メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

ブログやメルマガを継続できない理由は、「優先順位が低いから」の一言に尽きる

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

なぜ、ブログやメルマガを、継続できないのか?

ブログやメルマガに、限らない。

なぜ、継続する必要のあることを実行できないのか?

それは、「優先順位が、低いから」の一言に尽きる。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

優先順位が、低いから

ブログやメルマガは、書かない。

でもメールしたり、電話したり、している。

いろいろな業務がある中で、それらの仕事をする。

ということは、優先順位が高いと思っているからだ。

時間がない?

けれど、ブログやメルマガを書く時間はないという。

要するに、ブログやメルマガを継続できない理由。

それは、

  1. 文章力が、ないからでも、
  2. インプットが、足りないからでも、
  3. 短い時間で、文章を書けないからでも

ない。

単純に、「優先順位が、低いから」だ。

優先順位が、低いだけ

ブログやメルマガを、書く。

それよりも、メールや電話することを優先にしているということ。

優先順位を、そのままスライドして、やろうとしている。

すると、「時間を短くする」という選択肢しかない。

これは、キツイ。

負のスパイラル

長い時間がかかって、他の業務に響いた時。

  • 自己嫌悪に陥ってしまう。
  • そして、つまらなくなってしまう。
  • 最終的に、やめてしまう。

悪循環である。

じゃあ、どうすればいいのか?

どうすればいいのか

こんな問題、超簡単である。

「優先順位を、上げればいい」

これだけ。

優先順位を上げれば、継続できるようになる。

ルールをつくる

「ブログやメルマガを書く。それまで、他の業務に取り組んではいけない」

こういうルールにする。

そうすれば、ブログやメルマガを継続することができる。

ちなみに、おすすめなのは、ブラウザ起動ページの設定を変更することだ。

ブラウザの起動ページを変更する

  • Google Chrome
  • Safari
  • Microsoft Edge
  • Mozilla Firefox
  • …etc

といったブラウザでは、起動時のページを設定することができる。

(設定できないものを使用してる場合は、ブラウザの変更を検討しよう。)

その起動ページを、ブログやメルマガの「新規追加のURL」にする。

いきなり「新規投稿を追加」

そして、ブラウザを立ち上げてみよう。

すると、いきなり「新規追加」画面が表示される。

あたかも、「さあ、書きなさい」と言われているかのようだ。

ここで、

  1. ページを消したり、
  2. 新規タブを開いたり、
  3. ブックマークを押したり、

など、マイナスの行動をしないようにしよう。

それだけで、晴れて、記事更新を継続できるようになる。

ブックマークバーを非表示にする

ちなみに、ブックマークバーは「非表示」にしておくことをオススメする。

表示されていると、必要もないのにクリックしたくなったりするからだ。

何事も、継続のコツは、仕組み化である。

マイナスの行動さえ起こさなければ、プラスの行動を自然とするように仕向けよう。

足るを知る

継続するための秘訣は、「ハードルを、低くすること」である。

「短時間で書ける能力を身に着けよう」なんて、ハードルを高くしないでいい。

そうすると、新たに文章力を磨いたり、お勉強したりしなくてはいけなくなる。

それよりも、足るを知って、今ある武器を活用していけばいい。

「優先順位を、上げる」。

これを実行するのに、新しいスキルやノウハウは、一切必要ない。

編集後記

継続的に発信できてる人に、24時間以上与えられてるわけじゃない。

発信できてる人がヒマで、発信できていない人が、特別に忙しいわけでもない。

(むしろ、真実は逆かもしれない。)

発信できている人が、文章力がすごいわけではない。

とてつもなく短い時間で、文章を書けるわけでもない。

違いは、ただ一つ。優先順位。優先順位が、違うだけ。

「継続的に実行する必要があるのだけど、できていないもの」

の優先順位を、一番にしよう。

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる