fbpx

スモールビジネス必見!ウェブ集客成功のコツは「ルール」と「教科書」

ウェブ集客に関する情報は、沢山ありすぎて迷いますよね。

そしてその迷いが、ストレスとなります。

今回は、そのストレスを和らげる話をしたいと思います。

きっとこれを読み終わる頃には、気持ちが「すーっ」とラクになりますよ。

決め事があれば、混乱しない

武家諸法度や禁中並公家諸法度。

これらに代表されるように、これまでの日本の歴史では、多くの決め事が存在しました。

つまり、「これを守らなければ罰しますよ」という江戸幕府の決め事です。

自由放任で任せておくことは良いことですが、ある一定の秩序が無ければ混乱します。

企業でも同じことが言えますよね。

「何でもOK」では、逆に迷う

「何でもやっていい」という指針だと、結局何をやれば良いの分かりません。

理念や行動の指針となるものがブレていると、社員の向かう先はバラバラになってしまいます。

私が学生時代、インターンシップで働いていた企業には、「クレド」というものがありました。

クレドというのは、行動指針です。

「クレド」の必要性

「うちの会社の目指す理想の姿はこうだ」

という明確な決まり事、約束事のことです。

商売を行っていれば、決断を迫られる時が沢山ありますよね。

行動指針があやふやなままだと、行動の一貫性が損なわれてしまいます。

方向性や、やるべきことを「決めておく」ことは、最終的に自分たちを助けてくれます。

スモールビジネスの指針

こんな理由から、このは屋でも行動指針を決めています。

その指針は、『商人諸法度』。

  1. イノベーションをするべからず
  2. 「べき論」に惑わされるべからず
  3. 合理性を追求するべからず

上記3つが、これからの商人に必要な心構えだと、私たちは考えています。

順に説明しますね。

イノベーションをするべからず

イノベーションを別の言い方で言えば、「革新」「革命」「成長」といったところでしょう。

多くのベンチャー企業の社長が成長、成長と叫んでいます。

しかし、本当に成長や革新だけが全てでしょうか?

「成長」よりも「循環」

私たちこのは屋は、「成長」よりも「循環」を重んじるべきだと考えています。

江戸時代は、どんな物でも再利用して物を大切にする精神がありました。

燃えきった灰でも、肥料にして、また新たな食物を栽培するのです。

もちろん、向上心を持って新たなものをどんどん仕入れることは素晴らしいことだと思います。

向上心の弊害

一方で、向上心を持つことで、今の自分に「足りないもの」にも目を向けてしまうことにもなります。

「足りないもの」に目を向けると、一生満たされることはありません。

結果、迷いが生じます。

足ることを知る

欠けているものに目を向けるより、今持っているものに感謝して、有効活用しましょう。

そうすれば、「今あるものでなんかしよう」という考えに切り替わります。

今持っているものを、有効活用できるようになって初めて、新しい情報が扱えるようになります。

「足ることを知る」という精神を忘れていけません。

「未来」にばかりでなく、これまでの「過去」に目を向けることも大切ですね。

よくある「べき論」

  • 「起業家たるもの、徹夜してがむしゃらに働くべきだ」
  • 「人付き合い、人脈形成は我慢してでもしなさい」
  • 「師匠やメンターを持つべきだ」
  • …etc

上記はほんの一例ですが、起業すると、沢山の「べき論」に巡り会います。

本音は?

こういったことを実践する前に、より大切なことがあります。

それは、自分の内なる声に従うことです。

「〜するべきだ」と言われると、ついついそれが完全に正しいと、反射的に思ってしまいます。

注意が必要です。

合理性を追求するべからず

  • 時間単価を上げる
  • 利益率を最大化

こんな言葉は、スモールビジネスをやっていると耳にする言葉ですよね。

しかし、これらばかり見ていると、人間味が失われてしまいます。

金=悪人?

夏目漱石の『心』という作品の中で、

「金を見ると、どんな君子でも悪人になるのさ」

というシーンがあります。

まさに、お金=悪という描写です。

稼ぐのは大切。でも…

効率や収益性を猛追する中で、どこかに穴が空くことに気づく必要があります。

お金を稼ぐことは、素晴らしいことです。

ただ1つ確かなことは、合理性を追求しなくても、お金は稼げるということです。

スモールビジネスを営む上で、ルールは必須

以上、『商人諸法度』を説明させていただきました。

マーケティングや集客のアイディアを考える際にも、こういったルールを基に考えます。

あなたの会社には、こういった決め事がありますか。

なかには、私たちと意見の違う方もいるかもしれません。

内容は、十人十色だと思います。様々な考え、ルールがありますからね。

決めておくことが大切なんです。

こういった決め事がないと、迷う回数が多くなります。

決断の助けとなる、指針は用意しておきたいものです。

ウェブ集客に取り組む際も、同じこと

スモールビジネスの迷いの種となっているのは、「ウェブ集客」でしょう。

たくさんの情報が溢れていて、迷いますよね。(私たちもそうでした…)

ところが、迷ってしまう原因は、情報が多すぎることではありません。

本当の原因は、正しい「教科書」の不在にあります。

江戸時代からある商売の教科書

江戸時代には、『商売往来』という商売専門の教科書が存在しました。

当時の若者は、20歳を超える前から、商売について学んでいたんですね。

商売以外にも、あらゆる専門的な参考書が存在し、若くして職人として商いをする人も少なくありませんでした。

しかし現代を見るとどうでしょう。

ウェブ集客の教科書がない

教科書が無い経営者は、どのようにウェブ集客についての、本質の知を深めていくのでしょうか。

多くの場合、以下のようにウェブ集客の教科書を探し始めます。

  • 書籍
  • ブログ記事
  • Youtube動画
  • メルマガ
  • セミナー
  • 講座、塾
  • コンサルティング
  • …etc

これといった教科書がないので、手当り次第勉強します。

皆、正義がある

情報やノウハウには、必ずそれを主張する人がいます。

  • SNS専門のコンサルタント
  • ブログ専門のコンサルタント
  • 広告専門のコンサルタント

というように、彼らにはそれぞれ、正義があります。

なので、「ウェブ集客にはこの手法がいいですよ〜」と太鼓判を押して勧めてくるのは、当たり前なんです。

その人もそれで飯を食っていますからね。

「全体」と「順番」が超重要

ここで、情報に迷わないための考え方をお伝えします。

それは、「全体」を把握して、正しい「順番」で実践することです。

「全体」と「順番」が肝です。

小手先で「部分」に一生懸命取り組んでも、「全体」が設計されていなければ、努力は水の泡です。

道具を全部揃えても、「順番」がチグハグでは、無用の長物です。

まさに、この「全体」と「順番」が、教科書です。

ウェブ集客の「全体」と「順番」

ではどのように、ウェブ集客の「全体」と「順番」を考えればいいのか。

以下の5ステップで、全体を設計します。

  1. ブログやYouTubeに訪れる
  2. メールアドレスを登録する
  3. ステップメールで情報が届く
  4. 商品・サービス案内ページをみる
  5. 購入する(orメルマガで別商品)

お客さんが、自然と商品・サービスを買ってくれるように、導線を作るのです。

これさえ覚えておけば、遠回りすることはありません。

ウェブ集客では、これだけ知っておけばいい

「全体」が把握でき、正しい「順番」で実践できる。

教科書とは、そういうものです。

ウェブ集客に、たいそうなことは必要ありません。

お伝えした5つのステップが、教科書です。

これだけ覚えておけば大丈夫。

最低限のルールだけ知っておく

力む必要もないし、構える必要もありません、

難しいことはないんです。

「最低限が何か」を判別して、実践に移す。これだけです。

「やったほうがいいこと」よりも、「やらないとダメなこと」に集中しましょう。

参考:少ないアクセスでもウェブ集客を実現した全手法とは?

編集後記

ルール(行動指針)を決めておけば、ストレスを抱える必要はありません。

今回お伝えした、「全体」と「順番」がわかれば、情報に迷うこともないでしょう。

「多くをやる」必要はありません。「最低限」を実践していきましょう。

音声