Amazonで自分の本やDVDを出版する方法 | e託のはじめ方

Amazon e託販売サービス』では、本やCD・DVDなどをAmazonに商品登録することができる。Amazonに出品する方法としては、『Amazon出品サービス』が有名だ。

あなたも本を買うときに、「中古品」から買ったことがあるだろう。あそこに出品することができるのが、「Amazon出品サービス」である。ただ「Amazon出品サービス」の場合、本やDVDなどは新たに商品を登録することができない。

基本的に、「すでに登録されている商品」を出品することが前提となる。つまり、自社商品を新規で販売することはできないということだ。しかしe託であれば、本やDVDなどに関しても自社商品の新規販売登録ができる。この点が、両者の大きな違いなのだ。

中でも、スモールビジネスにおすすめなのはDVDだ。本は製本するのに、費用がかかりすぎてしまうし、そもそもある程度の文字数が必要だ。執筆に慣れていない人には、難易度が高い。また、CDは比較的簡単に作ることができるが、コンテンツが音声だけになってしまう。

CDもDVDも制作費はそんなに変わらない。であれば、どうせなら映像付きの方が良いだろう。DVDであれば、費用もそんなにかからずに、動画を撮影するだけで制作することができる。こういった点から、e託でAmazonに自社商品を販売登録する際には、DVDをおすすめしている。

AmazonにDVDを商品登録する3つの手順

「Amazon e託販売サービス」を使って、DVDを商品登録するステップはたったの3つだ。

  1. JANコードを取得する
  2. e託販売登録サービスに登録する
  3. Amazonに納品する

たったこれだけだ。1つ1つ簡単に解説しよう。

(1)JANコードを取得する

JANコードとは、いわゆるバーコードのことである。正式には、「GS1事業者コード」を取得する。取得の仕方は簡単で、全国の商工会議所や商工会で「はじめてのバーコードガイド‐新規登録用‐(登録申請書付)」が配布されているので、それを入手する。

あとは、所定の登録申請料を支払えば、自社専用のコードが発行される。登録申請料は、業種や規模で変わるが、我々のようなスモールビジネスの場合は、「12,960円」となる。(※執筆時点)詳しくは、「流通システム開発センター」まで。

(2)e託販売登録サービスに登録する

JANコードを取得したら、次はe託販売サービスの登録だ。『Amazon e託販売サービス』のアカウントを作成する。アカウント作成後は、年会費9,000円(税抜)を支払えば、登録完了だ。

(3)Amazonに納品する

e託のアカウント作成と年会費の支払いが完了すれば、あとはDVDを納品するだけだ。Amazonから送られてくるe託販売サービスのメールやAmazonが提供している「マニュアル」にしたがって、操作を行っていくことで、DVDを商品登録することができる。

これで、AmazonでのDVD出版は完了である。DVDを制作するのにハードルがあるかもしれないが、映像はカメラやスマホで撮影すれば十分だし、DVDはプレス業者に依頼すれば、制作してくれる。

ジャケットや盤面のデザインは、クラウドワークス などのクラウドソーシングサイトで依頼すると、安くて高品質なものを作ってくれる。あとは、行動あるのみ。

編集後記

e託を使えば、スモールビジネスでも簡単に出版業を始めることができる。

本当に良い時代になった。どんどんスモールビジネスを行うにあたって環境が整えられてきている。

これからはスモールビジネスの時代。今後も新たなサービスが出てくるのを楽しみにしていよう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで