キーワード選定のコツは裏に隠れた検索意図を探ること

「今日、何時に仕事終わる?」

先日、小学生の頃の友人から久しぶりにLINEでメッセージが来た。

「夜の7時くらいかな~。」と答えると、友人は、「そっか」。・・・沈黙。長いこと連絡を取っていなかったので、うれしい反面、何かあったのかな?と思い返信した。

「何かあったん?」すると、友人は「最近フラレちゃってさ~。銭湯でも行って話さない?」要するに、ガールズトークならぬボーイズトークの誘いだったわけだ。

その後、私たちが銭湯に行ったのかどうか、どんなことを話したのかは置いておこう。今回の話で大切なのは、友人がただ単純に私の終業時間を知りたかったわけではないということだ。

最初の質問に答えるだけであれば、「夜の7時」という答えで十分だ。でも、友人が本当に知りたかったのは、私が何時に仕事が終わるかではない。

「今日、銭湯に行けるかどうか。」を知りたかったわけだ。その質問に答えるためには、最初の返答だけでは不十分だろう。

転換点となったのは、「何かあったん?」という質問だ。その質問をしたことで、フラレたことと銭湯に行きたいという友人の想いを聞くことができたわけだ。

つまり、質問の裏に隠された「意図」を知ることができたわけである。なんの変哲もない、普通のコニュニケーションだ。日常生活では、誰もが当たり前のようにおこなっている。

ただ、ウェブ集客となると、途端にこの当たり前ができなくなってしまうのだ。

ただ検索をしたいわけじゃない

「欲しいのは、悩みや願望を解決してくれるもの」

ウェブ集客の基本は「キーワード」だ。ブログ集客、ユーチューブ集客、リスティング広告、いずれもキーワード選定が必須になってくる。

「キーワード選定の方法」なんていう記事や本もよく見かけるだろう。ただ、ここで大切なのは、「ユーザーはそもそも検索したいわけじゃない」ということである。

どういうことだろうか?たとえば、あなたは「いま何時か」を知りたいというときにグーグルで「今 何時」と検索するだろうか?まず、しないだろう。

時計や携帯を見ればわかる。検索せずに済むのであれば、わざわざ検索する必要なんてないわけだ。でも、検索しないとわからないから、面倒だけど仕方なく検索する。

これが、そもそもユーザーが検索する理由である。つまり、ブログやユーチューブで公開するコンテンツというのは、ただ単純にキーワードを抑えておけば良いわけではないということだ。

キーワードの裏に隠された「意図」を探る必要がある。先ほどの会話でいうと、「何かあったん?」の部分である。

この部分を知らなければ、相手を満足させてあげることはできない。それは、会話でもブログ記事でもユーチューブ動画でも同じこと。

キーワードが大切じゃない、というわけではないが、本当に大切なのは、キーワードの裏の「意図」だ。

ブログ記事やユーチューブ動画を更新する際には、キーワードだけでなく、その裏に隠された「意図」も考えて取り組んでいこう。

編集後記

キーワード選定のコツは、裏に隠れた検索意図を探ること。

検索意図を理解するのに、一番てっとり早いのは自分自身の検索履歴を見返すことだろう。

どこかの誰かがどういう意図で検索するのかよりは、自分がその時にどういう意図で検索したかを考える方がよっぽど簡単だ。

キーワードは、ツールを使って選定するよりも、まずは自分の検索履歴から拾っていくことをおすすめする。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで