メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【セミナー集客の肝】多くの人に欠けている「見込み客集め」の発想

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

セミナーを使って、商品・サービスを売る。

スモールビジネスには、人気の手法です。

しかし一方で、

  • 「セミナーの成約率が低い」
  • 「そもそも、セミナーに人が集まらない」
  • 「商品・サービスが売れない」

こんな悩みを抱えている方も、たくさんいます。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

欠けている視点

参加者が集まらなかったり、開催したとしても、うまく売れない。

こんな場合は、ある視点が欠けているかもしれません。

今回を機に、振り返ってみてください。

集客は、少なくていい

セミナーを使って営業する場合、集客人数は少ないほうがいいです。

多くても、8人が限度でしょう。

それ以上増えると、コミュニケーションが薄くなります。

その結果、商品・サービスの購入率は下がってしまう…

「販売」が目的のセミナーなら、少人数から始めましょう。

とはいえ、ゼロでは始まらない

「少ないほうが、いい」

と言っても、さすがに1人も来なければ、開催すらできません。

むろん、知り合いを呼んでも、お客さんにはなってくれません

知り合いを呼んだ場合、その後2人で飲んで帰るくらいです(笑)。

集客は少なくていいけど、ゼロではお話になりませんね。

ではどのようにセミナーに人を呼ぶのか。

募集をする前に、勝負は決まっている

結論をお伝えすると…

セミナーをする前に、勝負は決まっています。

「ん、どういうこと?」

続けますね。

見込み客の数

要するに、セミナー集客の成績は、

「セミナーに呼べる、見込み客の数」

によって左右されます。

案内できる人がいるか

「来月、セミナーを開催しよう」

となった際に、すでに案内できる見込み客がいるとしたら、どうでしょう。

集客のハードルは、そこまで高くないですよね。

メルマガでセミナー開催の告知を行えば、一定数は埋まります。

メルマガだけで、セミナー集客が済んでしまう人もいますからね。

あわせて読みたい
【自主セミナー集客のコツ】見込客リストを集めること1点に尽きる 【自主セミナー集客のコツ】見込客リストを集めること1点に尽きる

見込み客集めの発想すら、ない

しかし意外と、この見込み客発想がない人が目立ちます。

見込み客がいないのにも関わらず、

「来週のセミナーに、8人呼びたい」

となっても、難しいですね。

できなくもないですが、永続性はありません。

今すぐ客は少数

いきなり告知して、集客する。

こんな突貫工事のような集客は、おすすめできません。

よほどの切羽詰まった、「今すぐ客」であれば参加してくれます。

しかしながら、そういった「今すぐ客」は、少数派です。

売る前に、関係性構築

なので、いきなり売らずに、関係性を構築しておく必要があります。

  1. 見込み客を集めて
  2. 関係性を構築して
  3. セミナーを告知する

このような流れで集客します。

あわせて読みたい
【セミナー講師必見】参加者と信頼関係を築く簡単なテクニックとは? スモールビジネスを営んでいる方であれば、 セミナーを開催して、 情報提供を行い、 その後に、商品・サービスを案内する このような販促をしている方も、多いのではな...
あわせて読みたい
【即実践できる】セミナー営業の成功と失敗を分ける「場作り」の極意 スモールビジネスなら、セミナーを開催する方も多いでしょう。 コンサルタント コーチ カウンセラー このような、知識やノウハウを扱う人にとって、セミナーは有効です...

見込み客を集めるには?

では、どのように見込み客を集めるのでしょうか。

おすすめの方法は、「無料プレゼント」です。

  1. 無料で、プレゼントを配る
  2. その代わりに、連絡先をもらう
  3. その連絡先に、価値ある情報を送る
  4. セミナーの告知をする

いきなり売らず、まずは無料で試してもらんです。

連絡先を獲得することが、スタート

無料プレゼントで、連絡先を集めることができる。

そうしたら、後は接触(情報提供)をすればいんです。

このフォローの中で、繋がりを維持し、次の商品へと導きます。

見込み客リスト=資産

ここで得た、連絡先は、資産となります。

「見込み客リスト」とも呼ばれていますよね。

ダイレクトマーケティングを学ぶと、この辺はもっと理解できるでしょう。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

見込み客リストが増えれば増えるほど、セミナーに案内できる人が増えていきます

新規客を集めるよりも、見込み客を集める。

この方向で集客を行っていくと、セミナー集客は怖くありません。

焦らず、腰を落ち着けて、見込み客を集めていきましょう。

あわせて読みたい
【1つの質問】セミナーで商品・サービスが自然と売れるようになるコツ セミナーでお客さんを獲得する時に、伝えなければならないことがあります。 それは、「必要性」です。 これまで、100以上のセミナー撮影・運営のサポートを行ってきまし...
あわせて読みたい
【鉄則】売れるセミナーやプレゼンで行うべき2つの重要ポイント お客さんを獲得するために、セミナーを開催する。 これは、多くのスモールビジネスが、採用している販促方法です。 それだけ、効果的な、方法なんですね。 ところが、全...
あわせて読みたい
【セミナー営業】一瞬で専門家ポジションを作る、自己紹介テンプレート セミナーを、ビジネスに活用する方は、多いですよね。 一方で、 セミナーを開催したけど、商品の販売につながらない セミナー後、個別面談を実施したけど、セールスが決...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる