セミナー営業のオープニングで何を話す?

セミナーのオープニングで話す内容

前回は、『セミナー営業攻略』セミナーで公開しているセミナー営業チェックリスト20項目から、一部を紹介しました。

セミナーで営業する時のターゲット設定とは?

見込み客の、2、3歩先の願望を考えてみましたか?

さらに、今回はチェックリストの中からもう一つ紹介します。

今回のチェックポイントは

オープニングで話すことは決めているか

です。

セミナーのオープニングでは何を話しますか?

お客さんを獲得できる、モノが売れるセミナーは綿密に練られています。

それは、セミナー本編に入る前からです。

なんだったら、集客の時点で始まっていますからね。

セミナー本編に入る前に、大抵の場合行うのが、自己紹介ですよね。

これがなければ、「あんた誰?」と目を細めて訝しげな表情でバリアを張る人がいますからね(笑)

笑顔で聞いている人も、実は内心そんな気持ちです。

そこで、自己紹介をするんですね。

といっても、自己紹介をいきなりしてはいけません。

自己紹介の前にすることがあります。

それは、

セミナー開催をした経緯

です。

自己紹介の目的

「なんでこのセミナーを開くことにしたのか」

ということは、はじめに参加者に伝えます。

時間的には、1分くらいでOKです。

軽めに、雑談の延長で話すんです。

内容としては、

  1. クライアントさんから懇願された
  2. 自分たちが結果が出たからそれを多くの人に届けたい

という具合で結構です。

ここは、経緯をとりあえず言うことが大切です。

唐突に自己紹介が始まると、参加者はまだ聞く準備ができていません。

「こんな経緯で、今回セミナーをやることにしたんです」

という一言のあとに自己紹介をすることで、聞き手の準備と、さらにこちら側のペースも整います。

これ、効果絶大なんで、まだやっていない人はやってみて下さい(^^)

そして、いよいよ自己紹介に入っていきます。

自己紹介の目的はなんでしょうか?

大きく2つあります。

  1. 共感を得ること
  2. 信頼を得ること

もうですね、この2つだけ満たせば、かなりの効果ですよ。

共感を得るには、、、。

失敗談を話してあげて下さい。

信頼を得るには、、、。

成功談を話してあげて下さい。

簡略化すると、こういうことです。

”神話の法則”を使ってもいいですが、基本的に

  1. 失敗
  2. 成功

この2つの振れ幅が大切です。

ついつい、成功にフォーカスしがちですが、

10という成功でも、もともとが、7くらいあったのであれば、共感と信頼は得られません。

しかし、もともとが1とか2、むしろマイナスであれば、共感と信頼が芽生えます。

振れ幅が大切です。

そして、もともとの値を見込み客より少し低めに設定することができれば、強力な自己紹介が出来上がります。

今のセミナーの自己紹介に、振れ幅はありますか?

少し考えてみて下さい(^^)

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで