fbpx

カリスマ講師も実践!自分のノウハウをコンテンツ(商品)にする方法

コンテンツマーケティングという言葉も、一般的になりましたね。

ネット集客を行っていく場合、コンテンツを作ることは必須です。

しかし、それがスモールビジネスを営んでいる方の悩みにもなっています。

「コンテンツをどう作ったらいいかわからない」

これは、お客さんからよくいただく質問です。

今回はそんなスモールビジネスオーナーに向けて、コンテンツ化する方法について解説します。

林先生の習慣

「今でしょ!」

このフレーズを聞けば、誰もが林修先生を思い浮かべることでしょう。

たまたま見たテレビ番組で、林先生が興味深いことを言っていました。

小学生時代に、修学旅行から帰ってくると、必ず感想文を書きますよね。

通常でしたら、原稿用紙1枚に、各々の感想を書くところです。

感想文のガイドブック化

しかし、当時小学生の林修少年はこの感想文を、旅行先の写真などを貼り付けて、ガイドブック化してしまったのです。

さらに、歴史の出来事や、少しでも興味や疑問を持った部分は、本などを参考にとことん調べ尽くしたとのことです。

体験を自分の知識として残す

普通であれば、修学旅行を、「楽しかった」「〜がすごかった」で終わらせるでしょう。

ところが、林先生は違います。

体験を自分の頭に知としての残るように、ガイドブックという形にしたのです。

自分の血肉となるよう、自分の物のようにまとめてしまったわけです。

林先生は、小学生ながらにして、この発想があったわけです。

スモールビジネスでも活用できる

これは、スモールビジネス(特にコンサルタント型ビジネス)との、大きな共通点がありますよね。

一旦得た体験・知識を流してしまうのは、もったいないです。

その体験・知識を必要な誰かは、必ずいます。

流してしまわずに、せき止めることが大切なわけです。

ノウハウを「自分の物化」する

ノウハウを自分のものとして、形にしてしまうことが必要ってことですね。

セミナーや書籍を通して何かを学んだら、それを自分のノウハウとして、形にする。

それを欲しがる人に、提供すればいいのです。

自分の物化したら、誰かに届ける

「ノウハウをすぐに形にして、世に送り出す」

この繰り返しを行えば、成果はすぐに出るでしょう。

プロにとっては当たり前のことでも、侮れません。

素人からしたら、目からウロコのことって、案外ありますからね。

あなたの常識は、誰かの非常識

「いや、当たり前だから」という、知の呪縛にとらわれていてはいけません。

プロがやっている、「当たり前」の部分に価値があるんです。

「あなたの常識は、誰かの非常識」ということを、きちんと認識することが大切です。

普段仕事をしていると、素人目線に立ちづらくなります。

しかし、玄人感覚で、素人にコンテンツを届けることは難しいでしょう。

目線を下げることが、第一歩です。

とは言え、コンテンツ作りは難しい?

ここまで読んで、

「ノウハウをコンテンツにするなんて、ハードル高いよ…」

という方も多くいらっしゃるかもしれません。

ご安心下さい。今回はその方法もお伝えします。

ノウハウをコンテンツ化する2つの手順

ノウハウをコンテンツにするステップは以下の2ステップです。

  1. ノウハウを全て棚卸しする
  2. 行うべき順番に整理する

これだけなんですね。

ノウハウや情報の価値は、「順番」にあります。

(参考:セミナーで話すコンテンツの作り方 | 平凡なネタを価値の高いネタにする方法

肝は、順番

  • どの施策を
  • どのような順番で行うか

を示す部分を、みんな知りたいんです。

ブログやメルマガもいいけど…

情報自体は、無料のブログやメルマガなどで手に入れることができます。

ところが、そこには「順番」がありません。

  • 過去のブログ記事を
  • 片っ端から、全部整理して
  • 自分が学習しやすい順番に並べる

こんなことをする人、いません。(いたとしたら、感服です…)

だから、「順番」並べてあげる価値は、高いのです。

  1. ノウハウを全て棚卸しする
  2. 行うべき順番に整理する

難しく考えず、この2ステップで整理しましょう。

自然と価値が上がりますよ。

編集後記

コンテンツを作ることは、大変なことではありません。

あなたのノウハウを、1から順に並べるだけです。

あなたの学んだこと、体験したことを、パッケージ化するんです。

パッケージにすれば、後からいくらでも分解できます。

小分けにして、提供することだってできます。

自由自在にコンテンツを作れるように、まとめていきましょう。

音声