メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【初心者必見】読まれるブログ記事の書き方レシピ【具体と抽象を使う】

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「オンライン集客を始める時に、何からやればいいですか?」

よく、このような質問をされます。

人それぞれ、得手不得手がありますから、「絶対これ!」というものはありません。

しかし、割とよく勧めるのが、ブログです。

無料で始められるし、気軽に取り組むことができますからね、

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

ブログから始める

スモールビジネスでも、ブログに取り組んでいる人は多いでしょう。

  • SEO対策
  • コンテンツマーケティング
  • アフィリエイト
  • …etc

ブログを書くことで得られるメリットは、たくさんあります。

ブログの具体的な方法論について、書かれた書籍も発売されています。

事業をやっていれば、欠かせないメディア

起業して、何らかの事業を行っている。

そうであれば、ブログやホームページでの情報発信は、不可欠な時代です。

うまくいけば、広告費をかけずとも、集客をすることが可能になります。

ブログ記事をどんどん更新していれば、自然とお客さんが集まる。

夢物語ではありません。十分可能なことです。

いざ書こうと思うと…

しかし、いざブログ記事を書くとなると、迷うことも多いのも否めません。

  • 「どんな記事を書いたらいいのか」
  • 「どんなキーワードを設定すればいいのか」
  • 「ネタ切れで、記事の更新が続かない」

といった悩みが、少なからずあると思います。

そこで、今回の内容です。

ネタ切れせずに、読者に役立つコンテンツを作る方法についてお伝えします。

お客さんのお困りごと=ネタ

ネタ探しに悩む人は、基本的に、

「ターゲットのお客さんの悩み」を分析しきれていません。

なので、まずは「悩み分析」を徹底的にします。

そして、その悩みに関連するキーワードをピックアップします。

あわせて読みたい
【無料キーワードマップツール】おむすび・keysearch Betaの使い方 ウェブ集客に取り組む際には、検索キーワードを選定しますね。 あなたは普段、どのように検索キーワードを選定しているでしょうか? 攻略するキーワードを決める そのキ...
あわせて読みたい
【検索意図とは】キーワード選定の際に大切にしたい考え方と調べ方 「今日、何時に仕事終わる?」 先日、小学生の頃の友人から、久しぶりにLINEメッセージが来ました。 「夜の7時くらいかな~」と答えると、友人は、「そっか...。」 …。 ...
あわせて読みたい
【検索キーワード選定とは】パソコン初心者にオススメのやり方と手順 ウェブ集客において、「キーワード」は基本です。 ブログ集客 リスティング広告 YouTube集客 いずれも基点となるのは、キーワードです。 【キーワード選定】 ウェブ集客...

ブログのコンテンツ作り2つの視点

キーワードが決まれば、後は記事を書くだけです。

記事が溜まっていくと、ブログ内のコンテンツが充実してきます。

でも、どうやってブログ記事を書けばいいのか。

その方法はとても簡単です。

以下の2つの視点で記事を書いて言ってみてください。

まずは手順を並べる

どんな業種業態であれ、使える方法です。

何かを実現する、達成するためには必要なステップがあります。

そのステップを並べてあげます。

例えば、

  • 『カフェを開業するための12ステップ』
  • 『脱サラから起業までの7ステップ』
  • 『汚い部屋がスッキリ片付く4ステップ収納方法』

のような記事が、まずは書けます。

そして次に、、、

具体的な内容書く

続いて、一つ一つの要素に対して具体的な記事を書きます。

先程の『カフェを開業するための12ステップ』で考えると…

カフェを開業するためには、「物件取得」が必要です。

その「物件取得」に対して、細かい内容の記事を、書けばいいのです。

『カフェを開業したい人必見!物件の選び方の超重要ポイントまとめ』

という記事を書けばいいいですね。

これで2つ目の記事が出来上がりです。

抽象と具体を書き分ける

記事のネタを考えるときには、抽象と具体で考えます。

  1. 全体の大まかな流れを教える記事
  2. 部分的な、詳細を教える記事

をうまく分けましょう。

抽象は、全体像や概要といったイメージです。

まずは大きな流れをつかんでから、詳細を学ぶという順番が自然ですね。

編集後記

  1. ユーザーの悩みを考える
  2. キーワードをリストアップ
  3. 「手順」の記事を書く
  4. 「具体的内容」を書く

何事も、手順を踏めば、難しくありません。

早速、1記事書いてみましょう。

あわせて読みたい
【テンプレ公開】集客につながるブログ記事の書き方5ステップ 「ブログ記事の更新が、なかなか続かない…」 と、悩んでいませんか? ブログを書きたいけど、書き方がわからない キーワード選定だけして、先が進まない 1つの記事を書...
あわせて読みたい
【ブログやメルマガで使える】読みやすい文章を書く4つのテクニック 「文章を書く」ことは、ウェブ集客に取り組んでいく上で、避けては通れません。 メルマガを発行する ブログを更新する セールスレターを書く ソーシャルメディアで投稿...
あわせて読みたい
【無料集客と有料集客】どちらが難しい?起業初期ほど広告が有効な理由 祖父が、事業家です。 会社は、創業40年を超えます。 40年以上続く会社をつくった祖父を、尊敬しています。 【祖父の言葉】 そんな祖父から昔話を聞いている時に、こん...

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる