【ウェブ初心者向け】ウェブ集客の導線構築の流れを解説。

「これからウェブ集客の仕組みを作りたいと思うのですが、どの手順で取り組めばいいですか?イマイチわかりません、、、。」

よくサポートをしているお客さんから、上記のようなご質問をいただきます。

ウェブは目に見えないものだけあってイメージしにくいし、現代はさまざまな手法があるので余計に混乱してしまいますよね。

こういった疑問を持っている方の為に、今回はウェブ集客の導線構築の手順をまとめてみました。

今回の内容でウェブ集客の導線構築の大枠の流れは理解できます。(個別具体的なところは解説しません。)

大枠の流れは以下になります。

  • WordPressサイトの構築
  • ブログ記事執筆
  • ランディングページ作成
  • 無料オファー作成
  • オプトインページ作成
  • ステップメール設定
  • メルマガ配信
  • 広告出稿

これがスムーズに導線構築ができる流れです。

それでは、それぞれの内容を解説していきます。

WordPressサイトの構築

まず最初にWordPressを導入していきます。このWordPressをオウンドメディアとして育てていき、導線の基点としていきます。

アメブロやWIXでないのはツール依存になってしまう為、突然のサービス停止が怖いです。基点となるサイトがなくなるのは怖いので、ここはWordPressにしておくべきです。

導入方法は以下の記事を参照してください。
これからWordPressを始めたい方に!基礎知識から導入まで解説

次はブログ記事の執筆です。

ブログ記事執筆

次はブログ記事の執筆です。情報発信はウェブ集客では欠かせないものです。地道ですがまずは100記事を目安にして更新しましょう。

手順は以下の記事をご参照ください。
HTMLの知識は必要なし!WordPressで記事を投稿する方法

ブログ記事での情報発信ですが、前提として日記のような内容でなく、ノウハウを発信しましょう。

思いの外、日記のような内容でブログを更新している方が多いです。影響力がないと自分の日常を発信していても、誰も興味を示さないので控えましょう。

そして、SEOが厳しくなりつつありますが、まだまだ使える知識ですので最低限のSEO知識は持っておきましょう。

参考記事は以下より。
SEO対策とは?ウェブ初心者でも実践できる最低限の方法

ランディングページ作成

次にランディングページを作成します。これはフロントエンド商品の案内ですね。

ランディングページはペライチというツールを使うことで自作することが可能です。

ペライチについては以下の記事をご参照ください。
ペライチで作るランディングページ制作のポイントを解説

実際の構成はコピーライティングという技術を使い、かなり論理立てて書く必要があるので、今回は割愛いたします。

以下の記事でご紹介した書籍がわかりやすかったので、確認してみてください。

ランディングページの教科書|ウェブ業界の専門家からLP制作が学べる本の紹介

無料オファー作成

ランディングページの作成の作成が完了したら、次に無料オファーを作成します。

無料オファーは、

  • PDF
  • 音声
  • 動画

の形式で作成します。

無料オファーは、先程作成したランディングページで案内した商品に関連するようなテーマで作成します。

例えばですが、WordPressでブログ集客を教えるワークショップを開催するのであれば、WordPressの初期設定やおすすめプラグインなどを解説したPDF・動画を作成するとかですね。

ブログ記事の執筆の操作まで丁寧に教えて、より具体的な集客につながるようなブログ記事執筆方法をワークショップを開催して教えるといった流れにすることで、商品へ誘導できます。

内容を一から考えるのが難しい場合、更新したブログ記事の内容をまとめることで時短になります。

一度コンテンツを使い回せないか、考えてみましょう。

オプトインページ作成

次にオプトインページの作成です。こちらは、作成した無料オファーを案内するページになります。

なので、無料オファーの内容を反映する形になりますね。

作成方法、内容は以下の記事をご参照ください。
オプトインページの作成方法!WordPressとMailChimpで簡易的に作成する方法とは

集客の入り口となるページになります。今後、このページを複数作る形になりますので、出来るだけ自作を心掛けましょう。

自作すれば、複製することでページを量産しやすいです。そして、必ずサンクスページも用意しましょう。コンバージョン測定で必要になります。

ステップメール設定

次に無料オファーの内容の元にステップメールを作成します。1通目のお礼メールの際に、PDFの場合はダウンロードURL、動画の場合は動画共有サイトのURLや動画視聴ページのURLを案内します。

内容は、無料オファーの内容を補足するようなものでも十分です。そして、ステップメールの中で、問題提起や活動理念を通してユーザーの教育をしていきます。

問題提起とは、例えば、WordPressは難しい。だからアメブロをがんばっている。という人がいたとします。

そんな人に、アメブロはサイバーエージェントのシステムを借りているだけで完全に自分の所有物にならない。向こう都合でルールが変わるなどのデメリットを説明し、なんでWordPressの方がいいかの理由を説明するといった感じです。

完全に自分の所有物となり、コンテンツが資産になる。ウェブ集客において情報発信はブランディングの為にもめちゃくちゃ重要…。といった、以下に重要なのかを教育するといったものです。

とはいえ、これも具体的にお伝えすると情報量が多いので詳しい内容は割愛します。

販売のランディングページは、最近は変わってきていて、オプトインページのサンクスページで案内してしまうケースが多いですし、ステップメールの1通目から案内してしまっているケースが多いです。

また、メールアドレスを取得できていれば、商品への購入がなくてもこちらからいつでも情報提供ができるので、それだけで十分な成果です。

次はメルマガの配信です。

メルマガ配信

次にオプトインページで登録があったメールアドレス登録者に対してメルマガを配信します。

なので、メール配信サービスでメルマガ用リストを作成し、そこにステップメール用リストをインポートする形になります。(やり方は、各メール配信サービスで違うので調べてみてください。)

メルマガでは情報提供を主にします。日頃、ブログ記事を更新していれば、その内容を配信すれば一石二鳥ですし、ブログに誘導すればサイトへの流入も増えます。

メルマガについては、以下の記事をご参照ください。
メルマガのはじめ方 | オススメ配信サービスから書くコツまでを解説

広告出稿

最後にFacebook広告で作成したオプトインページを出稿します。リスティング広告でもいいですが、シンプルなFacebook広告から広告を始めるのをおすすめします。

広告初心者はあまり広告費はかけずに1日あたり1000円程度で様子を見てみましょう。

成約率が上がってきたら、ある程度の金額を投下をする感じですね。

あとは、フロントエンド商品とバックエンド商品との兼ね合いでどれだけ金額をかけれるのかが変わるので、そちらの金額設定も必ずしておきましょう。

初心者の方で出稿方法について知りたいという方は、以下の記事で紹介している書籍がおすすめ。
Facebook広告 完全活用ガイド | これから広告運用をはじめる方におすすめな本

まとめ

無料オファー〜ステップメールの仕組みは、当然1つのみではなく、いくつか用意する必要があります。

オプトが思ったほど取れなかったらテーマを調整する必要がありますし、ユーザーによっては無料オファーへの興味や悩みも人それぞれ違うからです。

今回ご紹介した仕組みは1度でも自分で作っておけば、再現性があります。2回目以降は複製して作ればいいので、スピードもあがるでしょう。

そして、前提としてブログ記事とメルマガでの情報発信ありきなのを忘れないでください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで