fbpx

【メルマガの使い方】売れる商品を見極めて、高確率で売上に繋げる方法

メルマガの目的は、何だと思いますか?

通常、メルマガは集客するためのツールだと考えられています。

確かに、メルマガの費用対効果は他メディアよりも高いです。

ところが、メルマガの主たる目的は、別のところにあります。

集客は、あくまでも、結果です。

その前に、大切なことが隠れています。

その隠れた部分が、メルマガの本当の役割になります。

隠れた部分とは何か。

それは、「テスト」ができるということです。

ここで少し、例をお話ししますね。

サザンオールスターズ好きの父

実は先日、田舎の茨城に帰省したとき、父とお酒を飲みました。

その際に、話はサザンオールスターズの話になりました。

父は、熱烈なサザンファン。

カラオケに行けば、必ずサザンを歌います。

十八番は、ズバリ、『いとしのエリー』です。

かすれ声で、30点のモノマネで歌います(笑)

最初は嫌いだったサザンを好きになった理由

「デビュー当時からサザンが好きだったの?」私はと父に聞くと、「いや、最初はむしろ嫌いだったな!」と父は言います。

サザンのデビュー曲は、『勝手にシンドバット』。

破れたジーンズ姿で、ふざけた歌を披露するサザン。

父は、「なんだこいつら??」と訝しげに聞いていたそうです。

しかし、その後サザンは『勝手にシンドバット』とは対象的なバラード、『いとしのエリー』をリリースします。

この『いとしのエリー』を聞いた途端、父は「なんだこの良い歌は!」と一瞬で虜になってしまったようです。

サザンに対して嫌悪感を抱いていたにも関わらず、今では熱烈なファンになっている。

キラーコンテンツならぬ、ヒット曲の存在は大きいですよね。

「何となく」で大ヒットが生まれる

「これは間違いなく売れる」

当時の桑田佳祐さんは、きっとこんな風に思っていなかったことでしょう。

ですが、出してみたら、売れてしまったわけです。

サザンに限らずアーティストの中には、自分の中で売れると思って作った楽曲が思うように売れず、拍子抜けすることは多々あるそうです。

一方で、何となく書いた曲が、爆発的なヒットを生み出すことも往々にしてあります。

良し悪しを判断するのは、お客さん

音楽に秀でたアーティストでも、売れる楽曲とそうでない楽曲の区別はつかないのです。

売れるかどうかは自分では決められません。

では誰が決めるのでしょうか?

それは、アーティスト自身ではなく、”お客さん”だということです。

最終的に曲を聞くのはお客さんでよね。

これは、商売でも同じです。

自分の商品・サービスに酔っていないか

商品・サービスを提供する側が、自信を持って作り上げたものだとしても、お客さんが良いと思わなければ売れません。

ですから、「お客さんがどんな物が欲しいか」を徹底的に調査する必要があります。

アーティストであれば、1つ楽曲がヒットすれば「こんなテンポの曲をお客は好むんだな〜」「こんなテーマで歌詞を書くと共感が得られるんだな〜」と勘がつかめます。

これは、出してみないと分かりません。

大きくリリースではなく、小さくリリースが理想

楽曲を作り上げる前から、お客さんの反応に合わせてテスト発売のようなものができれば理想的ですね。

しかし現実的には、アーティストは、ニーズを汲み取りながら曲を作るのは難しいでしょう。

そもそもアーティストは、芸術の世界なので、売れ線に走るのはどうかとも思います。

しかし、我々スモールビジネスであれば、徹底するべきでしょう。

「売れそうだ」と分かってから、リリースするのが安全策です。

お客さんのニーズを調べる方法

お客さんの興味やニーズを、事前に調べる方法は、簡単です。

メルマガを使って、お客さんと定期的にコミュニケーションを図れば良いんです。

新たな商品・サービスを企画する際も、日頃のメルマガの反応を見て、判断材料にすることができます。

「こういった内容に、読者は興味があるのか」
「このタイトルだと、メールの開封率が高いんだな」

といったように、データがそのまま材料になるわけです。

集まったデータをもとに、商品・サービスを考える

日常的に送っている、メルマガのデータをもとに、新しい商品・サービスを開発する。

そして、それを案内する。

そうすれば、欲しい人に確実に届けることができます。

【例】整体師の場合

例えば、あなたが整体師で、患者さん向けに、メルマガを発行しているとします。

日頃送っているメルマガで、「肩こり」に関する件名のメールのクリック率が高い。

「ヘルニア」や「背中の痛み」よりも、「肩こり」のクリック率が高い。

この場合、「肩こり」に関するニーズがある、ということが分かります。

「肩こり」関する商品・サービスを作れば、反応は比較的高いでしょう。

メルマガでデータを見れるの?

ここまで読んだ方で、

「ん?でもメルマガでデータ計測ってできないんじゃ?」
「どうやって読者のデータを分析するの?」

このような疑問をお持ちの方も、多いのではないでしょうか。

もちろん、通常のテキストメールではできませんが、HTMLメールであれば可能です

HTMLメールであれば、売れる商品が分かる

メールを使って確実に売上を伸ばしたい方は、ぜひHTMLメールを使ってみて下さい。

そして、いち早くお客さんの反応を汲み取り、商品・サービスの開発を進めてみてください。

お客さんのリアルな反応が数字で簡単に把握できるので、とても楽しいですよ。

HTMLメールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

MailChimp(メールチンプ) | HTMLメルマガを配信できるオススメツール

編集後記

今回は、『【メルマガの使い方】売れる商品を見極めて、高確率で売上に繋げる方法』についてお伝えさせて頂きました。

ちなみに、『いとしのエリー』のエリーとは、桑田佳祐さんのお姉さんの名前が由来だそうです。

商品は、「出したら売れちゃった」ではなく、「売れるべくして売れた」状態が理想的ですね。

  • アーティストは、感覚とセンスに頼る
  • スモールビジネスは、データに頼る

しっかりと、お客さんの反応を把握していきたいものです。

動画

音声

インフォグラフィック

インフォグラフィック

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで