メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【検索キーワード選定とは】スモールビジネスにオススメのやり方と考え方

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ネット集客において、「キーワード」は基本です。

  • ブログ集客
  • リスティング広告
  • YouTube集客

いずれも基点となるのは、キーワードです。

目次

キーワード選定

ネット集客に取り組む際には、必ず一番はじめにキーワードを選定しますね。

キーワード選定の方法」といった記事や本も、よく見かけるでしょう。

このキーワード選定を、あなたはどのようにおこなっているでしょうか?

一般的な手順

一般的には、以下のような手順でしょうか。

  1. 「攻略するキーワード」を、決める
  2. キーワードツールで、「関連キーワード」をピックアップする
  3. 「検索ボリューム」が多い順番に並び替える
  4. 上から順番に、記事を更新する

ただし、日々スモールビジネスオーナーと現場で接していると、気付きます。

キーワード選定している人は少ない?

実際のところ、このようにキーワードを選定している人は、多くないということです。

キーワードを意識せず、とりあえずブログ記事を書いている人が、大半なのです。

やっているとしても、検索エンジンで、サジェストキーワードを確認しているくらい。

前述の手順は、そもそもパソコン初心者には、ハードルが高すぎるのです。

キーワード選定していない?

実際のところ、ほとんどの人は、キーワード選定をしていません。

これが、スモールビジネスの現場の実情です。

でも、いずれにしても、同じようなものです。

結局、見ているのは?

  • 関連キーワードをピックアップする
  • キーワードを並び替える

結局のところ見ているのは、「検索ボリューム」です。

誤解を恐れずに言えば、検索ボリュームを見る必要はありません。

なぜか。

ビッグキーワードとスモールキーワード

その説明をする前に、まずキーワードの種類を把握しておく必要があります。

キーワードには、

  • ビッグキーワード
  • スモールキーワード

があります。

ビッグキーワードとは

ビッグキーワードとは、たとえば、スモールビジネスでいうと、

  • 「治療院」
  • 「エステサロン」
  • 「パン教室」
  • …etc

といったものです。

要するに、「キーワード」1語のものです。

スモールキーワードとは

スモールキーワードとは、たとえば、

  • 「治療院 おすすめ」
  • 「エステサロン 人気」
  • 「パン教室 個人」
  • …etc

といったものです。

要するに、「キーワード + 複合キーワード」のものです。

スモール → ミドル

ですが、このスモールキーワードは、実はスモールでは無いのですね。

実際に、先程のキーワードを検索エンジンに入力してみると、

  • 「治療院 おすすめ 肩こり」
  • 「エステサロン 人気 施術」
  • 「パン教室 個人 東京」

と、さらに複合キーワードが、候補として表示されます。

つまり、ビッグとスモールの間に、ミドルがあると考えた方が良いということです。

検索力とキーワード選定力の向上

  • 情報受信者は、検索能力が上がっている
  • 情報発信者も、キーワード選定能力が上がっている
  • そもそも、情報自体が増えている

このような背景から、「スモール」キーワードを攻略する必要が出てきているのです。

ビッグとミドルとスモール

整理すると、

ビッグキーワードは、

  • 「治療院」
  • 「エステサロン」
  • 「パン教室」
  • …etc

ミドルキーワードは、

  • 「治療院 おすすめ」
  • 「エステサロン 人気」
  • 「パン教室 個人」
  • …etc

スモールキーワードは、

  • 「治療院 おすすめ 肩こり」
  • 「エステサロン 人気 施術」
  • 「パン教室 個人 東京」
  • …etc

ということです。

「検索ボリューム」を見る必要が無い理由

さて、話を戻しましょう。

なぜ、検索ボリュームを見る必要が無いのか。

ここで、スモールビジネスオーナーの、あなたに考えて頂きたいことがあります。

ビッグキーワードとミドルキーワードとスモールキーワード。

それぞれを眺めてみて、どのキーワードが、商売に結び付きそうでしょうか?

どのキーワードが、商売に結び付きそう?

たとえば、あなたが治療院オーナーだとして、

  • 「治療院」

と検索する人が、ご自身の治療院に訪れそうでしょうか?

…。

ちょっと、考えにくいですよね。

少なくとも、

  • 「治療院 おすすめ 肩こり」

と比較すると、訪れる可能性が少なそうです。

商売に結び付くかどうか

つまり、

  • 「検索ボリューム」の多い順=ビッグ > ミドル > スモール
  • 商売に結び付く順=スモール > ミドル > ビッグ

ということです。

そもそも、「検索ボリューム」を狙うというのは、広告収益モデルのやり方です。

広告収益を狙うなら、できるだけボリュームが多い方が良いでしょう。

我々は、スモールビジネス

ですが、我々スモールビジネスは、そうではありませんね。

実業の商売に結び付くかどうかが、重要なはずです。

であれば、商売に結び付きやすいスモールキーワードを攻略した方が良い。

では、どうやって、スモールキーワードを攻略すれば良いのでしょうか?

スモールキーワードの攻略方法

スモールキーワードの攻略方法としては、

  • 検索エンジンのサジェストを参考にする
  • キーワードツールの関連キーワードを参考にする
  • キーワードマップを作る(マインドマップ等で)
  • キーワードマップツールを使う

といった方法が、あります。

ご自身のやりやすい方法で、実践すると良いでしょう。

商売に結び付きやすいスモールキーワードを攻略する

もちろん、大切なのは、検索ボリュームを狙わないということです。

商売に結び付きやすい「スモールキーワード」を攻略することを忘れないことです。

我々スモールビジネスは、商売に結び付きやすいキーワードの攻略がおすすめです。

ネット集客については、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

我々は、スモールビジネスです。

  • 検索ボリュームを狙わないこと
  • 商売に結びつきやすいキーワードを攻略していくこと

忘れずに、実践していきたいものですね。

あわせて読みたい
【無料キーワードマップツール】おむすび・keysearch Betaの使い方 ウェブ集客に取り組む際には、検索キーワードを選定しますね。 あなたは普段、どのように検索キーワードを選定しているでしょうか? 攻略するキーワードを決める そのキ...
あわせて読みたい
【Googleトレンド活用法】使い方や活用方法を初心者向けに簡単に解説 【Googleトレンド活用法】使い方や活用方法を初心者向けに簡単に解説
あわせて読みたい
【検索意図とは】SEOキーワード選定で大切にしたい考え方と調べ方 【検索意図とは】SEOキーワード選定で大切にしたい考え方と調べ方

動画

【検索キーワード選定とは】スモールビジネスにオススメのやり方と考え方

スライド

音声

目次