メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【なぜ検索するのか?】キーワード選定で大切なのは、ユーザーの検索意図

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「今日、何時に仕事終わる?」

先日、小学生の頃からの友人から、久しぶりにLINEメッセージが来ました。

「夜の7時くらいかな~」と答えると、友人は、「そっか…。」

沈黙。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

「何かあった?」

その友人とは、長いこと連絡を取っていませんでした。

ですので、うれしい反面、何かあったのかな?と思い、返信しました。

「何かあった?」

すると友人は、「最近フラレちゃってさ~。銭湯でも行って話さない?」

・・・

・・・

・・・

ボーイズトーク

要するに、ガールズトークならぬ、ボーイズトークの誘いだったわけです。

その後、私たちが銭湯に行って、どんなことを話したのかは置いておきましょう。

今回の話で伝えたいことは、別にあります。

それは、「友人は、単純に私の終業時間を知りたかった訳では無い」ということです。

友人が、本当に知りたかったのは?

最初の質問に答えるだけであれば、「夜の7時」という答えで、十分ですね。

でも友人が本当に知りたかったのは、私が何時に仕事が終わるかではありません。

  1. 今日、銭湯に行けるかどうか
  2. フラれた話を聞いてくれるかどうか

これらを、知りたかったわけです。

その質問に答えるためには、最初の返答だけでは、不十分でしょう。

質問の裏に隠された「意図」

転換点となったのは、「何かあった?」という質問です。

その質問をしたことで、

  1. フラレたこと
  2. 銭湯に行きたい

という友人の想いを聞くことができたわけです。

つまり、質問の裏に隠された「意図」を知ることができたわけです。

なんの変哲もない、普通のコニュニケーションです。

日常生活では、誰もが当たり前のようにおこなっているでしょう。

ただ、ウェブ集客となると、途端にこの当たり前ができなくなってしまうのです。

キーワード選定で、覚えておきたいこと

ウェブ集客の基本は、「キーワード」です。

  1. ブログ集客
  2. ユーチューブ集客
  3. リスティング広告

いずれもキーワード選定が、必須になってきます。

キーワード選定の方法」といった記事や本もよく見かけるでしょう。

ただ、ここで覚えておきたいことがあります。

それは、「ユーザーは、そもそも検索したい訳では無い」ということです。

今、何時?

どういうことでしょうか?

たとえば、あなたが「今、何時か」を知りたいとします。

検索エンジンで、「今 何時」と検索するでしょうか?

まず、しないでしょう。

時計や携帯を見れば、分かるからです。

検索は、仕方なくするもの

検索せずに済むのであれば、わざわざ検索する必要なんてありません。

でも、検索しないと分からない。

だから、面倒だけど、仕方なく検索する。

これが、そもそもユーザーが検索する理由です。

つまり、ブログやユーチューブで公開するコンテンツ。

それらは、単純にキーワードを抑えておけば良い訳では無いということです。

キーワードの裏に隠された「意図」

キーワードの裏に隠された、「意図」を探る必要があります。

先ほどの会話でいうと、「何かあった?」から先の部分です。

  1. フラレたこと
  2. 銭湯に行きたい

この部分が分からなければ、当然、相手を満足させてあげることはできません。

それは、会話でも、ブログ記事でも、ユーチューブ動画でも同じことです。

「意図」を考えよう

もちろん、「キーワードが大切じゃない」というわけではありません。

ですが、本当に大切なのは、キーワードの裏の「意図」です。

ブログ記事や、ユーチューブ動画を更新するとき。

その際には、キーワードの裏に隠された「意図」を考えて取り組んでいきましょう。

編集後記

キーワード選定のコツは、裏に隠れた検索意図を探ること。

そのために、一番てっとり早いのは、自分自身の検索履歴を見返すことでしょう。

  1. どこかの誰かが
  2. どういう意図で検索するのか

よりも、

  1. 自分が
  2. どういう意図で検索したか

を考える方が、よっぽど簡単です。

キーワードは、ツールを使って選定するのも良いでしょう。

ですが、自分の検索履歴から拾っていくこともおすすめします。

あわせて読みたい
キーワードマップ無料ツール2選 | OMUSUBI・keysearch Beta あなたは普段、どのようにキーワードを選定しているだろうか? 攻略するキーワードを決める そのキーワードの関連(サジェスト)キーワードを一括取得する 月間検索ボリ...
あわせて読みたい
Googleトレンドの使い方:キーワードの検索数を期間で比較できる Googleトレンド、活用していますか? キーワードの検索数を、期間で比較することができます。 今回は、「Googleトレンドの使い方」をご紹介します。 【Googleトレンドの...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる