メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【4つの判断基準】自分にあったウェブ集客の進め方【外注・講座・コンサル】

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

スモールビジネスを営む方で、

  • 「ウェブから、うまく集客できない」
  • 「たくさん勉強したのに、売上つながらない」
  • 「ウェブ集客なんて、一部の人ができるんでしょ?」

このような悩みを抱えている方、多いようです。

要するに、「ウェブから集客できない」という悩みです。

しかし実は、ウェブから集客することは、そんな難しいことではありません。

今回は、ウェブ集客の実践で重要な、4つの基準についてお伝えします。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

重要なのは、学ぶことではない

「ノウハウを、とことん学ぶ」

これは、ウェブ集客をはじめるときに、ほとんどの人がやることです。

とりあえず何か学んでいないと、怖いんですね。

しかし残念ながら、この見切り発車では、うまく行きません。

学ぶよりも、見つける力

ウェブ集客で必要なのは、学ぶ力よりも、

「自分にあった方法を、見つける力」です。

自分の適した方法を選ばないと、立ち行かなくなってしまいます。

自分に合っていない方法で無理して頑張っても、挫折してしまうのが関の山です。

では、何を基準に、自分に合った方法を見つければいいのでしょうか。

一般的なやり方

と、その前に。

一般的な、ウェブ集客の実践方法について考えてみましょう。

一般的なものは、以下の4つでしょう。

  1. ウェブ制作会社に依頼
  2. 講座・塾に参加
  3. コンサルティングを受ける
  4. 自分で実践する

それぞれ簡単にみていきます。

ウェブ制作会社へ依頼

  • ランディングページを作る
  • ホームページを制作する
  • 広告運用をする

となった時に、まず最初に思いつく方法としては、外注でしょう。

お金を払い、「プロに任せる」ことによって、必要道具を揃えます。

また、

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

など、比較的安価で依頼する方法もあります。

講座・塾に参加する

専門的な、講座・塾も多く存在します。

  • 3ヶ月でマスターできる
  • 1年で習得

このように、期間を決めて、ある特定の分野を学びます。

自分の学びたい分野の先生を見つけ、直接講義を受けることができる。

講座や塾には同志のメンバーが集まることが多いため、濃い人脈形成もできるでしょう。

コンサルティングを受ける

コンサルタント型ビジネスをされている方は、増えていますね。

  • グループコンサルティング
  • 個別コンサルティング

集団や個別で、自分の課題を相談することができます。

専門家に直接質問できるので、安心してビジネスを組み立てられます。

自力で実践する

最近では、自分で実践する人も増えています。

その理由として、「ツールの登場」があります。

  1. 外注すれば、100万円を超えるけど、
  2. 自分でやれば、基本無料でできちゃう

そんなこともあり、「自社で内製化」が、ますます熱を帯びています。

コツさえ分かってしまえば、ウェブ集客は自力でできます。

あわせて読みたい
【内製化とは】業者外注と伝言ゲームの共通点【自作(DIY)のススメ】 【内製化とは】業者外注と伝言ゲームの共通点【自作(DIY)のススメ】

ウェブ集客のノウハウについては、書籍で独学することもできます。

メリットとデメリットを理解する

いかがでしょうか。

ご自身が行っている、ウェブ集客の方法はございましたか?

ちなみに…どのやり方も正しいです。

自分がやりやすくて、成果も納得できていれば、正しいやり方だと言えます。

続いては、ここまで挙げた4つの方法のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ウェブ制作会社へ依頼

ウェブ制作会社に依頼するメリットとデメリットは、以下になります。

メリット

  1. 高品質な制作物が完成する
  2. デザイン性が優れている
  3. 自分の作業は不要

デメリット

  1. 納品まである程度時間がかかる
  2. 制作費用に加えて、修正の度に追加料金がかかる
  3. 企画の度に依頼する必要がある

講座・塾に参加する

講座・塾に参加するメリットとデメリットは、以下になります。

メリット

  1. 同じ悩みを抱えた仲間ができる
  2. 専門的なノウハウを知ることができる
  3. 提携やジョイントベンチャーが生まれる可能性がある

デメリット

  1. 参加費用が高額(30万円〜)
  2. すぐ実践に移すことが難しい
  3. すべての日程の確保が難しい

コンサルティングを受ける

コンサルティングを受けるメリットとデメリットは、以下になります。

※コーチングやカウンセリングについても、同様の扱いとします。

メリット

  1. 直接的なサポートを受けることができる
  2. 自分の課題の整理ができる
  3. モチベーションの維持がしやすい

デメリット

  1. 月額で費用が発生する
  2. コンサルタントとの相性で成果に影響が出てしまう
  3. 依存してしまう

自力で実践する

自分で実践するメリットとデメリットは、以下になります。

メリット

  1. 費用を最低限で抑えられる
  2. 再現性がある
  3. テストマーケティングができる

デメリット

  1. 習得するまで時間がかかる
  2. 間違ったやり方をしてしまう可能性がある

どうやって判断する?

以上が4つの手法それぞれの、メリットとデメリットです。

それぞれの特性を理解して、選んでいきましょう。

価格や時間はもちろんですが、それだけでは判断材料に欠けます。

4つの判断基準

ウェブ集客をきっちり実践していくためには、

  1. 実践できるか
  2. 個別サポートはあるか
  3. 成果物はあるか
  4. 自分でできるようになるか

この4つの基準が、とても重要です。

この基準を参考に、自分に合ったやり方を選んでみて下さい。

実践できるか

ノウハウを知るよりも、実践することに、価値があります。

  1. 「勉強」で終わるか
  2. 「勉強+実践」ができるか

ここで、雲泥の差が出るんですね。

机上の空論から卒業して、いち早く実践を行うべきです。

個別サポートはあるか

ウェブ集客を実践するのであれば、はじめのうちは、サポートが必要になります。

特に、パソコン関連の話になると、頓挫してしまう方が多いです。

  1. やることは分かるけど、
  2. 実際具体的に、どう手を動かすか

という部分の情報は、圧倒的に欠けています。

きめ細かい、サポート体制が整っている環境を作ることが不可欠です。

成果物はあるか

ウェブ集客を実践するのであれば、

  1. ランディングページ
  2. ホームページ
  3. ブログ
  4. メールマガジン
  5. ステップメール
  6. …etc

このような、形がある、「成果物」が必要です。

成果物があって初めて、動ける

「こうした方がいい」は分かっても、実際に行動には移せません。

成果物があってはじめて、行動に移していけます。

  • 単なるノウハウで、終わるか
  • 成果物まで、きちんと作るか

という部分も、大切な判断基準になります。

自分でできるようになるか

どんな高度なノウハウも、

最終的に自分でできるようにならなければ、意味がありません。

自分でできないということは、一生誰かに依存してしまう。

親がいなくなったヒナは?

鳥のヒナを思い浮かべると、わかりやすいですね。

  1. 孵化したばかりの時は、親にご飯をもらえます
  2. しかし、成長とともに、自分で狩りができるようになる
  3. 親がいなくても、生きていける

ずっと親にご飯をもらっていては、親がいなくなった途端、餓死してしまう。

ウェブ集客でも、一緒です。

最終的には、自分でできるようになる必要があります。

外注するにしても、自分で理解してから外注すれば、より効果が高まります。

編集後記

「選ぶ」のって、大変ですよね。

だからこそ、「判断基準」が必要になります。

星の数ほどある選択肢の中から、迷わないために、

  1. 実践できるか
  2. 個別サポートはあるか
  3. 成果物はあるか
  4. 自分でできるようになるか

この4つを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【外注よりも自作】ランディングページから集客するための2つのポイント ネットから、集客したい。 そう思ったときに、まず必要となるのが、ランディングページです。 ランディングページとは、申込みを受け付けるためのページ。 つまり、ラン...
あわせて読みたい
高額な外注費を払ってウェブサイトを作成しても集客に繋がらない理由 高額な外注費を払ってウェブサイトを作成しても集客に繋がらない理由
あわせて読みたい
【無料で簡単】ランディングページを自作できる2つのツールをご紹介 ランディングページ持っていますか? ウェブマーケティングを行う上では、欠かせないツールですよね。 ランディングページを外注すると、 最低30万円〜100万円程度のお...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる