ブログ記事更新は「職業としての小説家」を読めば継続できる

ブログ記事を継続して更新するのって、大変ですよね。

継続してやりたい、やらなきゃいけないと思っていても、人間ですからブレるときもあります。

そんなブログ記事の更新も、村上春樹さんの「職業としての小説家」を読めば継続できるようになるでしょう。

少なくとも、参考にはなるはずです。

職業としての小説家

職業としての小説家」は、作家である村上春樹さんが、小説家としてどう歩んで来たかを書いた本です。

村上さんといえば、『ねじまき鳥クロニクル』、『ノルウェイの森』、『海辺のカフカ』などたくさんのヒット小説を書いている作家ですね。

その村上さんが、デビューの経緯から、長編小説の書き方や執筆継続の心構えなどまでを語ってくれています。

小説家は、まさしく書く仕事ですから、文章の書き方や執筆継続の心構えなどが、私たちに参考にならないはずがありません。

1日4千字

村上さんは長編小説を書く場合、1日4千字ずつ書くといいます。

もっと書きたくなっても、4千字でやめておく。

反対に、気分が乗らなくても、がんばって4千字は書く。

『ねじまき鳥クロニクル』や『ノルウェイの森』、『海辺のカフカ』は、そうやって生まれたんですね。

本屋で見るのは、すでに完成されたものですから、500ページなら500ページとして見てしまいます。

ですが実際は、4千文字の積み重ね。この事実は、ブログ記事更新の参考にもなるでしょう。

1000文字でいいから書き続ける

なにも4千字でなくてもいいのです。

3千文字だろうが、2千文字だろうが、1000文字だろうが、書き続けることが大切です。

その積み重ねが、小説を作り上げるし、ブログというメディアも作り上げるんですね。

編集後記

今回は「村上春樹さんの職業としての小説家」についてご紹介しました。

ブログ記事の更新を続けられるようになりそうですか?

参考にしてみてくださいね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで