集客できるセミナータイトルの決め方・考えるコツ

今日は時間があったので、横浜の紀伊國屋書店に行ってきました。

少し見ないうちに、どんどん新刊が発売されていますね。

日本では、1日に200冊も出ているそうです。
月で言うと6000冊発売されているということですね。

紀伊国屋書店をぷらっと1周回って見ると、色々なタイトルが目を引きます。
僕の中でもその時によって興味・関心が異なりますが、衝動買いしてしまうのも多いです。

これ必要かな〜と悩む時間が無駄なので、気になったら即買いです。

買うかどうか決める要因は、十中八九、タイトルです。

もっと言うと、コンセプト、切り口ですね。

集客の方法と一言で言っても、

  1. ブログを使うのか
  2. Facebookなのか
  3. Twitterなのか
  4. Youtubeなのか
  5. セミナーを開くのか
  6. テレアポなのか

というように、着眼点は様々です。

集客の方法だけでも、かなりのコンテンツが生まれる余地があります。

本と同様で、セミナーを開く際にもコンセプトは重要です。

コンセプト次第で、集客力が左右されます。(もちろんですね)

ですので、セミナーの内容を考える前に、コンセプトを決めておく必要があります。

ということで今回は、コンセプトを決め方についてお伝えします。

それには以下の3つのことを考えます。

  1. 現状
  2. 理想
  3. 条件

1つずつ見ていきますね。

現状

現在の見込み客の状態を定義します。

何に悩んでいて、どんなことにフラストレーションを感じているのか?

ということを徹底的に考えます。

よく言われる、ペルソナ設定ですね。

理想

見込み客の願望や理想の姿を考えます。

  1. 何を手に入れたいか
  2. 何から解放されたいか

を考えます。

見込み客と直接話せるのであれば、聞いてみて下さい。

条件

現状から理想の未来に到達するための条件を示します。

ここがあなたの売りたい商品、サービスに関連してきます。

「理想を達成するには、こういった条件をクリアすることですよ」

というメッセージですね。

これが、コンセプトになります。

コンセプトの補足

補足として

・見込み客にはどんな思い込みがあるのか

を考えると、より刺さるコンセプトになります。

信じていることや常識と思っていることに対して、新たな考え方を教えてあげます。

すると、一気に興味が芽生えるんです。

例えば、、、セミナー営業法のセミナーだとすれば、

  1. 現状:お願い営業、価格で判断される
  2. 理想:お願い営業せずに、むしろ向こうからお願いされる
  3. 条件:セミナー営業を身につけること

そしてさらに、

思い込み:多くの人数を集客しなけければいけない
自社のメッセージ:少ない人数のほうがむしろいい

というイメージですね。

ここで考えた材料で、タイトルを考えると、見込み客心理を理解した刺さるタイトルが生まれます。

まずは、3つくらいアイディアを出してみましょう。

編集後記

何よりもまず大切なのはタイトルです。

・どんなことに悩んでモヤモヤしているのか?
・どんな言葉を使えば、興味が沸くか

というこを徹底的に考えてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで