BASE STORES BOOTH ダウンロード販売可能サービス比較

ネットショップ作成サービスって、便利ですよね。

物販だけでなく、デジタルコンテンツのダウンロード販売もおこなうことができます。

今回は、「BASE STORES BOOTH ダウンロード販売可能サービス」を比較します。

BASE

BASE 」は、決済手数料3.6%+40円のネットショップ作成サービスです。

BASE Appsの中から「デジタルコンテンツ販売」というアプリを入れることで、ダウンロード販売をおこなうことができます。

決済手数料に加えて、サービス手数料3%かかるようになりました。決済手数料と合わせると、6.6%+40円ですから考えものですね。

STORES

STORES」は、決済手数料5%のネットショップ作成サービスです。

管理画面から、「ダウンロード販売」機能をオンにすることで、ダウンロード販売をおこなうことができます。

無料プランだと、商品公開数に制限があるのが玉にキズですね。有料プランだと、月額980円かかります。

BOOTH

BOOTH」は、決済手数料3.6%のネットショップ作成サービスです。

デフォルトで「ダウンロード商品を登録」が用意されていますので、そこから商品登録することで、ダウンロード販売をおこなうことができます。

決済手数料と商品公開数を考えると、3サービスの中で最も良い条件ですね。

編集後記

今回は、「BASE STORES BOOTH ダウンロード販売可能サービス」についてご紹介しました。

これで、デジタルコンテンツのダウンロード販売を取り入れることができますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで