メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【ネット集客手法の選び方】優先席の前のつり革につかまりますか?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

あなたは、優先席に座るでしょうか?

先日、電車に乗った時に、ふと思ったことがあります。

それは、「優先席には、将来性が無い」ということです。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

優先席には、将来性が無い?

あなたも、電車に乗るときには、ドアが開いて車内に入ったら、奥まで行くかと思います。

そして、席があいていたら座るし、あいていなければ、つり革につかまるでしょう。

仮に、席があいていなかったとします。

あなたは、どの席の前の、つり革につかまるでしょうか?

どの席の前の、つり革につかまる?

一般的に、普通席の前であれば、目の前の人が降りれば、次に自分が座れます。

(「すべての席が、優先席」という考え方は、一旦、置いておきます。)

でも、優先席の前だったら、どうでしょうか?

優先席(の前)には、将来性が無い

優先席でも、構わず座る人は別です。

ですが、良識ある人は、たとえ目の前の人が降りたとしても、座ることができませんね。

つまり、「優先席(の前)には、将来性が無い」ということです。

「我慢して立っていれば、座れる」という将来性です。

将来性があるか、無いか

はじめから、座るつもりが無ければ、関係ありません。

でも、「できれば、座りたい」という場合。

その場合は、将来性の無い優先席よりも、普通席の前のつり革につかまった方が良い。

この将来性があるか、無いかという話。

ネット集客の手法でも、まったく同じように当てはまります。

ネット集客の手法でも、同じ

  • 「ブログを量産して、被リンクを付けましょう!」
  • 「いまは、Facebook広告がアツい!」
  • 「コンテンツは、長ければ長いほど良い!」

ネット集客の手法や考え方というのは、お笑い芸人のようにブームがあります。

たとえば、SEOやホームページ集客。

ちょっと前までは、何よりも「被リンクが、大切」でした。

(被リンクとは、他のサイトからのリンクのことです。)

ちょっと前のSEOやホームページ集客

この被リンクの数と質によって、検索上位を達成できるかどうかが決まっていました。

(と、よく言われていました。)

そのため、

  • ポータルサイトに、有料登録したり
  • 質の高いリンクが、売買されたり
  • 低品質なサイトが、乱立したり

していました。

当時は、気付かなかった

今考えてみると、ものすごく、こっけいで、笑ってしまいますよね。

だって、そんなもの。

ユーザーをあざむくものであって、どう考えても役に立つものではありません。

でも当時は、ほとんどの人が気付きませんでした。

ネット集客コンサルティング会社ですら…

みんな真剣な顔で、

  • 「まずは、有料でYahooカテゴリに登録しましょう!」
  • 「高品質リンクを買って、URLを貼ってもらいましょう!」
  • 「無料ブログを100個作って、リンクを張りましょう!」

なんて、言っていたのです。

ネット集客コンサルティング会社ですら、こんなことを提案していました。

このように、SEOの「考え方」の部分もそうですし、「手法」の側面でも同じです。

よく分からない横文字カタカナ手法

  • コンテンツマーケティング
  • プロダクトローンチ
  • オートメーションウェビナー
  • …etc

よく分からない横文字カタカナ手法が、そのときどきでブームになりますね。

「一番最近学んだものが、一番重要な気がする」

もちろん、最新情報を貪欲に学ぶ姿勢は、大切でしょう。

ですが、情報に振り回されてしまっては、本末転倒です。

「一番最近学んだものが、一番重要な気がする」

というのは、「スモールビジネスあるある」といえます。

「将来性」で考える

ネット集客の考え方、手法。

本腰を入れて取り組むか否かは、「将来性」で考えましょう。

頑張っても、将来的に役に立たないものに取り組むのは、もったいない。

それは、優先席の前に立つのと、同じことです。

普通席?優先席?

普通席の前であれば、目の前の人が降りれば、次に自分が座れます。

ですが、優先席の前だと、たとえ目の前の人が降りたとしても、座ることができません。

はじめから、座るつもりがなければ、関係ありません。

「将来性」を考えよう

でも、「できれば、座りたい」という場合。

その場合は、将来性の無い優先席よりも、普通席の前のつり革につかまった方が良い。

ネット集客に取り組む際には、「将来性」を考えましょう。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

「一番最近学んだものが、一番重要な気がする」

というのは、「スモールビジネスあるある」です。

本腰を入れて取り組むか否かは、「将来性」で考えましょう。

あわせて読みたい
【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう 【ウェブ集客DIY(自作)のススメ】自分の商売の手綱は自分で握ろう
あわせて読みたい
【アクセス解析やウェブ分析で分かること】テスト勉強との共通点とは 【アクセス解析やウェブ分析で分かること】テスト勉強との共通点とは
あわせて読みたい
【ペライチとは】ランディングページを作れない2つの原因と解決方法 ツールを使えば、ウェブ集客を実践できるようになります。 ランディングページも、例外ではありません。 ランディングページとは、要するに、「集客用ページ」のことで...

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる