メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、安定した継続的な収入源を確保する方法…etc。悔いの無い生涯を謳歌する為の、鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【優れたセミナーのモデリング方法】この6つに着目し、真似してみよう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

営業が苦手なスモールビジネスにとって、セミナーはおすすめです。

我々このは屋も、セミナーを取り入れることで、

「営業=胃痛・ストレス」

の状態から、脱出できました。

目次

売り込むことへの、抵抗感

売り込むのって、嫌ですよね。

  • マインドセット
  • ブロックを外す

など、お金に対する精神論は、たくさんあります。

しかし…どうしても、違和感があったんです。

精神論も、悪くない

上記のような精神論を否定しているわけではありません。

それで自分を保てて、商売が軌道に乗れば、問題ありません。

むしろ、いいことです。

ですが、我々自身、煮え切らない思いが拭えませんでした。

セミナーが、解決の糸口に

ところが…です。

セミナーを、営業の一部に取り入れたことで、一挙に解決しました。

セミナーを始めたところ、営業のストレスが一気に無くなったんです。

売ることへの抵抗感を感じていたことが、嘘のようです。

セミナー営業の手法は、書籍でも学ぶことができます。

一点張りでは成果は出ない

セミナーは、もはやスモールビジネスとって、必須の販促手法と言えます。

基本的に、「これだけやればOK」という一点張りの主張は、危険です。

  • フェイスブックをやれば集客できる
  • YouTubeを使えば、大丈夫
  • SEO対策が一番重要
  • ライブ配信で売上は上がる
  • …etc

そのスタンスだと、成果を出すことは難しいからです。

人それぞれ、向き不向きがありますからね。

優れた営業手法

しかしニュートラルに見ても、セミナー営業はやるべきだと感じています。

それくらい、強力な手法なんです。

なので、生徒さんや会員さんにも、

「セミナー営業やってみたらどうです?」と提案します。

セミナー営業の始め方

では、どのように、セミナー営業を始めるのか。

ここが、気になりますよね。

今回は、最も簡単で、結果につながる方法をお伝えします。

その方法とは…

まずは、真似てみましょう

あっけにとられてかもしれませんね。

真似る。これだけです。

今まで受けた、セミナーやプレゼンで、

  1. 思わず、購入してしまった
  2. 話を聞いたら、欲しくなった
  3. 誰かに、おすすめしてしまった

こんな経験ありませんか。

もしあるならば、そのセミナーを真似てみましょう。

真似ることの有効性は、書籍も述べられています。

真似する方法が大切

真似るといっても、丸パクリするという意味ではありません。

  • ターゲット顧客
  • 商品・サービス
  • 価格
  • 環境

これらが異なるはずなので、そのまま真似ても、効果は薄いでしょう。

では、どのように真似るか。

モデリングの着眼点は、この6つ

自分の心が動いたセミナーに出会った。

であれば、以下のポイントを見てみましょう。

  1. 所要時間
  2. 参加人数
  3. セミナーのストーリー(シナリオ)
  4. 配布されている資料
  5. 参加者とのコミュニケーション
  6. クロージング方法

この6つを見ると、売れているセミナーの特徴がつかめます。

ストーリとコミュニケーションは重要

中でも、

  • セミナーのストーリー(シナリオ)
  • 参加者とのコミュニケーション

は、重要です。

セミナーの流れに注目

セミナーのストーリーとは、セミナーの構成のことです。

  1. 前半で、自己紹介をして、
  2. ノウハウを話して、
  3. 後半で、クロージングする

という基本のパターンを学びましょう。

売れているセミナーは、綿密に練られている

成果を出しているセミナーは、構成がしっかりしています。

アドリブでやっているようでも、実はかなり緻密に作られているんです。

セミナー講師の、話の順番(論理展開)に注目してみましょう。

参加者との距離感にも、注目

続いて、参加者のコミュニケーション。

ここも、大切です。

  • 名指しで質問する
  • グループワークをしてもらう
  • チャットで、反応してもらう
  • …etc

主催者が、どのように場作りをしているか。

ここにも注目しましょう。

「自分で体験してみる」が一番の教科書

セミナー営業のノウハウは、巷でもたくさん出ています。

もちろん、それらのノウハウも勉強になるでしょう。

ですが、最も勉強になるのは、「体験」です。

  • 優れたセミナーを受けてみる
  • 上手なプレゼンを聞いてみる

これに勝る勉強方法はありません。

「体験」には、かなりの情報量があるので、一度試してみてください。

編集後記

真似の仕方は、重要です。

  • どこを真似するか
  • どこに自分らしさを入れるか

単なる猿真似でなく、取り入れるべき箇所を取捨選択していきましょう。

うまくいけば、本家を超えてしまうかもしれませんよ(笑)。

あわせて読みたい
【人が集まるセミナー】思わず参加したくなるセミナータイトルの付け方 スモールビジネスに人気の販促手段として、セミナーがあります。 いまや結構なスモールビジネスが、セミナーを取り入れているようです。 セミナーを行う目的は、 セミナ...
あわせて読みたい
【モノが売れやすいセミナー営業】肝心なのは、安心安全な「場作り」 スモールビジネスなら、セミナーを開催する方も多いでしょう。 コンサルタント コーチ カウンセラー このような、知識やノウハウを扱う人にとって、セミナーは有効です...
あわせて読みたい
【お客さまの声を集める】アンケートで聞くべき6つの質問テンプレート セミナーを使って営業する方法は、有効的ですね。 今や大小問わず様々な企業が、セミナーをお客さん獲得の手段としています。 我々のサポートしているスモールビジネス...
あわせて読みたい
【セミナーではWHYを伝えよう】販売につなげる顧客教育のステップ セミナーでお客さんを獲得する時に、伝えなければならないことがあります。 それは、「必要性」です。 これまで、100以上のセミナー撮影・運営のサポートを行ってきまし...
目次