PASONAの法則を内包したランディングページテンプレート

「コピーライティングの原則」

PASONAの法則は、コピーライティングの原則だ。コピーライティングには、PASONAの法則をはじめ、

  • AIDAの法則
  • AIDMAの法則
  • QUESTの法則

など、いくつかの法則がある。その中でも、PASONAの法則は、スモールビジネスにおけるコピーライティングの原則といえる。

よく「どれが一番いいの?」と聞かれることがあるが、正直なところ、どれも大して変わらない。

大切なのは、

  • それぞれの特徴を「比較」することではないし
  • 良いところを「まとめる」ことでもないし
  • どれが優れているかを「批評」することでもない

それよりも、どれか一つに決断して、実際に「活用する」ことが一番大切だ。決断する理由なんて「神田昌典さんが解説しているから」で十分。

我々スモールビジネスはコピーライティング以外にもやることがたくさんあるのだ。さて、それでは簡単にPASONAの法則を確認しよう。

  • P:Problem(問題提起)
  • A:Agitation(問題説明)
  • So:Solution(解決策)
  • N:Narrow down(限定性)
  • A:Action(行動)

これらの頭文字をとって、PASONAという。P〜Aの流れで伝えることで、人が行動しやすくなる。それぞれについてシンプルに整理しよう。

  • P:問題を提起する
  • A:問題を説明する
  • So:解決策を提示する
  • N:何かしらの限定性を出す
  • A:行動を促す

これだけでオーケーだ。この流れを理解すれば、晴れてあなたは「PASONAマスター」だ。「いやいや、全然マスターしてないよ」だって?

前述したとおり、目的は、PASONA他の法則について「批評」することではなく、実際に「活用する」ことなので、大まかな流れが理解できれば十分なのだ。

では、肝心の「使い方」について確認していこう。

PASONAの使い方

「セールスのあらゆる場面で使える」

まずは、PASONAの法則を使うところだが、セールスにおけるあらゆる場面で活用できる。オフラインでいえば、

  • DM
  • FAXDM
  • チラシ

などで活用できるし、オンラインでいえば、

  • ランディングページ
  • プロダクトローンチ
  • メールマガジン

などで活用することができる。要するに、セールスのあらゆる場面でPASONAの法則は活用できるということだ。

文章だけで活用できるわけではない。動画でも活用できるし、実際の商談の場面などでも活用することができる。

その中でも、今回はランディングページを取り上げて解説していきたいと思う。

ランディングページとは何か?については、『ランディングページとは』で詳しく解説している。

また、ランディングページの作り方については、『誰でもランディングページが作れるツール』でランディングページを作ることのできるツール「ペライチ」の使い方について解説している。

さて、ランディングページにおけるPASONAの活用の仕方である。

結論からお伝えしよう。『15の構成テンプレートで作成!ランディングページ制作方法』にしたがって、文章を書いていくことで活用できる。

解説している15の構成テンプレートには、PASONAの法則が内包されている。テンプレートに従って、文章を書いていくことで、意識せずともPASONAを活用することができる。

編集後記

ノウハウや手法の「学習」ではなく、「実践」にコミットするのであれば、「最低限」にこそ価値がある。

PASONAの法則も「最低限」を知るだけで、十分に活用することができる。

テンプレートを活用してみることをおすすめする。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで