fbpx

労働集約型から、知識集約型へ移行するキーワードは、「ノウハウ化」

「労働集約型だね〜」

この言葉は、お世話になった先輩実業家の人に、初めて会ったときに言われた言葉だ。

ウチの前身は、「セミナー撮影業」。

毎日のように、あちこちで開催されているセミナーの撮影に行っていた。

動けば稼げるけど、動かなければ稼げない

1日に3件のセミナーを、撮影したこともある。

セミナー撮影業というのは、

「動けば稼げるけど、動かなければ稼げない。」

という典型的な、「労働集約型ビジネス」である。

動かなければ稼げない、かつ次月の売上も確約されていない。

また、「フロー型ビジネス」でもある。

フロー型ビジネス

スモールビジネスに限らず、売上の立て方には、大きく2つの種類がある。

「フロー型ビジネス」と「ストック型ビジネス」の2つだ。

「フロー型ビジネス」とは、

  • ウェブ制作会社のホームページ制作
  • 美容室のカット・カラー
  • 税理士の確定申告代行

などのこと。

リピートはあるかもしれないが、契約などをするわけではないので、収入が安定しない。

ストック型ビジネス

「ストック型ビジネス」とは、

  • 携帯電話の代金
  • スポーツジムの月会費
  • 不動産の賃貸料金

などのこと。

リピートが前提なので、一回販売すれば、あとは安定的に収入を得ることができる。

セミナー撮影業は、「フロー型ビジネス」かつ「労働集約型ビジネス」である。

日銭を、稼がなければならない

だから、毎日機材を背負って走り回るしかない。

食っていくために、日銭を稼がなければならない。

値下げ要求にも、対応しなければならない。

そんな姿を見かねて、冒頭のセリフを言われたわけだ。

時には動き続けているのが、ツラくなる

もちろん、労働集約型ビジネスが悪いというわけじゃない。

好きでやっているのだったら、幸せなことだと思う。

でも、時には動き続けているのが、ツラくなる時がある。

実体験だから、よくわかる。

労働集約型から、知識集約型への移行

実は、労働集約型ビジネスをしているからといって、

「それしか、やっちゃいけない」

というわけじゃない。

完全に、知識集約型に移行することは難しいかもしれない。

けれど、一部を移行することは、比較的簡単にできる。

では、どうすれば労働集約型から、知識集約型に移行できるのか?

ノウハウ化する

キーワードは、「ノウハウ化」だ。

例えば、セミナー撮影業であれば、

  1. 「セミナーを撮影する際の、3つの手順」
  2. 「動画を活用して、顧客を獲得する方法」
  3. 「セミナーをDVD化して、販売する方法」

など、業務の一環として行っていることを、ノウハウ化する。

すると、途端に知識集約型へ、移行できる。

文章・音声・動画・セミナー…

あとはそのノウハウを、

  1. 「文章」にしたり、
  2. 「音声」にしたり、
  3. 「動画」にしたり、

すればいい。

同業向けの商品・サービス提供

おすすめなのは、同業向けの商品・サービス提供だ。

具体的には、同業向けに本業で培った

  • ノウハウを伝えるセミナー講師
  • サポートをするコンサルティング

などが挙げられる。

あるいは、書籍の出版やオンラインサロンなども良い。

あなたが、どんな商売をやっているかは関係ない。

たとえば、あなたが治療院の整体師だとする。

どんな商売をやっているかは関係ない

  • 「治療院の開業方法」
  • 「治療院の集客方法」
  • 「治療院のウェブ集客戦略」
  • 「治療院の儲かるチラシ作成方法」
  • 「治療院運営の裏側」
  • 「治療院業界を斬る」
  • …etc

いくらでも発信できる情報があるだろう。

「治療院の〜」の部分を、自らの商売に置き換えれば良い。

普段やっている業務を、ノウハウ化できないか?

「普段やっている業務を、ノウハウ化できないか?」

一度時間をとって、考えてみることをおすすめする。

時間をかけてでもおこなう価値が、大いにある。

編集後記

ノウハウ化したものは販売するのもいいが、使い道は販売だけに留まらない。

一番わかりやすいのは、

  • 「無料オファー」
  • 「無料プレゼント」
  • …etc

といったフロントエンドで活用するということ。

業界や業種は、関係ない。

知識集約型を取り入れていこう。

(参考:職人と商人のハイブリッドとは?技術や体験を「ノウハウ化」しよう

音声