ランディングページを業者でなく自分で作る際の2つの注意事項

ウェブ集客で重要なポイントは、「部分的なノウハウ」ではなく「導線設計」です。

これは散々お伝えしていることなので、さすがにご理解いただけているかと思いますが、念のため^^;

しかし

「自分は導線設計できているのかな?」

と、はっきりした解を持っていない方もいらっしゃると思います。

そんな方に向けて簡単な質問をご用意しました。

導線設計ができているかの3つの基準

以下の3つの質問にすべて当てはまっていれば、あなたはウェブ集客の導線設計ができています。

・メルマガリストに告知を行うと成約率が40%上
・1日でウェブマーケティングのフローを構築できる(ローンチなど)
・理想的なお客さんが自然と集まる

3つすべてに当てはまるのであれば、その時点で読むのを止めてしまって結構です。

上記が問題ないようであれば、すでにウェブから売上があがっているはずなので。

しかし仮に、1つでも欠けている場合は、もう一度導線設計を見直してみましょう。

そして今回はその導線設計の中からかい摘んで、1つお伝えします。

今回のテーマはランディングページについてです。

ランディングページで必要な2つの力

弊社のワークショップでもお伝えしていますが、ランディングページで必要な力は2つあります。

それは

書く力
カタチにする力

になります。

ランディングページというと、コピーライティングに目が行きがちですが、

・どんなツールを使って
・どのように作るのか

という部分も大切です。

実際このようなことに困って、私たちのところに来て頂けるわけです。

ただし、ここで注意が必要です。

書く力にしろ、カタチにする力にしろ、やり過ぎ病(オタク)になってしまうと、うまく立ちいかなくなります。

ノウハウもPCスキルも、”ほどほど”がいいです。

ランディングページの「書く」力

では、ランディングページの書く力について簡単に見ていきましょう。

ランディングページで成果を出すコツは、ストーリーの一貫性にあります。

ランディングページを作る際は、ターゲットの悩みから考えます。

そして、ランディングページ全体を通して、

「自分の悩みをここなら解決してくれそう」

という刷り込みを行っていくわけですね。

ですので、悩みがすべての源になります。

・提案する商品も
・打ち出すベネフィットも
・保証も
・特典も

すべて、悩みに被せて考える必要があるわけです。

肌荒れで悩む人に、「美白になりますよ〜」といっても響かないですよね。

美白はあくまでも追加のメリットであって、肌荒れを治すという主目的が機能していません。

ターゲットは、悩みを解決してくれなさそうな商品には、まず申し込みませんからね。

それから、

この人の価値観が好き、世界観が素敵

というのは、後の話です。

「悩みを解決してくれそう」

という感情が先行します。

ですので、悩みをベースにした構成にしていく必要があります。

そして、この悩みはできるだけ具体的でないと響きません。

太っていることが悩みの人も、

二の腕なのか、下半身なのか、アゴ周りなのか、それぞれです。

お客さんの頭の中の文句や愚痴を想像すると、具体的な悩みに近づけるはずです。

実際にターゲットのお客さんと、カフェで会話をするようなイメージで考えていくと、具体的な悩みが出てきます。

ランディングページの「カタチにする」力

続いては、ランディングページのカタチにする力ですね。

これは技術的なものなので、ここで説明は難しいのですが、使うツールについてお伝えしますね。

それは、

ペライチというツールです。

もちろんその他にも、国内外問わず優秀なツールはあります。

しかし、散々試した結果、ペライチが総合点が高いです。

ワンタッチ操作でランディングページが作れるので、初心者も比較的使いやすいです。

ペライチを使っていけば、ランディングページ自体は作れます。

しかし、問題はここからです。

「このランディングページを使ってどうやって集客するの?」

という質問をかなりの方にもらいました。

ランディングページが完成しても、放おっておいてはお客さんは来ません。

仕組みとしてきちんと動かす必要があります。

ランディングページは、導線設計の順番である

集客→育成→販売→維持

の中の、「販売」の部分に過ぎません。

となると、その他3要素を設計する必要が出てきます。

本当はここまでできてはじめて、

カタチにした

といえます。

ぜひ、書く力とカタチにする力を身に付けて頂いたら

導線設計を行うことに、時間を割いてみて下さい。

この仕組みがないだけで、

・忙しくて時間が作れない
・キャッシュが今月きつい

ということの無限ループに陥ってしまう方をたくさん見てきました。

ぜひ、正しい順番でウェブ集客を組み立てて下さいね(^o^)

編集後記

今回は、『ランディングページを業者でなく自分で作る際の2つの注意事項』についてご紹介しました。

ノウハウだけに目が行きがちですが、大切なのは早く形にすることです。

「知る」よりも「やる」ことが遥かに重要です。

どんどん手を動かしていきましょう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで