Facebook広告 完全活用ガイド | これから広告運用をはじめる方におすすめな本

Facebook広告といえば簡単に出稿できるものの、これまで丁寧に解説された情報が少ないのが現状でした。

ネット上にもある程度知識がなかったり、情報が薄かったりでFacebook広告が難しく感じる方が多いのも無理がない状態でした。

ある程度の広告知識があれば、問題なく読み進められるけど、初心者目線にたった書籍がありませんでしたが、これなら初心者にでも理解できると感じた書籍が、今回ご紹介する「Facebook広告 完全活用ガイド」です。

この本は、Facebook広告の良質な情報を発信している「株式会社Ad Listing」が発行しているので、かなり信用できる本です。

これから広告運用をはじめる方におすすめな本

Facebook広告の運用には、必要な最低限の知識がいくつかあります。

広告の構造(キャンペーン・広告セット・広告)、ビジネスマネージャ、広告アカウント、Facebookページといった超基本的なものから、Facebookピクセル、カスタムオーディエンス、リマーケティング広告、類似オーディエンス、リマーケティングの類似オーディエンスなど少し応用的なものまであります。

これらのことを抑えていないと、効果的に運用ができませんし、最終的にFacebook広告を運用しなくなってしまいます。

例えば、ゲームをプレイするにあたって、基本的な機能を覚えていないと、最初は感覚的に出来ていていたとしても、終盤になってゲームがいきなり進めなくなり、遊ぶのを辞めてしまうようなものです。

そんな基本的な内容から、少し応用的な内容まで「Facebook広告 完全活用ガイド」ではわかりやすく解説されています。

特にFacebookピクセルについては、最新の作成方法からコンバージョンタグの作成方法まで解説されていますし、これまで解説が少なかったリマーケティング広告の出稿方法まで解説されている点も優れています。

豊富な事例集も載っているので、運用方法が参考になると思いますよ。

事例集と見てみると、カスタムオーディエンスの機能を理解し、ターゲットに合わせて調整しないことには、Facebook広告での成果は出づらいということがわかります。

詳しくは、書籍をご覧になってください。

編集後記

今回は「Facebook広告 完全活用ガイド | これから広告運用をはじめる方におすすめな本」についてご紹介しました。

この本の中で、Facebook広告は画面変更が頻繁にあることについて触れています。これは、まだまだFacebook広告自体が発展途上であり、これから伸びてくる広告媒体だからです。

画面変更があっても、対応できるように画面で覚えるよりも、基本的な用語や構造を抑えておきましょう。

基本的なところから丁寧に解説したおすすめな本なので、参考になれば幸いです。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで