メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【ABテストとは】やる意味・やり方・注意点をウェブ広告を事例に解説

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ウェブ集客をおこなっていく上で、「結果」は大切です。

  1. ブログからの、メルマガ登録結果
  2. 広告からの、セールス成約結果
  3. メールマガジンの開封、クリック結果

これらが、売上に影響してきます。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

「結果」を重視し過ぎると、見えなくなるもの

ですので、きちんと計測をして、「結果」をみることは重要です。

とはいえ、あまりに「結果」を重視し過ぎるのも良くありません。

大切なモノが、見えなくなってしまうことがあるからです。

ウェブ広告を、例に取ってみましょう。

メルマガ登録を目的としたウェブ広告

メルマガ登録を目的とした、ウェブ広告です。

この場合の「結果」は、「メールアドレスの登録数」ということになります。

または、「1メールアドレスあたりの単価」でも良いでしょう。

登録数?広告費?取得単価?

この「結果」だけに注目すると、日々の観点は、

  1. 今日の、アドレス登録数は?
  2. 今日掛かった、広告費は?
  3. 今日の、1アドレス取得単価は?
  4. …etc

に、なります。

「結果」と共に、大切なもの

もちろん、これらの数字も大切です。

でも実は、他にも大切なものがあるのです。

それは、「経過(プロセス)」です。

「結果」はあくまでも、経過(プロセス)をたどった上で出ます。

「結果」は直接コントロールできない

つまり、結果自体を直接コントロールすることはできません。

  1. 「今日のアドレス登録数は、少ないな。」
  2. 「よし。アドレス登録数を、増やそう!」

これでは、何をすれば良いのか、まったく分からないでしょう。

「経過(プロセス)」に注目すると?

当たり前のように、聞こえるかもしれません。

ですが、案外こんな風にやってしまうことが少なくないのです。

では、「経過(プロセス)」に注目すると、どう変わるでしょうか?

  1. 「それぞれの、キャッチコピー毎のクリック率は?」
  2. 「どの画像から、最もコンバージョンにつながってる?」
  3. 「過去7日間の、クリック単価の平均はいくら?」

このような数字を、見ることになります。

「経過(プロセス)」は、コントロールできる

そして、

  1. 「キャッチコピーは機能面よりも、感情面を訴求した方が良いな。」
  2. 「よし。感情に訴えた、キャッチコピーを追加しよう!」

といったように、具体的な施策を打つことができるようになります。

つまり、経過(プロセス)は、コントロールすることができます。

「結果」は、後から付いてくるもの

その上で、「結果」は、後から付いてくるものなのです。

ですから、日々の着眼点としては、

  1. 「結果」
  2. だけではなく、
  3. 「経過(プロセス)」

も、見ていく必要があります。

では、「経過(プロセス)」を、どのように見ていけば良いのでしょうか?

ABテストとは

キーワードは、「ABテスト」です。

ABテストとは、

  • 複数の選択肢でテストをして、
  • 結果の悪いものを削る

という、手法のことをいいます。

AとBの二択に限らず、三択、四択とテストをします。

キャッチコピーの例

キャッチコピーでいうと、

  1. A:「集客でお困りの経営者の方へ」
  2. B:「ウェブ集客でお困りのスモールビジネスオーナーの方へ」
  3. C:「ネットから集客なんてできるの?」と思っているあなたへ

のように、「どれが、結果に結び付くかテストしてみる」といった具合です。

ABテストをやり続ければ、必ず結果が出る

このABテストの重要性は、どれだけ強調しても、強調し過ぎることはありません。

なぜなら、「ABテストをやり続ければ、必ず結果が出る」からです。

というよりも、結果が出るまで、ABテストをやる。

ですので、結果が出ないということには、なり得ないのです。

結果が出るまでABテストをやる

仮に、0.1%ずつしか、数字が変わらないとします。

それでも、改善を繰り返すことで、

  1. 0.2%
  2. 0.3%
  3. 0.4%…

と、数字を改善していくことができます。

(もちろん、永遠に上げ続けるのは難しいですが。)

必ず、2パターン以上

肝心なのは、何かマーケティング手段を実行するときには、

必ず、

  1. 1パターンだけじゃなく、
  2. 最低、2パターン用意する

ということです。

ABテストを実践しよう

  1. パターンが複数あれば、比較することができる
  2. 比較することができれば、改善することができる

「結果」は、直接コントロールできません。

でも「経過(プロセス)」は、コントロールすることができます。

ABテストを、実践していきましょう。

広告については、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

ABテストをする時には、変更点を1つに絞ることを忘れないようにしましょう。

  1. キャッチコピー
  2. ヘッダー画像
  3. オファー内容

など、一度に複数の要素を、変更したとします。

すると、どれが結果に影響したのか、分からなくなってしまいます。

地道に、一つ一つ改善を繰り返していきましょう。

あわせて読みたい
【クリック < 成約】広告単価の相場や平均いくらかなんて関係無い理由 【クリック < 成約】広告単価の相場や平均いくらかなんて関係無い理由
あわせて読みたい
【無料集客と有料集客】どちらが難しい?起業初期ほど広告が有効な理由 祖父が、事業家です。 会社は、創業40年を超えます。 40年以上続く会社をつくった祖父を、尊敬しています。 【祖父の言葉】 そんな祖父から昔話を聞いている時に、こん...
あわせて読みたい
【リマーケティング広告とは】やり方や効果を初心者向けに簡単に解説 【リマーケティング広告とは】やり方や効果を初心者向けに簡単に解説

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる