fbpx

ウェブ集客初心者向け速習講座 | おすすめの3つのツールと成功のコツ

ウェブ集客というと、言葉はシンプルですが、中身は繁雑です。

やるべきこと、できることが沢山あるように思える。

そして、やる気を損ねてしまいがちです。

でも、難しく考える必要はありません。

シンプルに考えることで、うまくいくようになります。

視野が広がると、行動できなくなる

複雑に考えると、悪循環に陥りがちです。

最近読んだ本の一節で、

「人間は賢くなって、視野が広がると、行動できなくなる」

と書かれていました。

選択肢が増える=迷う

視野が狭いうちは、見えているものが少ない。

そんな時は、それを実行するしかありませんね。

しかし、勉強して知識が増えると、選択肢が増えます。

選択肢が増えるということは、当然迷います。

そして悩みます。

何かを選ぶ=何かを捨てる

そしてどれかを選ぶという行為は、同時に何かを捨てること意味します。

トレードオフの状態ですね。

そうなると、後悔という感情と無縁ではいられません。

だから、行動へのブレーキがかかってしまうわけですね。

20歳で起業と40歳で起業

  • 20歳で起業する
  • 40歳で起業する

この場合、20歳のほうが、起業しやすいでしょう。

なぜなら、何も知らないからです。

40歳であれば、視野も広がり、沢山のことを知っている。(失うものも多い)

二の足を踏んでしまうわけです。

「知っている」のブレーキ

40歳になると、経験や知識が邪魔して、起業に踏み切れない。

20歳は、無鉄砲に行動に移すことができる。

「多くを知っている」よりも「知らない」ほうが、良い方向に働くこともあるんです。

このことは、スモールビジネスオーナーのウェブに関しても同じことが言えます。

スティーブ・ジョブズと小泉純一郎

  • ステーブ・ジョブズの言う「Stay foolish」
  • 小泉純一郎の言う「鈍感力」

今になってやっと、この2人の言葉が納得できます。

  • 勉強して、知識を得ることも大切
  • 考えすぎず、まずは実行に移すことも大切。

二律背反のようですが、この2つは欠かせないことです。

「実践」になると、手が止まる

普段現場で仕事をしていて感じる、スモールビジネスオーナーの悩み。

それは、「実践」の部分であることがほとんどなのです。

皆さん、博識で勉強熱心。

ところが「実践」になると、手が止まる。

そんな方を、多く見てきました。

数ある手法たち

例えば、ウェブマーケティングを考えてみましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • ブログ
  • メルマガ
  • ランディングページ

などと、あらゆる手法が、雨後の竹の子のように出てきます。

勉強するのはいいことだけど…

こういったものを勉強するのは、悪いことではありません。

しかし、知りすぎると行動が鈍くなります。

  • 「これもできるんじゃないか…」
  • 「あれもやらないと、不安…」

と、何でも万能にこなそうとしてしまうからです。

そして、結局実践が遅くなってしまいます。

実は、過去に学んだことない?

何か新しいことを学んで、「なんか良さそう」と思う。

それは、新しいからではありません。

単に、過去に学んだことを忘れてしまっている。

そんなことも、往々にしてあります。

まずは「最低限」を抑える

そんな時は、シンプルに考えましょう。

ウェブマーケティングの、「最低限」を抑えればいいのです。

ウェブマーケティングの「最低限」と言えば、

  1. ブログ
  2. ステップメール(メルマガ)
  3. ランディングページ

です。

悩んだら、まず3つをやってみる

色々と勉強して、どれが自分に適しているかで悩んでいる。

だったらまずは、上記3つは揃えてしまいましょう。

この3つだけで、十分ウェブから売上は立ちます。

バカになってみる

今まで学んだことは、一度横に置いて、バカになってみましょう。

最低限のところだけ、バカになって実践すればいいのです。

賢くなるのは、それからで遅くありません。

バカになると、怖いもの知らずの子供のように、すぐさま行動に移せるようになります。

いまのウェブマーケティングには、この考え方がとても必要だと思っています。

(参考:これだけ!ウェブ集客講座 | 3つの数字とマーケティングの4ステップ

編集後記

増やすのではなく、減らす。

ミニマリストや断捨離。

その潮流が示すように、無駄なものを排除することは、生産的なのです。

たくさんある状態を、一旦リセットしましょう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで