メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

セリフが飛んでも安心!セミナーの台本作りに便利なツール3選

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

セミナーを開催する時、不安で胸がいっぱいですよね。

「あれ、次は何を話すんだっけ…」

セリフが飛んでしまったら、もうパニックです(笑)。

そんなときは、台本を用意しておくのがいいですね。

そこで今回は、「セミナーの台本作りに便利なツール3選」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

発表者ノート

1つ目は、「発表者ノート」です。

これは、Keynote(キーノート)の機能になります。

PowerPoint(パワーポイント)でも、同様の機能がありますので、調べてみてください。

発表者ノートの使い方は、簡単

「発表者ノート」を使うことで、台本の役割を果たせます。

  1. ツールバーの「表示」
  2. 発表者ノートを表示」を選択

の手順で、メモできるスペースが表示されます。

そこに、メモやセリフを書き込んでいきましょう。

セミナー中、発表者にしかノートが見えなくなる設定もできますので、お試しください。

Zoomでも発表者ノートは使える

最近では、Zoomでセミナーを行う場合も多いですよね。

実は、Zoomでも、発表者ノートを使うことができます。

  1. 画面の共有から、デスクトップを選択
  2. スライドショーのリハーサル
  3. 画面の部分の共有

(注意)「スライドショーのリハーサル」だけは、Keynoteの設定になります。

こうすることで、Zoomでも、発表者ノートをカンペ代わりに使えます。

アウトライナーで台本を作る

セミナーの台本作りでは、アウトライナーも便利です。

Dynalist等のツールを使うことで、簡単にまとめられます。

あわせて読みたい

アウトライナーの用途は、全体像を作ることが主です。

ですが、テキストは無限に書き込めるので、台本のメモとしても重宝します。

Dynalistのスマホアプリを入れておけば、移動中でも、作業できるのでおすすめです。

マインドマップで台本を作る

マインドマップも便利です。

ガッツリとした台本というよりは、忘れないためのフックとなるツールです。

マインドマップにセミナーの構成の全体像をまとめ、各章にキーワードだけ記しておきます。

有名どころとしては、XMindですね。

あわせて読みたい
XMind のマッピングソフトウェア XMindは、仕事とライフスタイル両方の効率化を図るため、アイデアを生み出し、創造性を刺激するように設計された、マインドマッピングおよびブレーンストーミングツールで...

そうすると、「あ、この話をするんだっけ」と思い出すことができます。

セミナーに慣れてきたら、この程度の台本で十分でしょう。

編集後記

今回は3つ紹介しましたが、現在の状況でお選びください。

ちなみに、当日は台本に頼りすぎるのは良くありません。

台本を読むだけの、無機質なセミナーになってしまうからです。

参加者に向けて話すのが基本なので、台本は、いざという時のために使いましょう。

なお、セミナーやプレゼンのテクニックは、書籍でも学ぶことができます。

参考にしてみるのも、良いかもしれませんね。

あわせて読みたい
【セミナーの作り方】「勉強になりました」で終わらせない営業術 セミナーで営業をする。 効果的な販促手法を探している方であれば、一度は聞いたことあるでしょう。 セミナーは、スモールビジネスに非常におすすめの、営業手段です。 ...
あわせて読みたい
あなたは大丈夫?セミナーの集客で、ほんとんどの人が欠けている視点 セミナーを使って、商品・サービスを売る。 スモールビジネスには、人気の手法です。 しかし一方で、 「セミナーの成約率が低い」 「そもそも、セミナーに人が集まらな...
あわせて読みたい
落語に学ぶ!セミナーのスクリプト・台本作りのコツ セミナーを通してお客さんを獲得する。 このようなビジネスモデルは、年々増えてきてますね。 セミナーには、ほとんどの場合、トークスクリプトがあると思います。 いわ...
あわせて読みたい
ここを真似る!優れたセミナーをモデリングする時の6つの着眼点 営業が苦手なスモールビジネスにとって、セミナーはおすすめです。 このは屋も、セミナーを取り入れることで、 「営業=胃痛」 の状態から、脱出できました(笑)。 【...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる