ウェブ集客におけるABテストのやり方・読み方・考え方

ウェブ集客をおこなっていく上で、「結果」は大切ですね。

  1. ブログからのメルマガ登録結果
  2. 広告からのセールス成約結果
  3. メールマガジンの開封、クリック結果

これらが売上に影響してきますので、きちんと計測をして、結果をみることは重要です。

でも、あまりに結果を重視し過ぎると、大切なモノが見えなくなってしまうんですね。

広告を例にとってみましょう。メルマガ登録の誘導を目的とした広告です。

この場合の結果は、「メールアドレスの登録数」ということになります。

または、「1メールアドレスあたりの単価」でもいいでしょう。

この結果だけに注目すると、日々の観点は

  1. 今日のアドレス登録数は?
  2. 今日かかった広告費は?
  3. 今日の1アドレス取得単価は?

になります。

もちろんこれらの数字も大切なんですが、実は他にも大切なものがあります。

それは「プロセス」です。

結果はあくまでもプロセスをたどった上で出るものです。

つまり、それ自体を直接コントロールすることはできません。

「今日のアドレス登録数は少ないな。よし。アドレス登録数を増やそう!」

これでは何をすればいいのかまったくわかりませんね。

当たり前のように聞こえますが、案外こんな風にやってしまう人が多いんです。

じゃあ、プロセスに注目すると、どう変わるのでしょうか?

  1. それぞれのキャッチコピー毎のクリック率は?
  2. どの画像から最もコンバージョンにつながってる?
  3. 過去7日間のクリック単価の平均はいくら?

このような数字を見ることになります。

そして、「キャッチコピーは機能面よりも感情面を訴求した方が良いな。よし。感情に訴えたキャッチコピーを追加しよう!」

といったように、具体的な施策を打つことができるようになります。

プロセスはコントロールすることができます。

その上で、結果はあとから付いてくるものなんですね。

だから、日々の着眼点としては結果だけじゃなくて、プロセスもみていく必要があります。

では、プロセスをどのようにみていけばいいのでしょうか?

ABテストをやり続ければ必ず結果が出る

キーワードは「ABテスト」です。

ABテストとは「複数の選択肢でテストをして結果の悪いものを削る」という手法のことです。

AとBの二択に限らず、三択四択とテストをします。

キャッチコピーでいうと、

  1. A:「集客でお困りの経営者の方へ」
  2. B:「ウェブ集客でお困りのスモールビジネスオーナーの方へ」
  3. C:「ネットから集客なんてできるの?」と思っているあなたへ

のようにどのキャッチコピーが結果に結びつくかテストしてみる、といった感じです。

このABテストの重要性はどれだけ強調しても、強調し過ぎることはありません。

なぜなら、「ABテストをやり続ければ必ず結果が出る」からです。

というよりも、結果が出るまでABテストをやるので、結果が出ないということにはなり得ません。

仮に、0.1%ずつしか数字が変わらないとしましょう。

でも改善を繰り返すことで、1%、2%、3%と数字を上げていくことができます。

肝心なのは、1パターンじゃなくて、必ず最低2パターン用意するということです。

パターンが複数あれば、比較することができるので改善することができます。

結果は直接コントロールできませんが、プロセスはコントロールすることができます。

ABテストを実践していきましょう。

編集後記

ABテストをする時には、変更点を1つに絞ることをお忘れなく。

  1. キャッチコピー
  2. ヘッダー画像
  3. オファー内容

など一度に複数の要素を変更すると、どれが結果に影響したのかわからなくなってしまいます。

一つ一つ改善を繰り返していきましょう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで