Keynoteでスライドを階層化 | グループ化してわかりやすくまとめる方法

Keynoteって便利ですよね。

セミナーやプレゼンテーションの資料準備には欠かせないツールです。

しかし、スライドの枚数が多くなってくると、管理が煩雑になってきます。

そんな時におすすめの方法があります。

今回は「Keynoteでスライドを階層化 | グループ化してわかりやすくまとめる方法」についてご紹介します。

スライドのグループ化でスッキリ整理

Keynoteのスライドの枚数が多くなってきたら、ぜひグループ化機能を使ってみましょう。

グループ化とは、スライドを階層化してくれる機能です。

本の目次のようなものですね。

各章ごとに、スライドを管理することができます。

グループ化のやり方

グループ化のやり方は簡単です。

  1. まとめたいスライド選択(commandを押しながら選択)
  2. 選択したスライドを、少し右側にドラッグ&ドロップ
  3. 選択したスライドが少しずつ右にずれて小さくなる

これで、グループ化の完了です。

各章のタイトルを示すスライドの下に、それぞれのスライドをグループ化して収めてあげることで、1つのまとまりができます。

親テーマがあって、その後に子供のスライドがグループ化されてるイメージですね。

文字で説明すると少々ややこしく感じますが、実際に操作してみると、あっという間にできます。

グループ化した後は、タイトルのスライド(親テーマ)の左の小さな▶︎ボタンを押すことで、子供のスライド達は収納されます。

編集後記

今回は「Keynoteでスライドを階層化 | グループ化してわかりやすくまとめる方法」についてご紹介しました。

これで、多くなったスライドも綺麗に整理できますね。

階層化する考え方は、思考の整理にも役立ちます。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで