるオススメツール

再現性あるネット集客で必要なのはテスト

マーケティングで成果を上げるために、必要なことはテストだと言われています。

これは、もう原理原則過ぎて、手垢がつきまくりです(笑)。

それくらい、超重要ってことです。

  • どれくらいの反応があるのか?
  • どれくらいクリックされているのか?

これが分かった前提で、次の施策を試していきます。

こういったデータを把握しておかなければ、バクチでマーケティングをしていることになりますからね。

計測ができるHTMLメールは、取り入れたほうがいい、というよりも、取りいれないとマズイです。

編集後記

メルマガは、今後も廃れることのない、最強のメディアです。

ブログ、YouTube、ソーシャルメディアも、もちろん大切です。

ところがそれらは、不特定多数の人が閲覧可能なため、商品・サービスをピンポイントで売ることには向いていません。

メルマガであれば、一度興味を示してくれた人へのアプローチが可能です。

この、「興味を持っている」というのが重要です。

どんな商品・サービスでも、「売り込む」と、売れません。

相手から興味を示してくれてはじめて、売る環境が整います。

その環境を整えるのが、メルマガです。

興味のある層を囲った上で、人柄、キャラクターを出して、さらに差別化していきましょう。

文字ばかりの無機質なメルマガではなく、人間味のある有機質なメルマガにしましょう。

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる