MailChimp(メールチンプ) | HTMLメルマガを配信できるオススメツール

「最近のメルマガはブログみたいに綺麗なデザインが増えたな〜」と思ったことはないだろうか?

背景色が付いていたり、見出しやテキストデザインが施されていたり。「こんな綺麗なデザインのメルマガを配信するには、なにか特殊な技術が必要なんだろうな〜」と思っているかもしれないが、そんなことはない。

ツールを使えば、初心者でも簡単に綺麗なデザインのメルマガを配信することができるようになる。

HTMLメールとは

そもそも「綺麗なデザインのメール」とは、HTML形式のメールのことだ。

HTMLとはウェブページを作るときのプログラミング言語のようなもの。

  • 文字を装飾する
  • 画像を挿入する
  • リンクを設定する

これらはすべてHTML言語を使って表現する。簡単にいえば、HTMLメールとは「ウェブページ」をメールで送れるものということだ。

それに対して、通常のメールは「テキストメール」と呼ばれる。名前の通り、テキストのみを送るメールのことで、原則、文字を装飾することはできないし、画像の挿入やリンクの設定などもできない。

さて、そんなHTMLメールだが、スモールビジネスが活用していくにあたって、どんなメリットがあって、どうやって作ればいいのだろうか?

HTMLメールのメリット

「きれい、計測、差別化」

スモールビジネスがHTMLメールを活用するメリットは、

  1. きれい
  2. 計測できる
  3. 差別化できる

この3点となる。それぞれみていこう。

メリット1.きれい

まず、HTMLメールはきれいということがメリットの1つとして上げられる。

前述の通り、テキストメールでは、画像の挿入やリンクの設定ができないばかりか、文字の装飾すらできない。もちろん、見出しなどを設定することもできない。文章というのは見出しがあるだけでも、グッと読みやすくなる。

HTMLメールなら見出しも簡単に設定することができる。文章が論理的である。ビジュアルがきれいというのは、今のメディア運営においては必要最低条件となっている。

ご存知ないかも知れないが、メルマガも立派なメディアである。

メリット2.計測できる

計測できるというのもHTMLメールの大きなメリットの1つ。というよりも、これこそが1番のメリットといっても良い。

具体的には、

  1. 到達率
  2. 開封率
  3. クリック率

などを計測することができる。テキストメールでは、これらを計測することができない。あらゆるマーケティング活動において、計測ほど大切なものはない。

なぜなら、常に計測をおこなって、より効果の高い方法を選択していけば、結果が出ないということはありえないからだ。メルマガでも同じこと。計測をおこなって、改善を繰り返すことで、最適なメルマガ運用をしていくことができる。

メルマガ配信の目的達成のために、HTMLメールは必要不可欠といってもいい。

メリット3.差別化できる

最後は、差別化できるという点。

HTMLメールに限らず、最先端のツールを導入するメリットというのは、少数派に入れるということだ。(「ハイカラだから」だけが、理由じゃない)

HTML形式のメルマガを発行しているところは、ウェブ業界ですらまだまだ少ない。(そもそも、メルマガをきちんと発行しているところが少ない)

それ以外の業界でHTMLメールを取り入れれば、内容はともあれ、それだけで簡単に差別化することができる。以上が、スモールビジネスがHTMLメールを導入するメリットとなる。

では、どうやってHTMLメールを作っていけばいいのか?

HTMLメールを配信できるメールチンプ

冒頭で述べた通り、ツールを使えば誰でも簡単にHTMLメールを配信することができるようになる。

いくつかあるツールの中でも、『メールチンプ』というツールがおすすめだ。英語圏では主流のツールで、直感的な操作でHTMLメルマガを配信することができる。

デザイン性の高いテンプレートが用意されているので、要素を当てはめていけば、素人でも簡単にプロ並みのメルマガを作れる。もちろん、データの計測もできるし、レポート画面も見やすい。

何といっても、無料で利用できる。(ある程度までの読者数、配信数であれば、メルマガもステップメールもタダ)

管理画面は英語だが、クロームの翻訳機能でも使いながら操作すれば、2,3時間で基本操作はできるようになる。どうせ無料なんだし、まずはアカウント登録してみてはいかがだろうか。

編集後記

ウチでは常に「遅かれ早かれ、スタンダードになるものは、早めに取り入れる」ということをルールにしている。あとで、せかせかするのが嫌だからだ。ゆっくりやりたい。

反対に「スタンダードにならないもの」や「継続性・持続性のないもの」は、どれだけ騒がれていても取り入れないことにしている。例えば、「大人数で、チームを組んで、短期間で、莫大な、売上を上げる」という、いわゆるプロダクトローンチのようなもの。

事業を継続していくことが前提なので、継続性のない集客方法や販売手法は取り入れない。継続的に取り組まないものに、貴重な時間を費やすのはもったいないからだ。仮に取り入れるとしても、継続性のあるやり方にする。プロダクトローンチであれば、「少人数で、長期間で、コツコツと、売上を上げる」のように。

ちなみに、HTMLメールは「遅かれ早かれスタンダードになるもの」といえる。どうせ取り入れるのであれば、早めに取り組んでおいた方がいい。あとで楽になる。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで