メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【習慣化と継続のコツ】村上春樹さんの「職業としての小説家」に学ぼう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

物事の習慣化や継続って、大変ですよね。

  • ブログ
  • メルマガ
  • YouTube
  • SNS
  • …etc

「習慣化したい、継続してやりたい、やらなきゃいけない」

と思っていても、人間ですから、ブレるときもあります。

そんな「習慣化や継続」に、村上春樹さんの「職業としての小説家」が参考になります。

今回は、「習慣化と継続のコツ」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

職業としての小説家

職業としての小説家」は、作家である村上春樹さんが、書いた本です。

小説家として、どう歩んで来たかを、書いた本。

村上春樹さんといえば、

たくさんの、ヒット小説を書いておられる作家さんですね。

文章の書き方や執筆継続の心構え

職業としての小説家」では、その村上春樹さんが、

  • デビューの経緯
  • 長編小説の書き方
  • 執筆継続の心構え

などを、語ってくれています。

小説家は、まさしく書く仕事です。

文章の書き方や執筆継続の心構えなどが、我々の参考にならないはずがありません。

1日4千文字

村上春樹さんは長編小説を書く場合、1日4千文字ずつ書くといいます。

(村上春樹『職業としての小説家』/新潮社)

気分が乗らなくても、がんばって4千文字は書く。

反対に、もっと書きたくなっても、4千文字でやめておく。

村上春樹さんの数々の作品は、そうやって生まれたんですね。

4千文字の積み重ね

本屋で見るのは、すでに完成されたものです。

ですから、500ページなら、500ページとして見てしまいます。

ですが実際は、4千文字の積み重ね。

この事実は、メディア更新の参考になるのではないでしょうか。

1000文字で良いから書き続ける

なにも、4千文字でなくても良いのです。

  • 3千文字だろうが
  • 2千文字だろうが
  • 1000文字だろうが

書き続けることが、大切。

積み重ねがメディアを作り上げる

4千文字の積み重ねが、小説を作り上げます。

同じように、積み重ねが、

  • ブログ
  • メルマガ
  • YouTube
  • SNS
  • …etc

といった、メディアも作り上げます。

村上春樹さんの書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

今回は、「習慣化と継続のコツ」をご紹介しました。

継続して、続けられるようになりそうでしょうか。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる 【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる
あわせて読みたい
【ブログやYouTubeを継続するコツ】テニスの錦織圭選手に学ぼう 「さあ、錦織圭のマッチポイントです!」 実況アナウンサーが解説した次の瞬間、見事に錦織選手は勝利を決めました。 同年代ということもあり、錦織選手の試合をよく見...
あわせて読みたい
【継続アイデア】Chrome起動ページを「ブログの新規投稿」に設定する 【継続アイデア】Chrome起動ページを「ブログの新規投稿」に設定する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる