fbpx

コンサルいらず!ウェブ集客を攻略するには8つの武器を揃えるだけ

「ウェブ集客って結局何をやればいいの?」

これは、今までたくさん勉強してきたお客さんから、よく聞く悩みです。

ブログや、Youtube、メルマガ・・・・

実際に何をやったらいいか模索している方も多いかと思います。

でも実は、思っているほど、複雑なものではありません。

今回は、これだけ知っておいて欲しい、ウェブ集客の原理原則についてお伝えします。

アメリカの女子学生の驚きの言葉

「私は経済学は学ぶけど、経営学は学ばないよ・・・」

これは、とあるアメリカの女子大学生が発した言葉です。

私はこの言葉を数日前に本で読み、頭から離れませんでした。

一瞬、賛同できない部分もあるのですが、理由を聞くと納得できます。

経済学と経営学の違い

彼女が、「私は経済学は学ぶけど経営学は学ばないよ・・・」という理由を聞くと、

  • 経済学は生きていく上で基礎となる、いわばベースとなる学問
  • 経営学は、その経済学という土台があったうえでの、テクニック的な学問

だからだそうです。

どうやら、経営学が不要なわけではなくて、基礎があっての経営学という考え方ですね。

一理ありますよね。

これには、もちろん経済学が生活のベースとなる学問ということもあります。

しかし、もっと根本的な理由もあるんです。

経営学よりも経済学

「経営学よりも経済学を優先する」アメリカの女子大生の背景には、アメリカの教育システムがあります。

アメリカの大学では、一般教養、いわゆるリベラルアーツを学びます。

経営学やマーケティングももちろん大切ですし、とても役に立つ分野です。

現に、私も多くの本やセミナー等で、経営やマーケティングについて学んでいます。

経営学は不要?

ということは、アメリカは、経営学やマーケティングを軽視しているのか?

もちろん、そんはずはありませんね。

経営学やマーケティングを軽視している国から、偉大な起業家が生まれるはずはありませんからね。

もちろん、重視しているわけです。

順番が違う

重視はしているけれども、順番が違うのです。

アメリカの大学では、経済学等の一般教養を学び、その後大学院にて専門的な知識を会得します。

つまり、

  1. 原理原則となる『基礎知識』
  2. 『専門的なテクニック』

という順番で教育を受けます。

部分的、専門的な分野は後から学ぶ

アメリカの大学の場合、大学が終わって法律について学びたければ、ロースクールに行くといった具合です。

実際のこのような教育を受けているため、冒頭のアメリカの女子大生は、

「私は経済学は学ぶけど経営学は学ばないよ・・・」というように言っていたわけですね。

実は、これ商売でも同じことが言えませんか?

スモールビジネスでも同じ

アメリカでは大学から大学院という流れの中で、

  1. 『原理原則となる基礎知識』 
  2.  『専門的なテクニック』 

という順番で、教育がされることは既に説明しました。

なにも、「このシステムを日本に導入するべきだ」と掲げるつもりはありません。

しかし、商売においては導入するべきですね。

すぐに役立つものは、寿命が短い

アメリカの教育では、

「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」

という考えがあるようです。

これは、私の尊敬する伝説の灘高国語教師、 橋本武さんも言っていることです。

基礎となる原理原則は不変だが、テクニックは頻繁に移り変わるということです。

これはまさに商売において、正鵠を射た言葉です。

ウェブ集客でも一緒

普段のウェブマーケティング、ネット集客の活動に置き換えてみましょう。

  • Facebook広告
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE
  • …etc

など、マーケティング手法は矢継ぎ早に登場します。

それを「どこで使うか」

しかし、

  • それを一体いつ活用するのか
  • ビジネスモデルのどの部分で役割を発揮するのか

といったところまでは初めに考える人は、意外と少ないのも事実です。

この状態では、

  1. 『専門的なテクニック』 
  2. 『基礎知識』 

という流れになってしまいます。

順番は正しいか

最も意識しなければいけないことは、「順番」です。

  • どこでFacebook広告を使うのか
  • どこでLINEを使うのか

これらが、明瞭でなければ怖くてお金はつぎ込めませんよね。

ツールや新しいノウハウを使うのも悪くはありません。

ただ、ビジネスモデル設計という土台部分からの準備が必要なわけです。

土台を整えてから、テクニックを学ぶ

下地の準備が整った上で、晴れてテクニックを使えばいいのです。

こちらの順番のほうが、よっぽどうまくいきます。

ただし、すぐに役に立つものはすぐに役に立たなくなる可能性が大いにあります。

テクニックやツールに依存するのは、とても危険です。

アメリカの教育の順番のように、土台となる原理原則を理解した上で、より専門的な学習に移っていきましょう。

ウェブ集客の土台

ではここで、ウェブ集客における土台をお伝えします。

以下の4つの流れで、仕組みを考えます。

  1. 集客
  2. 育成
  3. 販売
  4. 維持

この流れを構築せずに、部分的な勉強を行うと危険です。

結果、遠回りをします。

(参考)少ないアクセスでもウェブ集客を実現した全手法とは?

揃えるべき8つの武器

さらに、4つの流れの中で、揃えておきたい道具は以下です。

  • 【集客】ブログ、Facebook広告
  • 【育成】ステップメール、メールマガジン、YouTube
  • 【販売】ランディングページ、ウェブセミナー
  • 【維持】メールマガジン、ソーシャルメディア

代表的なツールを、まとめてみました。

それぞれ、名前は聞いたことがあると思います。

今回を機に、「どこで使うか」も覚えましょう。

メールマガジンの重要な役割

何から始めればいいか迷う方は、ぜひ上記の8つのツールをまずは活用してみて下さい。

メールマガジンだけ2回登場してるだけあって、メールマガジンの役割は重要です

認知をしてもらって、一発でお客さんになるということは稀です。

(参考:ステップメールで稼ぐと考えるよりメルマガで信頼関係を構築

であれば、頻繁に接触を行い、こちらのメッセージを伝え続けなければまりません。

頻繁な接触を怠らない

メールマガジンで、自社のメッセージに触れ続けることで、段々と購買意欲が高まっていきます。

その段階で商品・サービスを提案すれば、売り込むことなく販売できるということです。

ぜひ、「接触」を意識して、ウェブ集客の仕組みを考えてみましょう。

編集後記

今回は、『コンサルいらず!ウェブ集客を攻略するには8つの武器を揃えるだけ』をご紹介しました。

ウェブ集客の土台となるのは、やはり全体の導線設計ですよね。

部分のテクニックやのノウハウに走る前に、全体の導線を設計して下さい。

そうすることで、必要な部分がわかりますよ。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで