メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

電車の優先席には、将来性がない?ウェブ集客の手法との共通点とは?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

あなたは、優先席に座るタイプだろうか?

(私は、絶対に座らないタイプだ。)

先日、電車に乗った時に、ふと思ったことがある。

それは、「優先席には、将来性がない」ということだ。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

優先席には、将来性がない?

あなたも、電車に乗るときには、ドアが開いて車内に入ったら、奥まで行くかと思う。

そして、席が空いていたら座るし、空いてなければ、つり革につかまるかと思う。

仮に、席が空いてなかったとしよう。

あなたは、どの席の前の、つり革につかまるだろうか?

どの席の前の、つり革につかまる?

普通席の前であれば、目の前の人が降りれば、次に自分が座れる。

でも、優先席の前だったら、どうだろうか?

優先席でも、構わず座る人は別だ。

だが、良識ある人は、たとえ目の前の人が降りたとしても、座ることができない。

つまり、「優先席には、将来性がない」ということだ。

「我慢して立っていれば、座れる」という将来性である。

将来性があるか、ないか

はじめから、座るつもりがなければ関係ない。

だが、「できれば、座りたい」という場合。

その場合は、将来性のない優先席よりも、普通席の前のつり革につかまった方がいい。

この将来性があるか、ないかという話。

ウェブ集客の手法でも、まったく同じように当てはまる。

ウェブ集客の手法でも、同じ

  • 「ブログを量産して、被リンクをつけましょう」
  • 「いまは、フェイスブック広告がアツい!」
  • 「コンテンツは、長ければ長いほどいい」

ウェブ集客の手法や考え方というのは、お笑い芸人のようにブームがある。

たとえば、SEOやブログ集客。

ちょっと前までは、何よりも「被リンクが、大切」だった。

被リンクとは、他サイトからのリンクのことだ。

ちょっと前のSEOやブログ集客

この被リンクの数と質によって、検索上位を達成できるかどうかが決まっていた。

(と、よく言われていた。)

だから、質の高いリンクが有料で売買されたり、低品質なサイトが乱立したりしていた。

今考えてみると、ものすごく、こっけいで笑ってしまうだろう。

だって、そんなもの。

ユーザーをあざむくものであって、どう考えても役に立つものではない。

でも当時は、ほとんどの人が気づかなかった。

ウェブ集客コンサルティング会社ですら…

みんな真剣な顔で、

  • 「まずは、有料でYahooカテゴリに登録しましょう」
  • 「無料ブログを100個作って、リンクを張りましょう」
  • 「たくさんの、中小ポータルサイトに登録しましょう」

なんて、言っていたのだから。

ウェブ集客コンサルティング会社ですら、こんなことを提案していたのだ。

このように、SEOの「考え方」の部分もそうだし、「手法」の側面でも同じである。

よくわからない横文字カタカナ手法

  • コンテンツマーケティング
  • プロダクトローンチ
  • オートメーションウェビナー
  • …etc

よくわからない横文字カタカナ手法が、そのときどきでブームになる。

もちろん、最新情報を貪欲に学ぶ姿勢は大切だ。

だが、情報に振り回されてしまっては、本末転倒である。

「一番最近学んだものが、一番重要な気がする」

というのは、「スモールビジネスあるある」だ。

「将来性」で考える

ウェブ集客の考え方、手法。

本腰を入れて取り組むか否かは、「将来性」で考えよう。

がんばっても将来的に役に立たないものに取り組むのは、もったいない。

優先席の前に立つのと、同じことである。

普通席?優先席?

普通席の前であれば、目の前の人が降りれば、次に自分が座れる。

でも、優先席の前だと、たとえ目の前の人が降りたとしても、座ることができない。

はじめから、座るつもりがなければ関係ない。

だが、「できれば、座りたい」という場合。

その場合は、将来性のない優先席よりも、普通席の前のつり革につかまった方がいい。

ウェブ集客に取り組む際には、「将来性」を考えよう。

編集後記

「一番最近学んだものが、一番重要な気がする」

というのは、「スモールビジネスあるある」だ。

本腰を入れて取り組むか否かは、「将来性」で考えよう。

ウェブ集客に取り組む際には、「将来性」を考えよう。

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる