fbpx

SNSのビジネス活用 | FacebookやTwitterではこの情報を配信すべし

「ソーシャルメディアをどうやって集客に活用すればいいですか?」

これは、お客さんから頻繁に頂く質問です。

ソーシャルメディアと言っても、かなりの種類があります。

ですが、ソーシャルメディアの役割はシンプルです。

やることは、「情報発信」。

これだけです。

どんな情報を発信するかを考える

「どんな情報をソーシャルメディアで発信するか」

これがわかれば、ソーシャルメディア攻略の第一歩を踏み出せます。

ネット集客するためには、それぞれの手法の「役割」を考える必要があります。

この役割が曖昧だと、無作為に「とりあえず使っている」状態になってしまいます。

これは、避けたい。

ソーシャルメディアでは、「プロセス」を見せる

では、ソーシャルメディアでは、どんな情報を発信すればいいのでしょうか。

それは、「プロセス」です。

これをわかりやすく説明するために、ある事例を交えてご説明します。

古畑任三郎

つい先日、ドラマ鑑賞をしていました。

三谷幸喜さんの名作『古畑任三郎』です。

田村正和さん演じる名刑事、古畑任三郎が、巧妙な殺人事件を見事に暴いていく物語です。

当時のサスペンスドラマからしたら、この古畑任三郎は常識破りだったそうです。

なぜか?

それは、犯人が先に分かってしまう点です。

古畑任三郎は、殺人の犯行現場から物語はスタートします。

犯人が先にわかってしまう

通常のサスペンスドラマは、犯人が最後の最後まで分からず、最後にどんでん返しが起こります。

そこに、視聴者はスリルを感じながら夢中になるわけです。

『火曜サスペンス』などは、私の祖母も夢中になって見ていました。

しかし、この古畑任三郎は真逆の発想です。

番組の冒頭で、犯人が殺人を犯すシーンが映されます。

視聴者全員、番組が始まった段階で、犯人を知っているわけです。

ヒットした理由

それでも、古畑任三郎は大ヒットを記録しました。

視聴者は、いったい何を楽しんでいたのでしょうか。

その答えは、ずばり、「プロセス」です。

  • 犯人は分かっている
  • 犯人は、証拠を残さない完全犯罪を試みる

そんな状況で、名探偵古畑任三郎がどのように事件を解決するのか。

ここです。

ここに、視聴者はのめり込んでいったんですね。

結論を知った上で、プロセスを楽しむ

  • 先に、結論を見せた上で
  • プロセスを楽しんでもらう

という発想です。

こちら側は犯人を知っているわけですから、その犯人と古畑さんとのやり取りに、ハラハラドキドキしてしまうわけです。

実は、これって商売でも同じことが言えませんか?

さぁ、名探偵のあなた、ぜひ考えてみてください。

「形のない商品」を売る商売

スモールビジネスオーナーが売っている商品は、多岐にわたります。

「アクセサリー」のような、形ある商品を売っている人もいれば、「カウンセリング」のような無形商品を扱っている人も多いでしょう。

無形商品の例として、

  • セミナー
  • コンサルティング
  • 顧問契約
  • 施術
  • カウンセリング
  • コンテンツ販売
  • 会員制、コミュニティ

などが挙げられます。

「形のない商品」は売りにくい

形のない商品を売る場合、しっかりとした説明が必要になります。

ですから多くの方は、セミナーなどの「説明の場」を用意するでしょう。

セミナーに一度来てもらい、そこで情報提供を行ってから販売する。

あるいは、ランディングページでも同じことが言えます。

形のない商品は、何の変哲もないランディングページではなかなか売れません。

教育が必要な商品

つまり形のない用品は、しっかりとした「教育」を行う必要があるわけです。

無理矢理売るのではなく、売れるべくして売る。

これができれば、売り込み臭を与えずに済みます。

しかし教育といっても、2つあるので、注意して行いましょう。

きちんと販売するための2つの教育

その2つとは、

  1. 商品を買わせる教育
  2. 商品を教える教育

になります。

商品を買わせる教育

商品を買わせる教育とは、コピーライティングのようなもの。

【問題点】を伝え、【解決策】を提示する。

こうすることで、聞き手(読み手)に必要性を感じてもらう方法です。

もちろん、こちらの方法も商品を販売する段階では必要ですし、長年言い伝えられていた鉄則ではあります。

ところが、このやり方だけでは、買ってもらうことは困難です。

問題解決だけでは商品は売れない

理由は、シンプルです。

それは、「このやり方をしている人が多い」からです。

【問題点】を伝え、【解決策】を提示する。

これは、セオリーなので、皆さん導入しています。

だから、差別化が難しいわけですね。

商品を教える教育

そこで欠かせないのが、商品を教える教育なんです。

これはどういうことか。

やり方は簡単です。

商品が出来上がるまでの「過程」を見せるのです。

商品・サービスのプロセスを共有する

  • 商品企画をしている様子
  • 商品が途中まで完成している様子
  • 商品が出来上がる瞬間
  • 商品リリースの瞬間
  • リリース後のお客様の反応

これらを情報として発信すればいいだけです。

「結果としてこんな商品ができました」よりも、「こんなストーリーがあって、無事に商品ができました」のほうが愛着を持てます。

「プロセス」を見せるだけで、他の商品との違いを伝えられるのです。

プロセスを見せるメディアが、ソーシャルメディア

今回の話のキーポイントは、「プロセスを見せましょう」です。

これだけ覚えていただければ、十分です。

そして、プロセスを見せるのに最適なメディアが、ソーシャルメディアなんです。

ソーシャルメディアの中では、ゴリゴリの売り込み行為は歓迎されません。

直接的ではなく、間接的に商品・サービスについてシェアしてみましょう。

ソーシャルメディアと言ってもたくさんが種類がありますから、自分の見込み客が使用しているものを使ってくださいね。

(参考:スモールビジネスオーナーにおすすめのウェブ集客人気SNS種類一覧

古畑任三郎が、プロセスで視聴者を楽しませたように、商品ができるまでのストーリーをお客様に発信してみましょう。

編集後記

  • 商品企画をしている様子
  • 商品が途中まで完成している様子
  • 商品が出来上がった瞬間
  • 商品リリースの瞬間

を発信していくことで、お客様は自然とその商品に対して愛着が湧いてきます。

あたかも、「一緒に作り上げた”かのような思い」で商品を見てくれます。

商品のプロセスを見せていくことには、それだけの効果があるんですね。

ぜひソーシャルメディアを使って、

  1. 商品制作のプロセスや想いを
  2. 文字や画像、動画を用いて投稿し
  3. 商品リリースまでの予告を行う

といった発信をしてみましょう。

音声