fbpx

費用のかかる有料集客を、「難しい」って、すぐ切り捨ててない?

祖父が、事業家だ。

会社は、創業40年を超える。

40年以上続く会社をつくった祖父を、とても尊敬している。

祖父の言葉

そんな祖父から昔話を聞いている時に、こんなことを言われた。

「難しい物に、触れ続けなさい。それがお前を、成長させてくれるから。」

これは、祖父の経験からの言葉だった。

懐中電灯をつけながら、読んだ本

地方から上京して、第二次世界大戦を経験した祖父は、終戦後に大学に入学する。

貧しくて、ろくな環境では無かったらしい。

夜中に懐中電灯をつけながら、本を読んだという。

そんな中、あるとき祖父は、「哲学」の本を読んだ。

それ自体に、意味がある

何が書いてあるのか、サッパリわからない。

でもこの経験が、後に役に立ったと語っていた。

「わからなくてもいい。わかろうと、努力すること。それ自体に意味があるんだ。」

祖父の言葉が、とても印象に残っている。

無料集客は、簡単?

商売でも、同じではないだろうか。

たとえば、ウェブ集客。

一般的に「簡単」だと考えられているのは、「無料集客」である。

ブログ・ユーチューブ・ソーシャルメディア

たとえば、

  • ブログ集客
  • ユーチューブ集客
  • ソーシャルメディア集客

などのこと。

要するに、費用がかからない集客のことである。

有料集客は、難しい?

それに対して、「難しい」と考えられているのが、「有料集客」だ。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • フェイスブック広告

などのこと。

ダイレクトにお金がかかるので、「難しい」と考えられているようだ。

実は、有料集客の方が、簡単

もちろん、どこに主眼を置くかによる。

だが、シンプルに「集客する」ということを考えた場合。

実は、「無料集客」よりも、「有料集客」の方が、圧倒的に簡単だ。

もし、無料集客しかできなかったら…

仮に私が、もし知り合いのセミナー講師に、

「今週末のセミナーに、集客をしたい」

と、相談されたとしよう。

そのとき、「無料集客」しかできないとする。

できることは、何もない

であれば、はっきり言って、できることは何もない。

おそらく、手を尽くした上での相談のはずだからだ。

だが、「有料集客」を使って良いとする。

であれば、ほぼ確実に集客することができるだろう。

極端な話、テレビCMでも打てばいい。

これなら、絶対に集まるだろう。

無料で、集客できないだけ

つまり、「集客できない」という人。

そういう人は、実は、集客できないのではない。

「無料で」、集客できないだけだ。

費用をかければ、誰だって、集客することができる。

「集客できる」という未来

たしかに、広告出稿にあたっては、難しいと感じるところがあるかもしれない。

だが、それを乗り越えた後には、「集客できる」という未来が待っている。

商売における問題の大半は、「集客」である。

「難しい」って、すぐ切り捨ててない?

この問題を、解決できるのであれば、取り組む価値があるのではないだろうか。

有料集客を「難しい」って、すぐ切り捨ててしまうのは、もったいない。

無料集客に加えて、有料集客も選択肢に入れてみることを、おすすめする。

編集後記

よく「事業が軌道に載ってから、広告を始めたい」という人がいる。

確かにそういった使い方もあるが、広告の使い方は、それだけではない。

むしろ本当は、立ち上げ時ほど、広告が有効なのだ。

だって、無料集客の方が、有料集客よりも、難しいのだから。

(参考:広告の費用相場や予算目安なんて初心者には関係無い