職人と商人のハイブリッド化 – 集客より大切!オンライン教材を販売するのに必要なたった1つのこと

  1. 「「技術力」よりも「集客力」が大切?」
  2. 「良いモノを作っても、知られなければ意味がない?」
  3. 「イイものを作るより、イイものを紹介せよ?」

今回は、このような悩みを抱えている人に向けてお送りする。

「「技術力」よりも「集客力」の方が大切というのは本当なのか」という話から、「職人と商人のハイブリッド化」についてお伝えする。

「いくらいいモノを作っても、知られなければ意味がない」ということをよく聞くと思う。

でもそれって本当だろうか?

世の中にいいモノを生み出す「職人」よりも、それを広める「商人」の方がエライのは本当なのか。

どうすれば、職人が商人のようにいいモノを世の中に広めることができるのか。

今回は、そんな「職人と商人のハイブリッド化」についてお伝えする。

では、さっそく、内容に入っていこう。

まずは、「「技術力」よりも「集客力」の方が大切というのは本当なのか」という話から。

「技術力」よりも「集客力」の方が大切?

知識をノウハウ化する方法 – これだけ!?労働集約型から知識集約型への移行に必要な1つのコト

では、「ノウハウ化」することが大切、ということをお伝えさせて頂いた。

技術を持った「職人」というのは、ついついその技術を高めることに注力してしまいがち。

私たちもずっと映像制作という、技術を高めることに取り組んできた。

より高クオリティの動画を制作できるように。

でもこんなことを聞いたことがないだろうか。

  1. 「技術力」よりも「集客力」が大切
  2. 良いモノを作っても、知られなければ意味がない
  3. イイものを作るより、イイものを紹介せよ

職人は「技術の向上」に終始してしまって、結果的に販売できなくなってしまうことが多い。

それを防ぐために、「どれだけ技術があっても、集客ができなければ意味がない」というようなことが言われているわけだ。

でもコレって本当だろうか?

個人的には「反対じゃない?」と思っている。(というか、資本主義に毒されてない?と思っている。)

もちろん「技術力」よりも「集客力」の方が大切ということは理解できる。

でもそれは、「技術力はどうでもいい」ということじゃない。

前提として「いいモノ」がないと、それこそ意味がない。

要するに、「技術力」あっての「集客力」なわけだから、先にくるのは間違いなく「技術力」。

「技術力よりも集客力が大切」という話が高じて、

  1. いいモノだけど、なかなか世に広まらない

よりも、

  1. わるいモノが、ドンドン世に広まる

のは、どう考えても「具合が悪い」し、本末転倒。

「良いものを作り出す人(職人)よりも、それを広める人(商人)の方がエライ」

という風潮に違和感すら感じる。

「逆だろ」って思う。(私が「職人」出身だからかもしれないけど)

でもその上で、これだけはお伝えしたい。

「ノウハウ化」は大切だ、と。

「職人」から「商人」へ。

拙い言い方だけど、個人的には「商人よりも職人の方がエライ」と思っている。

まとめサイトよりも、元記事を書いた人の方が間違いなくエライ。(たとえ何万PVあろうとね。)

でも、今の世の中では商人の方がエライし、得をしている。

単純化すれば、「いいモノを作っている人」よりも「いいモノを紹介している人」の方が稼いでる。

たとえば、コピーライターとかね。

それをくつがえすためには、「職人の商人化」が必要になってくる。

その第一歩が「ノウハウ化」。

「職人」としての技術や体験を、ノウハウにする必要がある。よく聞く「暗黙知の形式知化」ってやつ。

それができれば、そのノウハウを様々なカタチで活用することができる。

  1. 教材にして、「販売」に活用
  2. マニュアルにして、「教育」に活用
  3. 無料プレゼントにして、「集客」に活用

つまり、「商人」になれる。もちろん、完全に職人から商人になる必要はない。

職人はモノを作ることができるんだから、モノの紹介に終止する必要はない。

「モノづくりもできるし、集客もできる。」

いわば、『職人と商人のハイブリッド』になれるというわけ。

第一歩は「ノウハウ化」するということ。

自分の技術や体験をノウハウ化できないか?

ぜひ考えて、実践してみることをオススメする。

編集後記

今回は、「職人と商人のハイブリッド化 – 集客より大切!オンライン教材を販売するのに必要なたった1つのこと」についてお伝えさせて頂いた。

教材販売にあたっては、今や『BASE』や『stores.jp』などを利用することで、無料で簡単に「自社専用のネットショップ」をはじめることができる。

また、「無料オファー」「無料プレゼント」といったフロントエンド企画で活用することもできる。

無料オファーに最適!チェックリストの作り方テンプレートを特別公開』では、無料オファーをつくる上で、現実的かつ実践的な方法を解説している。

ぜひ参考にしてみて欲しい。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで