【メルマガ継続配信の心得】短い時間で書くことを目的にしないこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「今日のメルマガは、15分で書けました」??

仕事柄、様々なメールマガジンを購読しています。

その中で、たまに驚くようなことを書いているものがあるのです。

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋
目次

「今回のメルマガは、15分で書けました。」

先日、あるコンサルタントから、メルマガが届きました。

そこには、

「今回のメルマガは、15分で書けました。」

と、書いてあったのです。

「よくもまぁ、堂々と言えるな~」と思ってしまいました。

エラそうにすること?

個人的には、

「そんなことは、声を大にしてエラそうにする部分ではない」

と思っているからです。

なぜなら、読者の私としては、

  1. 短時間で、テキトーに書いたであろう文章より、
  2. 何時間掛かろうが、一生懸命書いた文章の方

が、読みたいからです。

どちらかというと…

もちろん、たくさんの時間を掛けて欲しいと言ってるわけではありません。

ただ、テキトーなものは、提供して欲しくないのです。

もし仮に、短時間で書いたとしましょう。

それでも、それを「エラそうに自慢して欲しくない」ということです。

できれば、伏せておいて欲しいものです。

その方が、美徳ではないでしょうか。

メルマガで大切なのは?

本来メルマガは、「内容」が大切です。

書いた「時間」は、一切関係ないでしょう。

ではなぜ、ある業界ではこんな自慢が、後を絶たないのでしょうか?

メルマガを、短時間で書きました自慢が。

「時間」より「内容」が大切

「手段が、目的になっているから」。

この一言に、尽きるでしょう。

メルマガは、「内容」が大切です。

にも関わらず、「時間」を取り上げて、声高に主張する。

ここから、分かることがあります。

それは、メルマガ配信という手段が、目的化してしまっているということです。

自然と分かるはず

マーケティングの、お勉強のし過ぎではないでしょうか。

メルマガというのは、お客さんと接する手段です。

決して、配信すること自体が、目的ではありません。

そのことを理解していれば、自然と分かるはずです。

まさか、大切なお客さんに向かって、

「今日のメルマガは、15分で書きました。」

などとは、言えないということが。

メッセージが、反対

彼は、コンサルタントです。

ですから、おそらくクライアントに、こう伝えたかったのでしょう。

  1. メルマガを書くのは、簡単です
  2. 私なんて、15分でも書けますよ

と。

ただ、だとしても反対じゃないでしょうか。

慣れていない人は、どう感じるか?

「メルマガを、15分で書けました。」

なんて言われると、まるで「時間を掛けては、ダメ」みたいです。

メルマガに、慣れていない人。

そういう人が、「15分で書けました」と言われたとしましょう。

すると、「長い時間を掛けてはダメなのか…」と考えてしまうでしょう。

何時間掛けてもいい

  • せっかく、メルマガに取り組んでみたのに、長い時間かかってしまった…
  • やっぱり、自分には、メルマガを書く才能が無いのかな…
  • ウェブから集客するのなんて、ウチには難しいのかもしれない…

となってしまったら、本末転倒です。

簡単さのアピールのつもりが、相手を苦しめるものとなってしまっているわけです。

大丈夫。メルマガを書くのに、長い時間を掛けてもいいのです。

メルマガには、それ程の価値が、あります。

なぜ時間を掛けても良いのか

ウチのメルマガだって、何時間も掛かるときがあります。

でも私たちは、「それでOK」だと判断しています。

なぜなら、メルマガは、大切な生徒さんや会員さんと接するメディアだからです。

他の業務より、圧倒的に優先順位が高いのです。

あなたも素敵なメルマガを

大切なのは、「書き上げる時間」という、配信側の都合ではありません。

「内容そのもの」という読者目線の方が、よっぽど大切なのです。

メルマガを書くのに、時間が掛かってしまったとしても、全然大丈夫です。

あなたもぜひ、素敵なメルマガを配信し続けてください。

編集後記

「メルマガを、短い時間で書けない」

という声をよく頂くので、ウチの意見を伝えさせて頂きました。

参考になれば、うれしいです。

繰り返しになりますが、お伝えさせてください。

メルマガを書くのに、時間が掛かってしまったとしても、全然大丈夫です。

あなたもぜひ、素敵なメルマガを配信し続けてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる